« 集中力アップ | トップページ | 北欧テイストの違い »

『ちんぷんかん』



図書館に予約していた『ちんぷんかん』、ようやく順番が巡ってきました。


ちんぷんかん ちんぷんかん

著者:畠中 恵
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ものすごい競争率でしたが、人気本だけに冊数も多いし、思ったよりは早く読めたなぁ。


まだまだ読んでいない方も多いと思いますので、ネタバレになるようなことは避けますが、今回は、「時の流れ」が大きなテーマだったように思います。


妖は別として、生きとし生けるものにはみな、定められた寿命があるもの。


そこに向けて、すべてのものがただただ流れ流れていくのだなぁ・・・としみじみ感じました。



思えば、この『しゃばけ』シリーズは、常に時が流れているんですよね。


サザエさんやドラえもんのように、登場人物たちが年をとらずに、連載だけが何十年も続いていく、という形ではなくて、ちゃんと歳月が流れ、いろんな人やものが表れ、去っていく。


一太郎も、登場したときは17歳だったけれど、おそらく今回の『ちんぷんかん』では19歳くらいになっているようで。


いずれ嫁取りの話が出てきたりするのかしら、この勢いだと、本当に嫁をもらったりするのではないのかしら、となぜだか嫁のことばかり心配してしまいます(溺愛ママか、アンタは)。


いろいろなものが移り変わっていくことに対して、一太郎が感じている一抹の寂しさと、そんな一太郎ですら成長していくことへのわたしの一抹の寂しさがリンクしているようで、不思議な読後感でした。


これは、文庫版が出たらぜひ買って、手元に置いておきたい一冊になると思います(単行本じゃないところがセコイ^^;)。



そうそう、『しゃばけ』がドラマになるらしく。


しゃばけ倶楽部」という公式ホームページに、詳しい情報が出ていますので、興味のある方、ぜひご覧くださいませ。


けっこう中身の充実した、凝ったHPなので、楽しめますよ~。


ドラマに関しては、キャスティングもなかなか良いので、楽しみです。


だって、仁吉が、谷原章介ですよ?


原作を読んだ印象では、そこまでの優男とは思っていなかったのですが、いざ谷原章介だと言われると、「ああ~・・・」と納得する以外にない感じ(笑)。


どんなドラマに仕上げてくれるか、とっても楽しみです^^



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/13(木)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.29km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



« 集中力アップ | トップページ | 北欧テイストの違い »

「book」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク