« 『すべてがFになる』 | トップページ | 『リッチウーマン』 »

ご趣味は?-投資です。


ええ~と、先日このようなモノが届きました。



Yuutai










ハウス食品さんからの、株主優待品です。


ええ、ワタクシ、株主なんですの・・・。


実は、わたし・・・
投資が趣味なんです・・・。


ああ・・・今かなりの人が引きましたね・・・。


わかります、わかりますよ。


投資って、なんか
キケンなイメージあるし(ま、こんなワタシがちょっとでもやれてるんだから、そこそこ安心なんですけどね~)。


それに、お金の話って、なんとなく人前ではしちゃいけないような、タブーな感覚がありますしね・・・。


わたしも、投資の話は友達にはほとんどしません・・・なんだかやっぱり話しづらくて。


でも・・・でも・・・真剣にお金のことを話すのも、やっぱりダメなのかしら?


同じふうにお金のことを真剣に話してみたい、っていう人も、いるかもしれない・・・かな?そうだったらいいな~・・・。


ということで、本日は、ここから先は折りたたみますね。


長く、アツく語ってしまう予定ですので(笑)、興味のある方、しばらくおつきあい下さいませ~。




えーと、まず、なぜ投資に興味を持ったかといいますと。


昔、就職してしばらくは、のほほんと、スキなものにスキなだけ(といってもたかがしれてますけどね^^)無計画にお金を使っていました。


ところが、しばらくして、周辺でいろいろと、お金がないために苦労する人々や出来事が発生してきて。


決してお金にルーズなわけじゃない人でも、予想外のことが起こって、お金が不足してしまう、または、もっとお金があったらもっと良い対応ができたのに、ということをたくさん見聞きして。


ちゃんとマジメにコツコツと生きてきた人でも、
人生どうなるかはほんっとにわからない、と痛感。

何か起こったときに、ゆとりを持って対応できるかどうか、本当に納得のいく選択ができるかどうかは、その時の自分の財産状況にかなり左右されるんだなって、心底思って。


こりゃ~、ちゃんと貯金をしとかないと、人生のアクシデントに対応できないぞ、と実感し、ようやく月々定額を貯金し始めました。


しかし、スタートが遅かったわたしとしては、もっと効率の良い手段で殖やさないとな~と焦り、マネー雑誌を買って、いろいろ研究。


その頃には、利率なんてどんどん下がってきてて(泣)、その中で1.4%となかなかの高利率だった中期国債ファンドに狙いを。


で、証券会社に口座を開き、運用開始。


口座開設の手続きをするときは、すっごくドキドキしましたよ~・・・口座開いたとたん、
持ち金みんな取られちゃうんじゃないかとまで思ったりして(笑)。


やってみれば、実際はなんてことなかったですけどね^^;。


結婚するときに、そのお金を資金の足しにしたのですが、ちゃんとわかる程度には(笑)利子が付いていて、なんだかうれしかったものです。


で、お金を銀行の普通口座に置いて、0.001%なんていう低金利で運用するのは、もったいない!とつくづく思ったんです。


結婚してからは、忙しくて、投資からは遠ざかっていたのですが。


退職して、時間はできたけど、仕事をして貯めてきた自分のお金は目減りする一方(笑)、って状態になったときに、今こそ投資のパワーを生かすとき!とあらためてやる気に。


「あるじゃん」とか「ダイヤモンド ZAi」とか「日経マネー」とか、マネー雑誌をまたまた買いまくって、検討に検討を重ね。


ちょこっと安い株もいくつか買ったりしました(ハウスさん、がんばってね~)。


上で紹介したような優待品ももらえるし、配当金も少しばかりもらえるし、今のところ含み益もちょこっとあるので、売れば利益も出ます。


でも、株って、わたしは基本的に長期で持つスタンスなので、一回買っちゃえば、何もすることがないんですよね~・・・。


投資信託とかも、似たようなものだし。


もうちょっと値動きのあるもので、比較的安心なものはないのかしらん?と探した結果。


ここ一年ほどは、外国為替証拠金取引(FX)をやっています。


えーと、最近新聞やテレビなんかでも「リスクが高いよ!」みたいに騒がれている、FXです(笑)、はい。


ま、それだけ多くの人が参加するようになって、その分ムチャな取引で大きく損をする人も出てきたってことですね。

先日は、FXの利益4億円所得隠して追徴課税、みたいな主婦もでてきたりして(どうやったらそんだけリターンがあるのか知りたい・・・)。


FXの詳しい仕組みは、またまた各自検索していただくとしまして^^


FXが騒がれているのは、いろいろと、誤解があると思うんです。

FXって、たとえば10万円を口座に持ってると、その何十倍、何百倍の金額を取り引きできるんですね。

だから、たとえば100倍の、1000万円分の取引もできちゃう。

でも、単純に言えば、損するときも100倍の損をするわけですよね。

ヘタすると一瞬のうちに何十万、何百万の損をする可能性もあるので、だからFXはコワイよ~!と騒がれるのです。


でもね、この取引金額って、自分自身で決められるんです。

口座に10万円入れて、10万円分の取引しかしない、っていうことももちろんできます。


要は、ムチャをした人のやり方を、ことさらに取り上げて、危険だって大騒ぎしてるわけで、じゃあ、地道~に等身大の金額で取り引きしてる人はどうなの?っていうと、そんな人は地味すぎて取り上げられないんですよね。


投資にリスクは付き物です。


でも、
リスクはコントロールできるし、しなくちゃいけないんです。


もちろん、いろいろ考えたり、調べたり、悩んだりしなくちゃいけないけど。


でも、逆にこれが、わたしにとっては楽しいんですよ。


今まではわけわかんなくてスルーしてた、為替の動き、各国の政治状況(政情不安になれば、その国のお金の価値は下がりますよね?)、外交上の思惑、そんなニュースにすっごく敏感になりましたもん。

オーストラリアが大干ばつだと聞けば、「ええ~じゃあオージー(豪ドルね)は下がっちゃうの~?」と心配し。

サミットで、円安過ぎる!と議題になるかもと聞けば「そうすると、逆に円高になるってことね。いや、でも、そううまくいくかどうか…」と葛藤し。


株と違って、動きが毎日激しいし、一日の中でもけっこう動くし、ということは売り買いが頻繁にできるし(実際は全然しないんだけど^^;)、いろんな要因を考えなくちゃいけないし、刺激があって、すっごくやる気が出る!


相方には「さっすが、
世界経済を動かすオンナ(笑)」とかって笑われてます・・・が、本当に世界の為替相場にほんのちょこ~~~っとでも参加してるわけだから、まんざらウソでもないでしょ?(先日はとうとう日銀のエライ人がアメリカでの講演で「東京の主婦が為替相場に影響を与えてる」らしきことを言ったそう。なんかその言い方はカチンときますけど^^;)


エクセルで表まで作って、毎日のポジションをがっちり管理(文系なのに、頑張った泣)。


ここまで打ち込んでいるモノを趣味といわずして、何を趣味を言いましょうぞ。


もちろん、お金が動いてるわけですから、本気ですし、でも、それでも損をすることもある。


だけど、
賭け事ではないので、ちゃんと分析して、自分なりのルールに則って取り引きすれば、資金は殖えます、絶対じゃないけどね。


今は、なんせ元手が少ないので(笑)、微々たる金額ですが(しょせん素人の取引なんでコドモのお小遣い以下の利益ですし^^;)。


しかも今は超円安になっていて、自分の投資ルールが生かせないので、しばらくお休み中だし(ま、「休むも相場」と言いますしね)。


でも、将来的には、自分のお小遣い分、そして、生活費分くらいは、安定して利益を出せるようになりたいと思ってます(さらに大きく出たな!)。



お金お金とがっついてるわけでは、決してなくて。


ただ、ハチクロの真山(漫画から引用か笑)が言うように、


(チャンスは人生で3回あるというけど)
いざそのチャンスが来たときに、それに『飛び込めるか』『飛び込めないか』って、単純にお金の『ある』『なし』にかかってくるコトがほとんどな気がするんだよね


「それにさ、もし好きな女に何かあった時さ、『何も考えないでしばらく休め』って言えるくらい(のお金)は、なんかさ、持っていたいんだよね」


と、わたしも思うし、そのために、楽しみながら、殖やしていきたいな~、と思うのです。

ちまちまと、のんびりと、ですけどね^^


いや~、長々と、語っちまいました~。

ここまでおつきあいいただいた方、こんな素人の熱弁を読んでいただいてほんとにありがとうございますm(_ _)m

同じ投資仲間がいらっしゃったら、また遊びに来て下さいね~(たぶんめったに記事にはしないと思いますが^^;)。


あ、近日中にもう一回だけ、本のレビューという形で、お金のことは記事にしたいと思っています。

金持ち父さんシリーズの著者の奥さんが、最近女性向けの本を出して、これがもうすっごくわかりやすい内容で、良かったので。


そして、投資やってみようかな、と思われた方、「投資は自己責任で。ちゃんとしっかり調べましょう」で、どうぞよろしくお願いしますね~。

« 『すべてがFになる』 | トップページ | 『リッチウーマン』 »

money」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク