« 『ちんぷんかん』 | トップページ | ミニミニ紅茶マフィン »

北欧テイストの違い



インテリア雑誌に「北欧」という文字を見つけるだけで、反射的に飛びついてしまうワタシ。


最近はほとんどのインテリア雑誌で北欧特集してるんじゃないか、と思うくらいにしょっちゅう見かけるので、おさいふと相談の上、厳選したものを買わねばなりません。


今月もまた何冊かの特集がありました。


で、よ~く中身を吟味(立ち読みとも言う^^;)。


すると。


同じ「北欧」特集なのに、明らかに、自分的にはこっちだな!って雑誌が出て来ちゃうんですよね。


いったい何がワタシを惹きつけ、何がワタシを遠ざけたのか?


首を傾げながら、またまたじっくり吟味(長っ)。


・・・ふむふむ、なるほど。


どうやら、
よりシンプルでより色味の少ない方に、ワタシは惹かれるようなのです。


同じ北欧とはいえ、いろんな色や柄を駆使して、割とにぎやかに仕上げてくる人もいれば、あっさりシンプルにまとめてくる人もいる。


例えば同じマリメッコのファブリックでも、目にも鮮やかな華やか系のものもあれば、おとなしい色のパターンもある。


わたしは、色の使い方が上手じゃないせいもあるのかもしれませんが、あんまり色があると目が疲れてしまうようで。


だから、ごくごくあっさりと、シンプルに、まとめたい。


それが、モダンなのか、ナチュラルなのかは、またちょっと悩むところではあるのですが(この間インテリア雑誌のバックナンバーをひっくり返してたら
「ナチュラルモダン」というくくりがあって、それもアリなのか、と目からウロコでしたが)。


とにかく基本は「シンプル」でお願いしたい(誰に?何を?笑)。


で、さらに雑誌を読み進めていくと、結局のところ、本場のスカンジナヴィアンな皆様の実例よりも、日本で「北欧風」を実践されてる方々のインテリアの方が、よりこころ惹かれるんですよね~。


・・・やっぱ、日本人だから?(そんな結論ですか)


部屋の中にモノが少なくて、むしろがら~んとしてるくらいで、色味も抑えてあって、白・ベージュ・ブラウンがメインだったりして・・・というお部屋を見ると、んも~~うっとり☆しちゃうのです^^。


どこか、和室に通じるモノがあるんですよね~。


話は飛ぶようですが、塩野七生の『ローマ人の物語』の中に、古代ローマの家についての記述があるんですね(細かくいうと、「ユリウス・カエサル ルビコン以前」の出だしの方です)。


そこには、
「古代ローマ人は、部屋の中に必要最小限の家具しか置かなかった」という記述があります。


あるヨーロッパの研究者は、「もしも、古代のローマ人が現代のヨーロッパのあらゆる種類の家具調度で埋まった室内を見たら、物置ではないかと思うにちがいない」と書いているそうです。


塩野さんは、この古代ローマ人の感覚は、欧米人よりも日本人の方が違和感がないだろう、と述べています。


考えてみれば、和室っていうのは基本的にはがら~んとしてますもんね。


ああいうスッキリ感を気持ちイイと思うように、DNAにインプットされているのかな~(笑)。


それが古代ローマまでつながるならば、カエサルマニアのワタシにはうれしいことなのですが(いや、つながらないつながらない^^;)・


とにもかくにも、なんとなくですが、また自分のインテリアの好みが少しはっきりしてきたようで、ウレシイです^^



あ、ちなみに、ワタシのココロを惹きつけたのは、こちら ↓


大人かわいいインテリア/北欧・東欧の部屋―心地いい暮らし、かわいい雑貨 北欧の心地いい空間。シンプルに暮らす (Gakken Interior Mook 私の部屋づくりannex)

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


初めて知った雑誌ですが、お値段もお手頃だし、たくさん実例が載っていてとっても参考になりました。


みなさまも、書店でよ~く吟味(立ち読み)なさってくださいませ~^^




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/16(日)のエアロバイク★              

 時間:25分  距離:10.31km 

 お休みなので、ちょっと少な目に・・・^^ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



« 『ちんぷんかん』 | トップページ | ミニミニ紅茶マフィン »

「interior」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク