« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

ふれっつ・・・?



ネットの接続がね~・・・調子悪いんですよ~o( _ _ )o


うちはADSLなのですが、特に不便は感じていなかったのですね。


ところが・・・最近のサイトって、どこもやけに重くありませんか?


イヤ、個人のサイトはいいんです。


そもそもそんなに重い個人のサイトもないですし、あったとしても、好きで見に行ってるわけだから、読み込みが遅くても気にならないし。


でも、ふつ~に検索サイトを立ち上げただけで、もういっぱいいっぱいになっちゃったりするんですよね~。


原因は、
動画つきの広告だと思うのですよ。


ちょっと検索したいだけなのに、全然ページが立ち上がらなくて、なんで~?と思って見てみると、広告の部分で読み込みが滞ってたりして。


んも~~~~この広告主、
絶対に使ってやんね~~~!!


・・・と怒ってはみるものの、まあたいていはあんまりご縁のなさそうな広告だったりするんですけどね・・・。


とにかく、あちらこちらに動画がふんだんに使われちゃったりしてるので、そろそろFLETS光にでもしようかな~なんて思ってはいるのです。


毎週のように、NTTからチラシやら、説明の人やらがやってくるしね。


ただ、料金的には今のプランが激安なので、ちょっとためらいもあり。


そんな中、昨日ネットをさまよっていたら、なんだかモデムの調子が悪い。


回線チェックを何度もしたり、初期化したり、いろいろ格闘していたら、なんとか安定してくれましたが。


これは・・・
替え時ってこと・・・?


相方が言うには、これからますます高速通信が当たり前になって、サイトも重くなる一方だろうし、今の回線では読み込みがどんどん遅くなるだろう、とのこと。


そうなると、これから日々ますますイライラが募るってこと・・・?


う~む・・・( ̄~ ̄;)


で、とりあえず、NTTのサイトとかで、FLETS光について調べてみたのですが。



・・・
さっっっぱりわかんね~・・・orz


今までたいていの「新技術」(笑)については、文章を読むだけでだいたい理解できてきたつもりでしたが・・・料金プランについても、プランの個々の違いについてもわからない、従ってどのプランを選んだらいいかもわからない。


今まで契約してた回線はどうなっちゃうの?とか、プロバイダはそのままでいいらしいんだけど、手続きはどうすりゃいいの?とか、あ~もうほんっとにわからないことだらけ。


だいたい、「おトクな料金!」とかってでっかく書いてあっても、ちっちゃく※が付いてたりして、下の方に小さい字で「ただし、同一マンションで16世帯以上加入に限ります」みたいなことが書いてあったりして、そんなに加入者いないじゃん?みたいな。


じゃあ、純粋に、うちじゃいったいいくらになるのよ?って思うんだけど、これが読んでも読んでもちーともわからんのよね~。


これはもう、いつも勧誘に来るNTTの方に、じっくり説明してもらうしかないかな~。


とはいえ、じゃあその方にいつ来ていただこうかしら、と考えると、夫婦揃って説明を聞ける日なんて、いつになるかもわかんないしな~。


みなさんのおうちでは、もう光回線とかでびゅんびゅんなのかしら?


使ってらっしゃる方の使い心地はどうなのかしら?


気になるところでございます。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/27(木)のエアロバイク★              

 時間:20分  距離:8.26km

そんなわけでなんだかバタバタしておりますので、時間は少な目にしてみました~ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


収納ボックス



なんせうち仕事ですので、オフィスなどあるわけもなく、リビングテーブルで仕事に励んでいるワタクシですが。


オフィスはなくとも、オフィス用品はほしい!


で、オフィス用品といえば、「アスクル」でしょう(そうか?)。


ほんっとに
「明日来る」アスクル(笑)、わたしは期日指定をするので2,3日後にはなりますが、とっても重宝させていただいてます。


インクとかペンとか、仕事に使うモノはもちろんなのですが、それ以外のモノも、意外と充実してるんですよね~、これが。


カップなどの食器類とか、ティッシュなどの生活用品も扱っていて、デザインもカワイイんですよ^^


IKEAとも提携している北欧のデザイナーさんがデザインしたオリジナル商品がたくさんあって、分野的には味気ないはずのモノたちが、やさしい潤いのあるモノに変身しているのがウレシイ。


ティッシュボックスとか、紙コップとか、お砂糖とか・・・今回も、送料を無料にするためについついスティックシュガーを注文してしまいましたが(だってあと百何十円なんだもの~)、中身はもちろん、パッケージもカワイイの!


Sugar








このままテーブルに出しておけますよ、なデザインでしょ?


一応、Origoのマグに移し替えましたが、スティックシュガー自体もシンプルでカワイイので気に入ってます。


で、前置きが長くなりましたが、今回の注文のメインは、こちら ↓


Paperbox









アスクルオリジナルの、パルプボード収納ボックスです。


少々組立には手こずりましたが(汗)、安いし、でもしっかりしてるし、スッキリしてオシャレだし、買って良かったです^^


中身は、相方関係の書類たちです。


職場から持ち帰った書類やら、自宅に届く郵便物やら、んも~
いろんな紙類がテーブルの上に出しっぱなし!


捨てるわけには行かず、かといって見えないところにしまってしまうと時間が経った頃に「アレどこ行った~?」になっちゃうし・・・。


これってけっこう、各家庭共通の悩みじゃありませんか?


実家では、母がよく父や娘たちに同じことを言って怒ってましたし。


「どの書類がいつ必要になるかどうかなんて、お母さんにわかるわけないでしょっ!(怒)」という母の言葉、今になって身に沁みております・・・^^;


で、同じことを何度も言って怒るよりは、いっそのこと場所を決めて、なんでもかんでもそこに突っ込んじゃって、で、あとは
本人が要りようなときに自分で探すが良い、という作戦に出たのですが。


いかんせん、最初は100均のプラスチックトレイを重ねたものでお茶を濁しておりましたので、引っかけて倒したりして中身がばっさぁ~っ!みたいな・・・?


これはやっぱり、蓋つきで大きめの、ちゃんとした箱を用意した方がいいよね?


ってことで、丈夫なしっかりした箱を、インテリア的にも違和感ないように、白で揃えてみました^^


A4の書類が余裕で入る大きさだし、深さも15cmのを選んだので、たっぷり入ります。


相方がすぐに出し入れしやすいように、リビングテーブルの横に重ねて置いてあるのですが、ワタシ的には全然気になりません。


多少引っかけちゃっても、倒れないし、そもそも蓋つきなので安心。


さっそくトレイの中身をこちらに入れてしまおうと思ったのですが、イカンイカン、それはわたしがやってはダメなのよね。


ちゃんと本人がやることで、中身にも責任を持ってもらえるし、この箱の存在をちゃんと心に刻んでもらえるはず。


ってことで、先日相方にお願いし、一通り書類に目を通した上で、必要なモノだけを改めて箱に入れ直してもらったのですが、その過程でこの箱たちにそれなりに愛着を持ってくれたよう。


テーブルの上もスッキリして、言うことナシでございます。


自分用や家用にも買っちゃおうかな~とも思案中ですが、まあそれは自分が気をつけて書類を整理していればいいだけの話だしね・・・。


収納のためにモノを増やす、ということにだけはならないよう、十分気をつけて参りまする(え?もうそうなってるって?汗)



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/26(水)のエアロバイク★              

 なんだかちょっと慌ただしかったので、オヤスミいたしました~ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

『御宿かわせみ』



ほんっと~に遅ればせながら。


ただいま『御宿かわせみ』にハマっております。


先日まで、NHKでドラマの再放送をしていましたよね?


あれを、仕事の合間になんとな~く見ちゃったら、すっかりトリコになってしまいまして(^^ゞ


もともと中村橋之助がスキで、でもって着物姿の高島礼子もスキ。


主人公の二人は、代々違う役者さんたちが演じてらっしゃるので、みなさまそれぞれにお好みはあると思うのですが。


ワタシ的には、橋之助さんのべらんめえな話し方が非常に東吾っぽいなぁ~と思えるし、るいさんはもともと八丁堀の鬼同心の娘なので、高島礼子ぐらいのしっかりした感じがあって良いのではないかと思うのでございます。


すっかり夢中になって、楽しみに見始めたら、3話分くらいでもう、最終回だしorz


いろいろ調べてみたら、今年の5月に第三章が放映されていたようで・・・どうしてあと4ヶ月早くかわせみファンにならなかったのかしら、ワタシ・・・(泣)。


しかたなく、図書館で原作を借りんといたしましたが、これまた飛び飛びでしか置いてないんですよね~^^;


市内で一番大きな図書館なのだから、せめて『御宿かわせみ』は全巻置いておいてほしい!(なにも分館に分散しなくてもさ・・・)


で、とりあえず置いてある中の一番早い巻(第六巻だったか・・・)から借り始めましたが、やっぱり第一巻は読んでおきたいよね?


で、
購入


あら、第二巻にも、面白そうな話が載ってるみたいね・・・で、
購入


あらあら、この巻、こないだドラマの再放送で見て、すっごく感動したお話が載ってる巻だわ・・・で、
購入


・・・ヤバイ。


全部で29冊あるのよ?


この勢いでいったら、
全冊買ってしまうじゃないの!


あ、そういえば、昔から実家の母が『御宿かわせみ』のファンで、原作本を集めていたっけ!( ̄ー ̄)ニヤリ


で、速攻TELして確認したところ。


「ああ~、何冊かは残ってるけど、だいたいはこないだ売っちゃったわ~」(ちなみに母は小野寺昭と真野響子のキャスティングが一番良かったと言って譲りません)


・・・マジですかorz


実家に行って見せてもらったら、20巻台が数冊、さみしく残されておりました・・・。


まあ、とにかくいらないようなのでありがたく頂戴いたしました。


しかし、『御宿かわせみ』は、『しゃばけ』シリーズと同じように、登場人物がきちんと年を取っていくのですよ。


短編ばかりで、どこから読んでも楽しめるとはいえ、やはり年代順に読んでいきたいじゃないですか。


しかも、20巻台にたどり着く前には、お話の重大な山場があるんですもの(だいたいの話の流れは検索中につかみました笑)。


その山場を読まぬうちには、もらってきた本には手を触れられませぬ。


もちろん、図書館にはじゃんじゃん予約を入れましたが、どうやら強力なライバルがいるらしく、ちっとも順番が回ってきません。


ガマンするのよ、snow!待てば海路の日和あり!


・・・と思いつつも、昨日とうとう「山場」の巻を買ってきてしまいました・・・。


イヤ、買ってよかったっスよ!感動したっス!


とりあえず・・・急に増えてしまった『御宿かわせみ』のシリーズを収納すべく、今ある本たち何冊かに旅立っていただきますわ・・・。


あ、あとNHKさん、ぜひにぜひに、第三章の再放送、早めにしてくださるようお願いいたしまする~m(_ _)m



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/25(火)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.78km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


リビングの小さな変化



リビングのマイナーチェンジ、裏側だけでなく、表側の目に見える部分にも、徐々に手をつけております。


気にし始めてみると、すっごく細かいところで気が抜けてたんだな~ということが、だんだんわかってきました。


なんとなく居心地のいい場所に安住しちゃってるモノたちも、よ~く見てみるとアレ?って違和感が。


100均のプラスチックカゴが気づかぬうちに多用されていたり。


けばけばしい色のモノがさりげなく、でも確実に主張していたり。


でも。


100均のプラスチックカゴは、同じく100均でも自然素材のカゴにするだけで、全然雰囲気が違って見えるし。


色のトーンも、抑えるように気をつけていくだけで、見渡したときの違和感がぐんと減ってくるんですね~。


小さな変化でも、なんだかウレシイ^^


てことで、例えばこんな小さなことから。


Spidercan








こいつを、


Silvercan








これに変えてみたり・・・?


・・・えーと、中身は耳かき綿棒で、相方がしょっちゅう使うものなので、リビングテーブルの上のカゴに入れておくのですね。


で、おみやげにもらったスパイダーマンの缶がなんとなくインパクトあって、サイズもちょうどいいので使っちゃってたのですが・・・。


ナチュラルモダンを目指すリビングの中にあって、赤と黒のスパイダー柄は・・・目立つ目立つ!(気づかなかったんかい^^;)


スパイダーマン、カワイイので惜しいのは惜しいのですが(笑)、これをシルバーのシンプルな缶に変えて、リビングテーブルの上のカゴに入れると・・・全然気にならない。


うーむ・・・これしきのことでも、ちゃんとそれなりに雰囲気が変わるとは・・・。


まざまざと目の前にその事実を見せつけられ、ただいま、見慣れてしまったリビングの細か~いところに、新たな視線を投げかけている最中でございます。


ま、ミクロを気にするとマクロが見えなくなったりして・・・なかなか舵取りがムズカシイですね・・・。


一つ一つがセンス良く、なおかつ全体で見てもバランス良く。


一生かかっても達成できない目標かもしんない・・・orz




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/24(月)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.51km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



テトリス風片づけ



「リビング・ダイニングの中身一掃大作戦」、けっこう手こずってます(汗)。


あ、もちろん、いらないモノは一掃しつつある・・・と思います(自信なさげ)。


やっと、前のパソコンや携帯のマニュアルとか、今は使ってないソフトのパッケージとか、捨てることもできましたし(遅っ)。


あと、よくわかんないコードとか(笑)。


ダンベルとか(ええ、ダンベル体操、挫折しましたよ・・・)。


頂き物の、すっごく気に入っている香り袋の内裏雛が、なぜか目隠しされた棚の中に座ってたりして、「なぜこれがここに・・・?」と改めて呆然。


これはちゃんと、新しく本部屋に設けたディスプレイコーナー(という名の寄せ集めコーナー笑)に鎮座していただきました。


あとはね~、料理の本ね・・・orz


ほとんど作ったことのない料理本が、山のようにあってね~・・・。


ひとえに、レパートリーが少なく、しかもレシピを見ないと料理が作れないというハンデを乗り越えたかったためなのですが。


結局、決まった料理しか作らないんだよね・・・。


しかも、最近ではクックパッドのおかげで、料理本なぞ見なくとも、カンタンおいしい料理のレシピが、すぐに手にはいるようになったし^^


というわけで、ここしばらく開いていなかった料理の本たちは、中身を見ずに捨てることに。


これらがなくなっただけでも、電話帳やら地図やらマニュアルやらの、いざというときすぐ手に取りたいものを、以前より取りやすく置くことができるようになりました。


しかし。


「一掃大作戦」というほどの盛り上がりはないんだよな~・・・。


なぜならば・・・今までの捨て捨て大作戦に比べたら、捨てるモノが、あまりナイから(汗)。


先日も書いたように、リビング・ダイニングにあるモノは、基本的には
「使う」モノ


使うからこそ、その場所に落ち着いてしまったわけで、これをどこかに動かそうにも、いずれまたこの場所に舞い戻ってきてしまうのは目に見えているような・・・。


いやいやもちろん、便利だからと何でもリビングに持ち込まずに、使うたびにちゃんと納戸部屋なりにしまえばいいわけで。


でも・・・しまうのが面倒になって、出しっぱなしになって、イライラの元になっては、元も子もない。


もちろん、無駄なモノ、本当にいらないモノは捨てなくてはなりませんが。


ちゃんと使うモノは、使いやすいところに置いて、ストレスなく生活したい。


というわけで、捨て捨て大作戦というよりは、
配置換え大作戦テトリス風、という様相を呈してきました(笑)。


「これをこっちに持ってきて~・・・んん?待てよ、この高さだと、むしろこっちのほうが取り出しやすいか・・・」みたいな?


までも、これはこれで、結構頭も使うし、終わってみると取り出しやすくスッキリとして、自分的には劇的変化って気分になれます(あくまでも表からは見えない部分ですが^^;)。


ほんと、この「取り出しやすい」って、大事なんですね~(今さら?)。


前後左右にモノをどかしてから・・・という手間がなくなるだけで、取り出すのももちろんだけど、
元に戻すのもとってもラク


そうすると、出したモノがちゃんと元に戻り、散らからない!


・・・当たり前といえば当たり前の根本的なハナシで、今までもさんざん収納の本などで読んできたセオリーでしたが。


でも実際やってみたら、ホントにホントなんだな~って実感!


ちゃんとやろう、とか「ちゃんとしてよ!」とかいうモンダイではなくて、できる状態にさえしておけば、なんとなく自然にできるようになるんだな~、と。


タイヘン勉強になりましたですφ(.. ) メモメモ


まだまだ地道な作業は続くけれど(しかも見た目はさほど変わらないけど^^;)、ワンランク上を目指しているのだ、という気持ちで根気よくがんばりま~すp(^^)q



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/21(金)のエアロバイク★              

頭痛のタネがあったので、念のためお休みしました。

体を動かすと偏頭痛が治る、っていう仕組みだったら良かったのにな~・・・( - -) トオイメ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


花君最終回



遅ればせながら。


いや~「花君」最終回、ヨカッタです~~~^^


以前の記事にも書いたとおり、原作の設定をうまくアレンジできていて、なおかつオマケもありつつって感じで、楽しかった♪


中津ファンとしては、最終回はもう、
2時間オール中津の一人芝居でも良かったくらいですけどね(イヤそれはさすがに笑)。


それにしても女装の多いドラマでしたが・・・実際、男子高校生って、ミョ~~に女装したがるんだよね(笑)。


文化祭の出し物とか、仮装行列とか、必ず「女装」ネタがあがるし、みんなも~ウキウキしてメイクとかしちゃうし。


最終回の学園祭の様子は、まさにリアル男子校って感じで、納得の笑いでした^^;


視聴率もかなり良かったようで、一安心です(関係者か)。


でも・・・お気に入りのドラマが終わってしまうのは、クラス替えみたいな寂しさがあって。


これから先、彼らがバラバラに活躍している姿を見ることはできても、一緒にいるところを見ることはできないんだよね・・・。


最終回直後って、もっともっといつまでも、この居心地のいい空間を楽しみたい!って、瞬間最大風速的に、寂しさがわ~~~っと押し寄せて来てしまう・・・o( _ _ )o


ほんとクラス替えって苦手なんだよな~・・・また新しく始まっちゃえば、寂しさも忘れて楽しめるんだけどね。


学園ドラマだったので、余計にそんなクラス替え的寂しさが募ります(泣)。


でもでも、いかにも、続編も作れまっせ~的なラスト、つい乗せられて期待してしまうなぁ。


原作にはまだまだネタがたくさんあるんで(なんせ23巻あるからね)、いくらでも話はふくらませられると思いますよ~関係者さん?


いつかまた、あのめっちゃ楽しそうな彼らの姿を見られたらな~。


期待してまっす!  (^_-)-☆



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/20(木)のエアロバイク★              

 昨日も偏頭痛でお休み。今日は頭痛にならないといいなぁ・・・ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

あのひとの本棚!



えっと、スイマセン、今日は、コワレます(笑)。


だって、んも~~~うれしくって!!!\(>▽<)/


え~、ワタクシ、以前から遠慮気味に(笑)ちらちらっと「サカイマサト」ファンであることを書いて参りましたが。


実は今、堺さんが、ほぼ日の「あのひとの本棚」という、自分の好きな本5冊を紹介するコーナーに登場しているのですよ。


で、大変読書好きな彼らしく、モンテーニュの「エセー」とか(イヤ、これはファンでも読めないッス^^;)司馬遼太郎の「街道をゆく」とかを紹介してたのですね。


で。


昨日取り上げられたのが。


森博嗣の
『すべてがFになる』なんですよ~~~!!


ワタシも先日この本の記事を書いたじゃないですか!!


おそろい!おそろい!
(←バカです)


なんていうの?もう、例えていうなら、片思いの相手が、自分の大大大好きな本を読んでいるのを目撃しちゃったっていうか!?(てか、まんまだし)


「好きな女の子のタイプ?そうだなあ・・・本の趣味が合う人かなぁ」なんて言われちゃったみたいな!?(妄想全開)


ええええ~、だって、堺さん、「ノンフィクションが好き、小説はあんまり読まない」って言ってたのに!


いや、その辺の機微については、ご本人が語ってくれてますけども。


でもよりによって、堺さんが選んだ小説が、ワタシがものっすごく思い入れのある本だったなんて、
天にも昇る気持ちです(笑)。


なんていうかほら・・・ワタシのように日々
本を食べて生きている人間にとっては(比喩ですよもちろん)、「本」というのは特別なモノなんですよね。


「これおいしいよ~、食べてみなよ」とか「あの番組面白いよ~、見てみなよ」って言うのはカンタンだけど(ワタシにとってはってことね)。


でも「この本面白いよ~、読んでみなよ」って言うのは、すごく神経を使う。


自分の大好きな本だからこそ、本当に面白いと思ってくれる人にしか薦められないんですよ、怖くって。


「う~ん、今イチだったかな~」とか言われたら、やっぱりショックだし・・・(泣)。


このひとならきっと、この面白さをわかってくれるだろうなって思うからこそ、お薦めできる。


だから逆に、「この本面白いよ、読んでみなよ」って薦められることは、すご~~~く光栄に思えるのです。

本を選ぶセンサー、楽しむ触覚が同じである、と認められたことのように思えて。


『すべてがFになる』の記事で、ワタシが尊敬する先輩からこの本を薦められたときの感動のワケは、これなのです。



ま、もちろん、いつもいつもこんなに命がけで薦めたり薦められたりしているわけではないですよ(笑)。


でも、「本」の好みって、ワタシにとってはことほど左様な意味合いを持つ、大切なものなのです。


というわけで、ワタシが大切に思っている本を、堺さんも面白いと思って読んでいた、というのは、
恐悦至極、感涙の嵐なのでございます。


ああ、これからは以前にも増して思い入れのある一冊になりそう☆


連載はたぶん今日で終わりだけど、最後の一冊は何かな~楽しみだにゃ~^^



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/19(水)のエアロバイク★              

上ではあんなに騒いでますけど、朝から偏頭痛だったのでおとなしくしていました・・・(笑) 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

リビングに着手



納戸部屋本部屋と大改造を成し遂げたあと、捨て神様は遠く去って行かれました。


わたしとしても、捨て神様に捧げ尽くした気力・体力は容易に戻らず、達成感もあって、日々のほほんと過ごしておりました。


しかしここに来て、新たな波が!(かなり小さいけど笑)


一日で一番多くの時間を過ごす場所・・・そう、
リビング・ダイビング


ここを居心地良くせずして、何のインテリア好きでありましょうぞ!


落ち着いてくつろげる、心の安まる、シンプルでスッキリとした空間にしたい!



でも現状は・・・どうにもこうにも、手のつけようがないんですよね~。


心理的な壁が、すごく高い。


なぜかな~と考えてみると・・・リビング・ダイニングにあるモノって、基本的に
「使うモノ」なのですよ。


使うからこそ、この部屋に
吹きだまってきてしまったというか。


なるべく中身が表に見えないように、扉付きのシェルフを導入し、カラーボックスには布を掛け・・・と工夫はしているつもりなのですが、その、中身がなんともね~・・・。


書類やら、パソコングッズやら(うちはダイニングにパソコンデスクがあるもので)、細々した文具類、常備薬、etc.etc.・・・


まあ、何度か手をつけて、そのたびに少しずつモノもスリム化しているし、見せない収納をしているってことで、それでヨシとする手もあるのですが(というかそうしたいのは山々なのですが^^;)。


でも、リビング・ダイニングに対するココロのモヤモヤを探っていくと、根本的にはその
中身のごちゃごちゃに、引っかかりを感じているようなのですよ。


だから、いくら外に見える部分をキレイに気持ちよくしようと思っても、「でも中身はごちゃごちゃなんだけどね・・・」ってブルーな気持ちが芽生えてきてしまう。


外からは見えなくても、自分のココロの中では見えているわけだからね・・・。


てなわけで、モンダイを根本から解決するには、見えない場所の、
中身一掃大作戦から始めねば!


その結果、中身に余裕が出てくれば、今外に出ていて、でも中にしまいたい、というようなモノの入る新たなゆとりも出てきそう。


それに、前回の捨て捨て大作戦の経験上、一度弾みがつき始めると、なんでもかんでも捨てたがる、という傾向もつかめてますし(笑)。


とりあえず、
始めの一歩は、見えないところから、としたいと思います。



しかし今回は、劇的に変わるわけではないし、大量のゴミが出るわけでもなさそうなので、モチベーションをキープするのが難しそう。


というわけで、まずは燃料くべ(=手持ちのインテリア雑誌バックナンバー総ざらえ^^)をきっちりと。


これをやるとやらないでは、気合いが違ってくるのでね^^


よ~し、読むぞ~!!(これから片づけを始めるとは思えないかけ声ですけどね^^;)



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/18(火)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.79km

 あれ?また新記録達成かな?だんだんわかんなくなってきちゃった・・・^^; 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ミニミニ紅茶マフィン



ころころ~んとした紅茶マフィンが焼けました^^


Teamaffin










いつものごとくに、急に「甘いものが食べたいっ!」と思い立ったのですが、あいにくと紙のマフィンカップを切らしていて。


久々に、シリコンのマフィン型で焼いてみました。


Siliconcup










以前に紹介したシリコンのパウンドケーキ型と同じシリーズです。


とっても使いやすくて便利なんだけど、唯一の欠点は、一個一個の型が小さいこと。


すっごいミニミニサイズのマフィンになってしまうんです^^;


でも、焼いてる途中にオーブンをのぞくと、小さい山がもこもこっと盛り上がってくるので、なんかかわいくって許せてしまう(笑)。


食べるときも、ちょこちょこ食べていくのがまた、楽しいといえば楽しいし(物足りないといえば物足りないんだけど^^;)。


最近ずっと紙カップでどっしりと焼いていましたが、このシリコン型も活用していこう!


・・・ダイエットのためにもね(笑)。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/17(月)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.78km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

北欧テイストの違い



インテリア雑誌に「北欧」という文字を見つけるだけで、反射的に飛びついてしまうワタシ。


最近はほとんどのインテリア雑誌で北欧特集してるんじゃないか、と思うくらいにしょっちゅう見かけるので、おさいふと相談の上、厳選したものを買わねばなりません。


今月もまた何冊かの特集がありました。


で、よ~く中身を吟味(立ち読みとも言う^^;)。


すると。


同じ「北欧」特集なのに、明らかに、自分的にはこっちだな!って雑誌が出て来ちゃうんですよね。


いったい何がワタシを惹きつけ、何がワタシを遠ざけたのか?


首を傾げながら、またまたじっくり吟味(長っ)。


・・・ふむふむ、なるほど。


どうやら、
よりシンプルでより色味の少ない方に、ワタシは惹かれるようなのです。


同じ北欧とはいえ、いろんな色や柄を駆使して、割とにぎやかに仕上げてくる人もいれば、あっさりシンプルにまとめてくる人もいる。


例えば同じマリメッコのファブリックでも、目にも鮮やかな華やか系のものもあれば、おとなしい色のパターンもある。


わたしは、色の使い方が上手じゃないせいもあるのかもしれませんが、あんまり色があると目が疲れてしまうようで。


だから、ごくごくあっさりと、シンプルに、まとめたい。


それが、モダンなのか、ナチュラルなのかは、またちょっと悩むところではあるのですが(この間インテリア雑誌のバックナンバーをひっくり返してたら
「ナチュラルモダン」というくくりがあって、それもアリなのか、と目からウロコでしたが)。


とにかく基本は「シンプル」でお願いしたい(誰に?何を?笑)。


で、さらに雑誌を読み進めていくと、結局のところ、本場のスカンジナヴィアンな皆様の実例よりも、日本で「北欧風」を実践されてる方々のインテリアの方が、よりこころ惹かれるんですよね~。


・・・やっぱ、日本人だから?(そんな結論ですか)


部屋の中にモノが少なくて、むしろがら~んとしてるくらいで、色味も抑えてあって、白・ベージュ・ブラウンがメインだったりして・・・というお部屋を見ると、んも~~うっとり☆しちゃうのです^^。


どこか、和室に通じるモノがあるんですよね~。


話は飛ぶようですが、塩野七生の『ローマ人の物語』の中に、古代ローマの家についての記述があるんですね(細かくいうと、「ユリウス・カエサル ルビコン以前」の出だしの方です)。


そこには、
「古代ローマ人は、部屋の中に必要最小限の家具しか置かなかった」という記述があります。


あるヨーロッパの研究者は、「もしも、古代のローマ人が現代のヨーロッパのあらゆる種類の家具調度で埋まった室内を見たら、物置ではないかと思うにちがいない」と書いているそうです。


塩野さんは、この古代ローマ人の感覚は、欧米人よりも日本人の方が違和感がないだろう、と述べています。


考えてみれば、和室っていうのは基本的にはがら~んとしてますもんね。


ああいうスッキリ感を気持ちイイと思うように、DNAにインプットされているのかな~(笑)。


それが古代ローマまでつながるならば、カエサルマニアのワタシにはうれしいことなのですが(いや、つながらないつながらない^^;)・


とにもかくにも、なんとなくですが、また自分のインテリアの好みが少しはっきりしてきたようで、ウレシイです^^



あ、ちなみに、ワタシのココロを惹きつけたのは、こちら ↓


大人かわいいインテリア/北欧・東欧の部屋―心地いい暮らし、かわいい雑貨 北欧の心地いい空間。シンプルに暮らす (Gakken Interior Mook 私の部屋づくりannex)

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


初めて知った雑誌ですが、お値段もお手頃だし、たくさん実例が載っていてとっても参考になりました。


みなさまも、書店でよ~く吟味(立ち読み)なさってくださいませ~^^




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/16(日)のエアロバイク★              

 時間:25分  距離:10.31km 

 お休みなので、ちょっと少な目に・・・^^ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



『ちんぷんかん』



図書館に予約していた『ちんぷんかん』、ようやく順番が巡ってきました。


ちんぷんかん ちんぷんかん

著者:畠中 恵
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ものすごい競争率でしたが、人気本だけに冊数も多いし、思ったよりは早く読めたなぁ。


まだまだ読んでいない方も多いと思いますので、ネタバレになるようなことは避けますが、今回は、「時の流れ」が大きなテーマだったように思います。


妖は別として、生きとし生けるものにはみな、定められた寿命があるもの。


そこに向けて、すべてのものがただただ流れ流れていくのだなぁ・・・としみじみ感じました。



思えば、この『しゃばけ』シリーズは、常に時が流れているんですよね。


サザエさんやドラえもんのように、登場人物たちが年をとらずに、連載だけが何十年も続いていく、という形ではなくて、ちゃんと歳月が流れ、いろんな人やものが表れ、去っていく。


一太郎も、登場したときは17歳だったけれど、おそらく今回の『ちんぷんかん』では19歳くらいになっているようで。


いずれ嫁取りの話が出てきたりするのかしら、この勢いだと、本当に嫁をもらったりするのではないのかしら、となぜだか嫁のことばかり心配してしまいます(溺愛ママか、アンタは)。


いろいろなものが移り変わっていくことに対して、一太郎が感じている一抹の寂しさと、そんな一太郎ですら成長していくことへのわたしの一抹の寂しさがリンクしているようで、不思議な読後感でした。


これは、文庫版が出たらぜひ買って、手元に置いておきたい一冊になると思います(単行本じゃないところがセコイ^^;)。



そうそう、『しゃばけ』がドラマになるらしく。


しゃばけ倶楽部」という公式ホームページに、詳しい情報が出ていますので、興味のある方、ぜひご覧くださいませ。


けっこう中身の充実した、凝ったHPなので、楽しめますよ~。


ドラマに関しては、キャスティングもなかなか良いので、楽しみです。


だって、仁吉が、谷原章介ですよ?


原作を読んだ印象では、そこまでの優男とは思っていなかったのですが、いざ谷原章介だと言われると、「ああ~・・・」と納得する以外にない感じ(笑)。


どんなドラマに仕上げてくれるか、とっても楽しみです^^



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/13(木)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.29km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



集中力アップ



以前も書きましたように、なにせひどく飽きっぽく、集中力はほぼゼロのワタシ。


仕事の合間にもしょっちゅうネットをさまよったり、テレビを見たりしています。


そんなわたしに、「ためしてガッテン」の再放送が救いの手を!


ズバリ「集中力」がテーマの回で、番組の最後の方では
集中力を高める方法も伝授。



まず曰く、
「自然の音をBGMに」


人間はどうしても雑音で気が散ってしまうので、その雑音を帳消しにするイミで、自然の音(鳥の声とか川のせせらぎとか)を流すと良いのだとか。


自然の音に対しては、人間の耳・・・というか脳は、過敏に反応しないようなのです。


逆に、知ってる曲を流すと、脳がガンガン反応してしまうので、集中力は乱れまくり・・・クラシックは比較的良いようですが、でも「花のワルツ」とかを口ずさみながら仕事するのは、あんまり良くないのね・・・。



で、さらに曰く、「自筆で、
小刻みな目標や楽しみなごほうびを書いて、時々見ると良い」。


自筆というのがポイントなのだそうです。


「とりあえずここまで終わらせる」という身近な目標や「終わったらケーキ食べる」というごほうびを目の前にぶら下げると、やる気がアップするのだそう。



BGMはすぐに入手できなかったけど(それにやっぱり自然の音じゃ物足りないし・・・)、自筆でごほうびなら、すぐにできる!


というわけで、今回、さっそく実践してみましたよ。


ちょうど買いたい雑誌もあったので、「仕事終わったら本屋に行って雑誌を買う!」という壮大な(笑)目標を立て。


それを手帳に書き留めて、飽きてきたらちらりと見るように。



うん。


効果はあった・・・と思います・・・たぶん・・・?^^;


てか・・・今回の仕事は量が少なくて、先が見えちゃってたもんだから、せっかちなわたしは、早く終わらせよう、早く終わらせよう、と焦って仕事を進めちゃったのよね~(ん?これもあるイミ、集中力アップ法?)。


というわけで、飽きるほどでもなく、さっさと終わってしまいました。


・・・実験失敗orz


・・・いやいや、次にボリューミーな仕事が来たときには、今度こそ実験できるじゃん?


そう思えば、次の仕事が来るのが楽しみになるかも☆


・・・っていうのは欺瞞であって、やっぱり、次の仕事もやさしめでありますように、と祈るワタクシなのでした・・・。




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/12(水)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.53km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆




内省的



ここ数日のブログの記事、傾向としてはなんとなく内省的な感じでしたね(笑)。


ココロのことにしても、カラダのことにしても、良い方向にもっともっと変えていきたい、という気持ちが強くなっていたようです。


仕事が連続して入っていたので、エアロバイク以外で体を動かせてなかったり、生活が単調になったりしていて、パワーがだいぶあまってたみたいですね^^;


今週のお仕事は、ややラクだったので締め切りよりだいぶ早く終わりそう。


一仕事終えたら、まずは家の中を片づけたり、買い物に出かけたりして、ココロを活性化させてこよう。


そして、いいパワーをたくさん充電して、ココロとカラダを強化していこうと思います^^




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/11(火)のエアロバイク★              

 仕事の追い込みをかけたので、お休みにしました。

 今日は漕げそうですp(^^)q 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

プリンセス・ダイアナ



イギリス好きで、しかも平安時代好きとなれば、必然的に
王侯貴族好きになるのは道理というモノ(そうかぁ?)。


わたしもご多分に漏れず(?)、各国の王室、日本の皇室などなどに、多大なる興味を持っています。


主たる興味は、その歴史。


どんなふうにその国が作られていって、どんな経緯で王室ができあがっていったか。


今までに、どんな王や女王がいて、どんなエピソードがあったのか。


そういう本を見つけると、飛びついて読んでしまいます。


この夏は、イギリスで制作されたエリザベス1世のドラマが、NHK-BSで放送されたりして(これがもう、ヘレン・ミレンの演技が圧巻でした!)、すっかりイギリス王室づいており。


家にある「英国王妃物語」なんて文庫本をまた引っぱり出してきたり、エリザベス1世の生涯を上下巻で描いた本を借りてきたり。


でもって、ふと現代に目を転じれば、ダイアナ元皇太子妃が亡くなってからもう10年経ったということで、各局で追悼番組が組まれており。


もちろん、全部録画しましたですよ(どんだけスキなんだか笑)。


民放のセンセーショナルな切り口も興味深いし、NHK-BSで放送したイギリスの番組もまた、本国ならではの時おり辛口なスタンスが新鮮でひきこまれました。


どれを見ても思うのは、ダイアナ妃は決してパーフェクトな女性ではなく、欠点もまたたくさんあった人なのだ、ということ。


それを理解した上で、単純に祭り上げるのではなく、彼女の欠点も含めてなお、素晴らしい人だったとわたしは評価したい。


彼女は、生い立ちもあまり幸福ではなくて、結婚にも破れて、精神的にとても追いつめられたし、健康を損なったこともあった・・・そのことはよく知られています。


誰にも相談できなくて、本当に辛かったんだろうな・・・自分自身に、絶望したこともあったんだろうと思います。


でも、彼女は長い時間をかけて少しずつ勇気を出して、時折道に迷いながらも一歩ずつ自力で歩き出しました。


そして、王室にはあるまじき・・・と思われていた離婚を勝ち取り、自由を得たのです。



亡くなる少し前の、プロのカメラマンが撮った彼女の写真を見て、その美しさに本当にびっくりしました。


若い頃の、表情の乏しさや少しおどおどした感じ(まあこれは無理に写真を撮られるような状況だったせいもあるわけですが)とはあまりにも違って。


自分が美しいこと、影響力を持っていること、そして何より自由を得て、思うとおりに生きられること。


それを本当に理解して、味わって、楽しんでいる感じ。


その表情は、本当にゆったりとリラックスして、肩の力が抜けていて、「ダイアナ元妃」である前に、一人の女性として本当に内側から輝きだしていて、素敵な素敵な写真でした^^


彼女はそのあと亡くなってしまったけれど、あんな素敵な表情ができるこころのゆとりを手に入れたことは、彼女の人生を幸福感でいっぱいにしたのではないかな~と思うと、そんな時間が持てて、本当に良かったね、って、うれしくて泣けてきます。


自分が同じように心身の健康を損なったこともあって(スケールはちっちゃいけど^^;)、どうもワタシはこういう、女性の「ココロ」のサクセスストーリーのようなものが大スキなのです。


日本でも、女優さんなどが、パニック障害になったりしながらも、そこからいろんなことを学んで、もっと素敵な女性にパワーアップして戻ってきたりする話を聞いたりします。


一般人なら家にこもってやり過ごすことはできるけど、表舞台に立たなければいけない人が、ココロが弱っている状態のまま仕事をやり通すのは、本当~~に大変ですよね・・・。


でも、いろいろ苦しんだ末に、ぐっと力が抜けて、ゆるやかな表情や生き方を手に入れた人たちを見ると、うれしいし、自分もそうなりたいな~としみじみ思います。


以前書いたように、本を読んで追体験する、というパワーがものすごく強いのですよ、ワタシ(笑)。


美味しいモノに関する本を読めば、脳内グルメを楽しめるし、エステでうっとりな本を読めば、体がほわわ~んとほぐれるしね。


この秋は、女性たちの、ココロの物語を読んで、そこからたくさんのパワーをもらっていきたいな、そしてそれを上手に自分のココロに生かしていきたいな、と思いました^^



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/10(月)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.12km ・・・ちょっと減少^^; 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

『パーカー・パインの事件簿』



英国ミステリ、大スキです(え、くどいって?)。


本日は、アガサ・クリスティーの『パーカー・パイン』シリーズについて。↓


パーカー・パインの事件簿 (創元推理文庫)


クリスティーといえば、ポワロやミス・マープルですよね。


その中で、このパーカー・パインはちょっと毛色が違ってて。


ほとんど殺人事件の解決はしませんし、そもそも内容も切れ味鋭いって感じでもありません。


パーカー・パイン氏は、わりと淡々とした、大柄の、「一目で心の安らぎを覚え」るようなおじさんです(笑)。


「あなたは幸福ですか?幸福でない方は、パーカー・パイン氏にご相談ください」という新聞広告(うさんくさ・・・^^;)を出して、それを見てやってくるお客を幸福にしてあげる、という変わった商売をしています。


そーんなウマい話があるのかいな~?と思っちゃいますが、それが、あるのですよ、少なくとも、この話の中では。


夫が会社の若い女の子に夢中になっちゃってる、という悩める奥さんとか。


平凡で幸せな毎日を送ってるけれど、そのこと自体がなんとな~く不満である、という会社員とか。


あーそういう人いるいる~というような、
平凡な人々の平凡な不幸せ


長年官庁で統計を扱ってきたというパイン氏が、そうした悩みを経験に基づいて分類し(五つに分類できるらしいですよ?具体的には書いてくれてないんだけど)その傾向に沿って、解決していってくれる。


そんな短編がいくつか入っています。


別に悩みの原因そのものを根本的に解決してくれてるわけではないんです(まあ、ちゃんと解決してくれるケースもありますが)。


ただ、本当に上手に、
物事を「別の角度」から見せてくれる


不幸だ、と思う、その
こころの働き方や見方を変えてしまう


その方法が、けっこうお金を使ってたり、大がかりだったりして、ちょっとくすっと笑えて、でも、なるほどな~・・・とため息も。



特にスキなのが、『金持ちの婦人の事件』。


もーお金が有り余ってて、でもやりたいことはみーんなやっちゃったし、一緒に頑張って働いてきた夫は金持ちになってまもなく死んじゃったし、子供もいないし、お金があってもしたいことがなんにもないのよ、なんとかしてよ、っていうお金持ちのご婦人。


ちょっと(いやかなり)高飛車な感じのおばさまなのですが、パイン氏がその依頼を見事に解決します。


どうやって?かは、興味があったら読んでいただくとして。


この話を読むたびに、わたしはなんだか頭をガツンと殴られたような気持ちになるのです。


何が自分を幸せにするのか、何が自分にとって大切なのかを知らないと、幸せを感じることはムズカシイ。


それを知るためには、大きな変化がきっかけになったり、思い切った方法をとらなきゃいけないときもあるとは思います。


でも、状況を大きく変えなくても、考え方、とらえ方一つで、物事は大きく違って見えるし、大切なことにも気づける。


不幸な気分に実にしばしば陥りがちなわたしとしては(よしもとばなな曰く
「不幸っぺえ体質」笑)、こういうときもしパイン氏に相談したら、どう解決してくれるんだろう、と思いつつ、この本を開いたりします。


でも、読んでいるうちに、「てか、これ、自分でもできるんじゃん?」とも思えてくるんですよね。


他人にうまく誘導してもらうのも有効だけれど、ふだんは自分で自分のこころを誘導できれば、言うことなし、じゃないかなあ?


そう思えると、もやもやしてたこころに、ぱーっと光が射してきます。


ポワロもミス・マープルも楽しめるけれど、パーカー・パイン氏のシリーズは、楽しめる上にカウンセリング効果もあったりして^^


クリスティの推理小説の中では異色かもしれませんが、事件を解決するだけではない、人間のこころの働きに重きを置いた、面白い作品だと思います。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/9(日)のエアロバイク★              

時間:30分 距離:12.68km 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

アスリート体型


台風、現在暴れ回っております・・・怖いよ~(泣)。


えーと。


世界陸上、終わりましたね~(遅っ^^;)。


毎回、「あ~やってるな~」なんてくらいで、ほとんど見たことがなかったのですが、今回は時差もないせいか、ずいぶんいろんな競技を見た気がします。


そうそう、ほぼ日で「観たぞ!大阪世界陸上」という連載を毎日やっていたので、それも影響したかもしれません。


以前も紹介しましたが、アテネ、トリノの両オリンピックのときにも連載された「観たぞ!」シリーズは、読んでるだけでも面白いし、自分もその競技をテレビで見ていればさらに楽しめる内容なので、ついつい中継を見てしまうんですよね~。


ほんとにためになる情報から、どうでもいい目撃情報まで、そして笑える話から、泣ける話まで、盛りだくさん。


今回も、連載とテレビ観戦をともに楽しませていただきました^^


アスリートの皆さんの熱戦にはもちろん、熱く心を動かされたのですが、もう一つ、多大な影響を受けた点が。


それは、女性アスリートの、
美しい体です!


イシンバエワとか、アリソン・フェリックスとか、んも~ほんとに無駄な脂肪が一切無し!


それだけじゃなくて、
無駄な筋肉もつけてない感じなのよね~。


だから、ムキムキにならず、すらりと美しい体型なんです。


足なんかも細くてキレイだし!


最近のユニフォームはセパレートになってるんで、お腹の筋肉がキレイに割れてるのがよ~くわかる。


なんていうか、こんな体なら、健康で楽しく人生が送れそうな気がするな~、としみじみ思ったりして( - -) トオイメ


以下、運動オンチで体力のないワタクシ目線の感想ですが。


カラダをめちゃくちゃに鍛えて、筋肉ムキムキなカラダ、というのを見ると、まずいつも思うのが「・・・どこかに故障はない?」ということなんですね。


あれだけ筋肉をつけたからには、どこかにひずみがきているのではないか、と心配になってしまう。


スポーツ選手を見ていても、あんなにはつらつと動き回っているにもかかわらず、「健康には気をつけてね?」と心配してしまう。


お前が言えた義理じゃないだろう(笑)とは思うのですが。


ところが、陸上の方々・・・特に走る系の方々というのは、無駄な筋肉もないし、無駄な脂肪ももちろんないし、軽やかで全身バネのような、なんていうか・・・
鍛え抜かれた名刀、という感じがするのです。


なんだろう・・・草食動物のような、と言ったらいいのか、血液もキレイそうだし、健康的には申し分ない感じ。


もちろん、みなさん、足に故障を抱えていたり、決して健康100点満点ってことはないんでしょうけれど。


でも、競技者人生をやめても、その後の生活も元気に送れそうだし、長生きしそう。


・・・すっごい主観的な感想ですけど(あ、感想だから主観でいいのか^^)。


もともとマラソンとか駅伝とか見るのがスキなので、陸上選手にはそんなイメージを持っていたのですが。


今回の世界陸上で、さらに、
「アスリートの美」というものに気づいてしまって。


体の内部も健康で、外側はウツクシイ。


あれほど研ぎ澄まされたカラダになるのは無理としても、なんちゃってもどきには手が届きそうな気がしないでもない・・・ような?


腹筋が割れたかな?と思いきや、実は
アバラボネが浮き出ただけでした(泣笑)という悲しい体型のワタシでも。


先日の記事に書いた、すらっと姿勢の良い、きゅっとしまった体型、くらいになら、なれないこともないのでは?


・・・と、世界陸上を見ながら、夢を見てしまいました(てか、妄想?)。


さっそく、保管してあった雑誌「Jane」(Tarzanの女性版)を引っぱり出してきて、気分だけはすっかりアスリートです(笑)。


ま、何事も気持ちが大事なんで^^


まずは徐々に、できることから始めていきたいと思います。


そして、願わくば、どうかこの「熱」がなるべく長続きしますように・・・(-人-)




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/6(木)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.76km 

 またまた新記録達成です!\(>▽<)/ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

台風が来るので



昨日は一日、母のアッシーを。


そして、今日の夕方までには仕事を仕上げて、明日発送すればいいわよね~、なんて計画していたのですが。


・・・台風来るんじゃんorz


台風の中、自分で発送しに行くのはイヤ。


かといって台風の中、荷物を預かりに来てもらう(宅配便のこのサービスは、ほんとに助かります^^)のも申し訳ない。


ならば・・・今日の午前中までに仕上げるほかあるまいよ・・・。


というわけで、ブログの更新が遅れました~(言い訳長っ)。


とりあえず、ペンも持てなくなった手を休めるべく、読書に励みま~す(こじつけ^^;)。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/5(水)のエアロバイク★              

 昨日はお休みしました。今日は漕ぐぞ~! 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

インナーマッスル



今たぶん、みなさんはパソコンの前に座って、このブログを読んで下さっているのだと思うのですが。


イスに座ってる方、
背中、しゃきーん!としてますか?


わたしはね~・・・ダメなんですorz


気づくと、腰から上が左に傾いていて、左肘だけがイスの肘掛けに着いている状態。


どう表現したらいいか・・・
「くにゃっ」って感じに曲がっちゃってるんです。


ハッと気づいて、背中をしゃきっと真っ直ぐにすると、すぐに背中がこわばって痛くなってきて。


おそらく、
背筋が全然ナイんじゃないかと^^;


立っているときもしゃきっと立てなくて、気づくとお腹を突きだして、なんていうか・・・腰の上によっこらしょと上半身をのっけてる、みたいな状態に。


キッチンでも、シンクのふちにお腹で寄りかかってるし・・・どうも二本の足できちんと立つってことが、できてない。


そもそも、上半身はやせているのに、お腹がぽっこり出ていて、さらに下半身がどっしりしているのが悩みなのですが。


これにはどうやら、普段の姿勢の悪さが大いに関係しているらしいのですよ。


体の芯の筋肉が弱っていると、姿勢が悪くなってしまう。


で、その悪い姿勢が内臓の下垂や、骨盤のゆがみを招き、お腹ぽっこり、内臓不調、になるそうで(泣)。


以前スロトレの記事を書いたときにも、足腰が弱っているので骨盤周りの筋肉を鍛えなきゃ、と決意しておりましたが、それをはじめとしてどうも
体の芯の方の筋肉がものすごく弱い、ってことが、種々の症状からも見て取れるワタクシ。


ピラティスでもやって、しっかり姿勢を直さないと、いろんな不調が改善しないのかも・・・でも・・・ピラティスって・・・そこそこ筋肉が付いてないと、そもそもできなそうなメニューなような・・・(汗)。


それに、自己流でやるよりは、ちゃんとインストラクターさんに付いてもらった方がはるかに効果的だと思うし。


・・・あれ?どんどん話が大きくなってきてる・・・?


いやいや、そんな段階じゃなくて、ほんと、まずはちゃんと日常生活で困らないだけの、基本的な筋肉をつけなくちゃいけないんです。


スタートラインに立つ前の、
準備体操の段階というか(笑)。


で、姿勢の話に戻ってくるのですが。


どうやら、
「背筋を真っ直ぐ伸ばした姿勢」を意識するだけでも、十分効果があるようなんですよ。


座るときも立つときも、お腹に力を入れて背筋を伸ばしていると、それだけでもインナーマッスルが鍛えられてスタイルが良くなり、ついでに内臓関係の不調も改善するらしいんです。


もちろん、ゆっくり少しずつではありますが、でも日々の姿勢だけでも気をつけるようにして、インナーマッスルを鍛えねば!


一番カンタンで常に実践できる鍛え方なわけですしね。



・・・と決意はしたのですが。


最初の方にも書いたように、パソコン前で背中をしゃきっと伸ばして少し維持するだけでも、もう背中がイタイorz


つっかえ棒を外すように、この「しゃきっ」を「ぐにゃっ」に戻したくてたまらなくなってしまう(泣)。


そこをぐっとこらえつつ、でも油断すると自然にぐにゃっとなっており、いかんいかんとしゃきっとし直す・・・。


何をやってるんだ、ワタシ・・・?


誰も見てはいないけれど、一人の家の中での
姿勢のせめぎ合いに、なんだか恥ずかしくなってしまうsnowなのでございます・・・ヽ(´ー`)ノ



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/3(月)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.31km

 こっちもがんばって続けよう!p(^^)q 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

翻訳はムズカシイ



翻訳って・・・ムズカシイですよね・・・。


あ、いや、もちろん、わたし自身が翻訳をしているわけではありませんので、念のため^^;


もっぱら、
翻訳されたもの(本)を読んでいるだけですので(^^ゞ


外国の本を読むには、どうしたって翻訳に頼らねばならない身ですから、翻訳の良し悪しってほんとに大事です。


でも、おかげさまで、ふだんはあまり翻訳のことを意識せずに読書を十分楽しめています。


それはつまり、その翻訳が、自然で、上手だっていうことですよね。


翻訳家の皆様には、いつもごくろうさま、ありがとうございます、とお礼を言いたい。


でも。


逆に、読んでいてイライラっとする本もごくごくたま~にあるわけで、それは、作者自体がマズイ文章を書いているか、それとも翻訳がマズイかの、どちらかなワケで。


今ちょうど、そんな翻訳物を読んでいたので(笑)、これはどっちなんだろう・・・とつらつら考えることで、怒りを収めようとしています^^;。


今回の本は、読んでいてすごくぎくしゃくする感じ。


「彼女は書いた、必死で、手紙を。」


みたいな訳なんですorz


これは・・・中学生?それとも、わざと?


作者の文体が、そういう感じなのかな~?


でも、今読んでいるこの本は小説ではなく、伝記なので、あまり文体にとらわれずに、書いてあることを読みやすいように伝えてほしいんだよなぁ・・・。


翻訳全体に思うことというならば、やたらと「注」が多い翻訳も、困る。


特に苦手なのが、巻末とか章末にまとめて「注」をのっけてるタイプ。


「注」が出てくるたびに、いちいち巻末を参照しなくちゃいけないし、「注18」だったか「注19」だったか、なんだかわかんなくなっちゃって、だんだん見る気がしなくなってしまう^^;


以前、清水義範が、「巻末の注だけ」のパスティーシュを書いていたけれど(馬鹿馬鹿しくてすっごくおもしろかった)、彼がツッコミ入れたくなる気持ちもわかるなぁ、と思います。


ただ、これもまた清水義範だったような記憶があるのですが、文中にやたらと「注」を混ぜ込まれるのも読みづらい、というようなことを書いていて、それもまた深く同意した覚えがあります。


「彼はまるでハムレット(※イギリスの作家シェイクスピアの悲劇「ハムレット」の主人公。殺された父の亡霊から犯人が叔父であることを聞き、復讐を果たす)のように激しく悩み、プロメテウス(※ギリシア神話に登場する神。人間のために神の火を盗み、ゼウスの怒りを買って毎日生きながら肝臓をハゲタカに食われるという責め苦を受けた)のごとく苦しんだ」


みたいな?(ヘタな例えでスミマセン^^;)


こうなってしまうと、読んでいるリズムが途中で断たれてしまって、立て直すのがやっかいなんですよね~。


まあ本当は、「注」などなくても作品がすらすら読めるほど、様々な知識を持っていればいいだけの話なんだけど(汗)。


不親切なようでも、「注」なんてほとんどつけません、みたいな本の方が、スッキリ読めて、しかも、わからない語を調べる自主性が養われたりして、いいのかも?


・・・ああ、この↑文がすでに、わかりにくい翻訳文みたいだもんなぁ・・・orz


翻訳がムズカシイというよりも、まずは何より、
文章を書くのはムズカシイってことだね・・・。


人のことはとやかく言えないってことで、今日の記事は終わりたいと思います・・・翻訳家の皆さん、ゴメンナサイ、これからも翻訳がんばってくださいねm(_ _)m


本を愛する者の世迷い言でございました☆


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/2(日)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.57km

 記録次々更新中!・・・どうした、ワタシ(笑) 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ほぼ日手帳とかもめとめがね


ええっと、ワタクシ愛用中の「ほぼ日手帳」、来年度版は昨日9/1(土)より、ほぼ日サイトにて販売開始です。


ちなみに、ロフトでは今日9/2(日)から販売するそうです。


すぐに手元にほしくて、しかもロフトが近くにある方は、ロフトの方がよろしいかと。


でも、毎年ほぼ日サイトにしかない特典があるはずだったと思うんで、こだわりたい方は、サイトからお買い求めください。


本体はまあ、買うことは決まってるからいいんだけど、カバーをね~・・・どうしようかな~・・・。


去年は赤い革のカバーにしたんだけど、色はいいとして、ふた付きポケット(大不評だったらしい?)がじゃまといえばじゃまでね~。


そうしたら、来年バージョンのカバーからは、ポケットのふたが消えてるんだよね~(ほんっとに不評だったんですね、ほぼ日さん^^;)。


しかも、いいな~と思ってたオレンジの革と、ヌメ革が復活したんだよね~。


どっちか買っちゃおっかな~・・・。


でも高いんだよね~・・・。


あ、独り言なんで、どうぞお気になさらずに(笑)。


カバーも色や柄がいろいろあるので、興味のある方はぜひ、サイトにてご確認くださいませ。


今年は、まだ使ったことナイけど興味はある、という方のために、「お試し版」をなんと無料で!(でも配送手数料はアリで^^;)配布するそうですよ~。


今年の11月の一ヶ月分だそうなので、11月に試しに使ってみるのもおもしろいかも。



あ、それとね。


手帳に興味はないけど、「かもめ食堂」に興味はあるというアナタ!


今日のタイトルの後半は、そのお話です(前置き長っ)。


同じくほぼ日サイトにて、先日から「かもめとめがねのおいしいごはん」という連載が始まっています。


来月、「かもめ食堂」のスタッフ・キャストが作った新しい映画「めがね」が上映されるらしいのですが。


小林聡美にもたいまさこ、そこに市川実日子や加瀬亮(キャー☆)が加わって、南の島を舞台に「旅」「生」「休」がキーワードになってる感じのストーリーが繰り広げられていく・・・ような?(あいまい)


でもって、「かもめ食堂」と同じく、またまたおいしそうな料理たちが次々と繰り出されるらしいのですよ!


その「かもめ食堂」と「めがね」のフードスタイリストの方に、「かもめとめがねのごはんを、食べさせてください!」とお願いしたのが、今回の連載ということで(説明長っ)。


これね~、
「かもめ食堂」(の料理)ファンには、必見です!


んも~、卵焼き!目玉焼き!オムレツ!ポテトサラダ!こふきいも!お味噌汁!わ~~~!


・・・って我を忘れそうなくらい、おいしさ100万点な料理の写真がずらりなんです。


盛りつけとかも、なんでこんなにおいしそうにできちゃうんだろう?って感動します。


てか、ほんと、盛りつけは大切なんだよね~・・・面倒がってテキトーな皿にぞんざいに載せるだけじゃ、おいしそうには見えないんだよね・・・激しく反省orz


ちゃちゃっと手早く美味しい料理を作って、ステキな器に手際よく盛りつけて、いただきま~すっておいしく食べたいなぁ。


・・・と、しみじみ思うこと請け合いの連載です。


興味のある方、ぜひぜひご覧あそばせ^^


くれぐれも空腹時をお避けになりませんと、きっと何か食べたくて仕方がなくなりますので、ご注意を☆



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

★昨日9/1(土)のエアロバイク★              

 時間:30分  距離:12.39km

 一気に12km台に突入です!\(>▽<)/

 このまま維持していけるといいなぁ♪ 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク