« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の記事

夏の目標!


ええ~っと、あまりにもせっかちなためか、メンテナンスのお知らせを一日早まってしまいました・・・はずかし~(*^.^*)


くもたんさん、ご指摘アリガトウ!


改めまして、本日21時より、明日の15時まで、メンテナンスにより書き込みなどが制限される模様でございます。


なにとぞよろしゅうに。




さてさて、昨日、あまりにも蚊に刺されまくったことが発端になって、そこからなぜかからだのメンテナンスをせねば、という決意をいたしました。


その時も書きましたが、ワタクシこれから夏本番になってガンガン暑くなってくると、夏バテでてきめんに食欲がなくなり、家に引きこもってぼ~んやり暑さをやり過ごすことになる可能性が高いのですよ。


いつもいつも「体力をつけねば」が合い言葉になっているワタクシですが、それをもっとも痛感するのは、なんといっても夏!


今年こそは、暑さに負けずに夏を乗り切り、秋以降も調子を崩さずに過ごしたい!


脱・虚弱!


てな感じに盛り上がってしまい、いろいろ検索などしてみました。


「体力をつける」って検索ワードでググってみたり(笑)。


そしたらけっこう同じような悩みを抱えてらっしゃる方々がいて、ちょっとうれしかったりして^^


で、検討に検討を重ねた結果。


この夏は、
エアロバイクを毎日30分漕ぎます!!


で、毎日ブログで報告します!!



・・・たった30分かよ!というツッコミは、どうかどうかカンベンしてやって下さい・・・^^;


あ、それから、仕事がせっぱ詰まっているときと、頭痛のタネがある時は除きます・・・。


・・・えーと、このただし書きが実はけっこうクセモノで、この通りにすると、もしかしたら月に半分は決行できない恐れが・・・^^;


ま、仕事の方はなんとかせっぱ詰まらないように頑張ります、ちゃんと漕げる日を増やします。


ただ・・・偏頭痛の兆候がある日は・・・こればっかりは、ヘタに体を動かしちゃうと、地獄の苦しみが待ってるんで、お休みせざるを得ないのです・・・これはしょうがないと、あきらめるしかない。


でもそれ以外の日は、毎日30分漕いで、持久力を付けて、ちょっとのことではへばらない丈夫な体を作るのだ!


さっそく昨日から始めていて、ドラマを録画したものなどを見ながら、汗びっしょりで頑張っております^^



なんかね~、無い物ねだりというか、昔からこういうトレーニング系はスキだったんですよ、なぜか。


スポーツジムの会員だったときもあるし、学生の頃はプールによく通っていたし、市民体育館の安いけど本格的なトレーニング室で週末トレーニングとかしてました(笑)。


あ、でもね、
形だけね^^;



なんせ、フロントバタフライ(座って両腕を開いて器具に引っかけて、胸の前で腕を閉じたり開いたりするヤツです)をやろうとして、全く腕が動かず、顔を真っ赤にして踏ん張ってたら、隣のマシンのおじさんが心配して負荷をめいっぱい下げてくれ、それでも動かなかったので
「片腕ずつやるといいよ」とアドバイスまでしてくれた・・・


というくらい、筋力まるでナシ子なのですorz


じゃあなんでトレーニングするんだって?


そりゃあ「無い物ねだり」と「カッコイイから」ですよ(笑)。


雑誌「Tarzan」の女性版「Jane」も何冊か買ったし、「カラダanan」とか、そういうトレーニング系の雑誌を買って読むだけで、カラダ鍛えた気になったりして(笑)。


形から始まり、形に終わる、みたいな?(武道か)


ま、とにかく、今もスポーツジムに入会しちゃおっかな~って心が揺れ動いてるくらい、トレーニングはスキなんです。


内容はさておき、ね(汗)。


しかし何も外に出かけてお金を払わなくても、せっかく家にエアロバイクがあるんだから、この際ちゃんと漕いでみたらいいんじゃん?と思って。


ヒザにも負担がかからないし、家だから着替える手間もいらないし、スキなテレビを見ながらでもできるしね。


ついでにやせてくれればうれしいんだけど、当面は体力をつけることを一番の目標として頑張っていきたいと思いますp(^^)q


てなわけで、改めまして、昨日7/31(火)、エアロバイク30分漕ぎました!


30分漕ぐと距離にしてだいたい10kmくらいになるらしく(もっと多くなる人もたくさんいるんだろうな~・・・たぶん30分で10kmって少ないと思います、平均的には^^;)。


ワタシ的には、10kmって言われると、なんかすっごく体を動かした感じがして達成感があるんだよなぁ(笑)。


同じ時間でどんどん距離を伸ばしていけたらウレシイし、さらに時間も伸ばしていけたらもっと体力つくかな~。


よぉ~し、明日も頑張るぞ~!(ムリして倒れないように注意します笑)

ココログメンテナンスとな!


むむっ、ココログにメンテナンスが入る模様Σ(゚Д゚)


今日(31日)の21時から明日(8月1日・・・月初めなのに!)の15時までとのことでござる。


かたがた、ご注意召されよ!


コメントへのレスも遅れるやもしれませぬが、メンテナンスが終了次第必ずレスいたしますので、どうかご了承くだされ!

四面そ蚊


週末、法事に出席して参りました。


とってもステキな(?)お坊様で、いつも読経がとても短く(笑)、お寺にいたのは正味30分といったところ。


なのに。


足じゅう蚊に刺されまくりました
ともorz


まずね~、刺されたことに全然気づかなかったっていうことに愕然。


なんでも、若い頃にはよく聞こえていた蚊の羽音が、30歳を過ぎると聞こえにくくなるそうな(周波数の関係らしいです)。


蚊の羽音をキャッチできない年代
になっていたのね、いつの間にか・・・orz


あとね、こういうときって普通、「体温の高いヒトが刺されやすい」とか「男の人が刺されやすい」とか言いませんか?


わたしも、大勢でいるときには刺されることって少なかったのですが。


今回はなぜか、わたしが集中攻撃を受けてしまい、他の人たちは無傷なまま。


・・・なぜ?なぜなの!?

相方(生物理系男子)が言うには、「体温が高くて二酸化炭素排出量が多いからだ」。


・・・歩く環境破壊?


二酸化炭素の排出量が多いということは、新陳代謝がイイともいえるし、逆に腎臓や肝臓の機能が落ちてて
体が酸性に傾いてる良くない状態とも言えるのだそうな。


確かに、冷え性のくせにすぐに体感温度が熱くなる(特に食後とか)ところは、代謝が良いのではと相方にも言われるし、最近肉ばっかり食べてたりして(少食だけど肉好き笑)体は酸性になってそう^^;


特に最近になって刺されやすいっていうことは、からだの調子が急激に変わってきてるってことでは・・・?


蚊に刺されるなんていう妙なところから、急に健康について焦り始めたワタシ。


これは、ちゃんとからだをメンテナンスしないと、ヤバイのかも!


夏バテの季節でもあるし、ちょっと真剣にからだ作りを考えてみようと思います。


ちなみに、足は今もカユカユ。


まるで
熱帯雨林でキケンな伝染病にでもかかってしまったかのように、足じゅうが赤くなっておりますorz


みっともなくて足を出せやしない・・・o( _ _ )o


しばらくは、暑くても足を隠して過ごさねばならぬようですね・・・やれやれ・・・。


鉢カバー


鉢カバーを、購入してみました(先日のラックの写真にもちらりと写っておりましたが)。


Potcover1









もともと家の中にあまり土を入れたくないので、基本的にはグリーンにはハイドロコーンなどを使っています。


で、プラスチックの鉢に植えたりして、なし崩しに過ごして参りました。


本当ならちゃんと鉢にもこだわるべきなんですよね~・・・。


ところが・・・まず、我が家のグリーンは、相方が一目惚れした勢いで買うことが多いので、インテリアとのバランスなどを考えてグリーンを選ぶ・・・ということは、ほとんどできません(ま、できたとしても、バランスのとれたチョイスができるかどうかは不明^^;)。


で、ホームセンターなどで一目惚れしたそれらのグリーンを、同じくその場で間に合わせに購入したプラスチック鉢に植え替えて、いつの間にかそのまま定着してしまう・・・と。


「ちゃんとオシャレな鉢を買おうよ~」と言ったところで、「ええ~?プラスチックの鉢で十分だよ」で終わっちゃうんですよね・・・。


しかも、大きめの陶器の鉢とかって、高いじゃないですか!


これでプラスチック鉢が何個・・・いや何十個買えるんだろう、と思うと、どうしても買うことができず・・・。


でもでもやっぱり、白い陶器の大きな鉢に植えたグリーンを、さわやかに置いてみたい!


ちょうど相方が出張中に、急にそんな衝動に駆られたワタシ(笑)。


で、注文しちゃいました^^;


ただし。


実はこれ、陶器じゃなくて、
樹脂でできてるんですよ~。


陶器のようなツヤもあるし、樹脂製なのですごく軽い。


で、お値段も陶器に比べたらお手頃。


あ、樹脂なので、これに直接植え替えることはできないんです。

ほんとに、あくまでも、カバーですね。


で、こんな感じになりました。


Green







ま、プラスチックよりは、イイ感じになったかな~・・・と、一応自己満足。


ちゃんとした陶器に比べたら質感では劣りますが、今までに比べたら十分ではないかと(あくまでも当社比^^;)。


部屋の雰囲気も、少しさっぱりした感じになりました。


やっぱり色って大事なんだな~・・・いろんな色のプラスチック鉢があるだけでも、なんとなくごちゃごちゃして見えましたしね。


ポトスの方はどんどん先が伸びてきて、そのたびに相方が水差しして増やしているのですが、増えた分を植え替えるときは、今度こそちゃんと白い陶器の鉢にするぞ!



・・・てか、ぶっちゃけこれ以上増えなくてもいいんだけどな~・・・リビング中グリーンだらけになっちゃう日も、そう遠くないのかも・・・?^^;

居眠り磐音


みなさま、ご覧になりました~?

NHKドラマ「陽炎の辻 居眠り磐音 江戸双紙」!


・・・ってなんか、NHKのアナウンサーのベタなフリみたいだな・・・。


いや~でもなんせヤマコー久々の時代劇ですからね!


え?ヤマコー?やだ~もう、山本耕史くんですわよ~^^


ヤマコー、NHKと来りゃ、アナタ、「新選組!」鬼の副長・土方歳三でしょう!


三谷組なワタクシとしましては(いや、素人は、三谷組には入れないから^^;)、三谷幸喜脚本の大河ドラマ「新選組!」は当然ハマリまくり、番宣録画しまくり、DVD-BOX買いまくりでしたから、必然的にヤマコーには週2ペースくらいでお目にかかり。


するってえと(江戸っ子かい?)必然的にヤマコーファンにならざるを得ず(でも総長にはかなわないけどネ、てへ☆)。


現代ドラマもよいのですが、やはりヤマコーにはぜひに着物を着てほしかった!


というわけで、待ってましたよ、時代劇!


原作はまだ読んでいないのですが、けっこう人気あるみたいですよね?

さっそく図書館に予約せねば~。


初回である先週は、前半は非常につらかった・・・さわやかな若人たちの青春が、あっという間に悪いヤツラの陰謀に黒々と塗り込められていって・・・そんなぁ~(泣)って目を背けてしまいたかった。


でもこれがあって、江戸に来てから磐音が見せる一抹の陰が生きて来るんですもんね・・・。


ヤマコーのすごいなぁと思うところは、ま、俳優さんなんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど、ほんとに全く違う人間になってしまうところ。


土方の時の、頑固でワルででも憎めなくて、っていう表情から一変して、素直でまっすぐで優しくてっていう磐音の顔に、ちゃんと変わってる。


ミタニン曰くは、普段のヤマコーはどちらかと言えば土方タイプ、けっこうワル(イイ意味でね)だし、アツいし、女性が好きだし(笑)って感じのようですが。


でも、磐音のジェントルな穏やかさや優しさには、そんな点は微塵も感じられず・・・ヤマコーってホントはこういう人なのでは・・・なんてポーッとしてしまったりして・・・いやいや、ダマされちゃイカンイカン(笑)。


でもまた、ヤマコー+着物=色気、という構図も捨てがたく・・・。


穏やか、優しい、男の色気、といろんなところでうっとりしちゃうのでございます^^


ま、他にも、わたしの好きな中越典子ちゃん(だってかわいーんだもん^^)や原田夏希ちゃん(てか、この辺は朝ドラ枠か?)、渡辺いっけい、高橋克実などなど、キャストもイイ感じなので、これからも見続けますよ!


原作も結構続いてるようなので、早くも、求む!シリーズ化!


・・・しかしNHKさんよ・・・ホームページで、あんまりネタバレしちゃあいけませんぜ・・・人物紹介で身の上を先の先まで書いちゃってどうするんですか・・・読んじまったじゃないのさorz


ま、まあまあ、読んだことは忘れよう・・・。


えーと、毎週木曜午後8時、ってことは明日なんで、興味のある方はぜひぜひご覧あそばせ~!

DVDラック


我が家のリビングで一番のお気に入り、回転ラックです^^


Rack_1







DVDレコーダーを買ってからというもの、テレビで映画の放送があれば録画してダビング、お気に入りのドラマの再放送があれば録画してダビング、と、DVDを増やし放題に増やしてきました。


最初は100均のプラスチックラックに入れたりしていたものの、それが3つも4つも部屋中に転がってくるに及んで、このままじゃイカン!と一大決心。


ちゃんとしたラックを買おう、ということになり、一年前くらいにベルメゾンで購入しました。


結構背が高いので、組立にはやや苦労しましたが。


できあがって、DVDを入れてみると・・・すっごくイイんです!


どうもわたしは
限定的に分類好きになるらしく(笑)、ごちゃごちゃなところはごちゃごちゃなままなのですが、こういうものはマメマメしく分類しちゃうんですね。


DVD-Rのケースの背には、ネームランド(テプラみたいなの)でタイトルを作って貼り、この棚はアクション映画、この棚はラブコメ、この棚はドラマ、などなどせっせと分類。


写真などの色がうるさく感じられるセルDVDは一番下の段に、目に入る高さの段は同じメーカーのDVD-Rをそろえてシンプルに。


あ、ちなみにヒマとやる気があれば、DVD-Rに映画やドラマの画像を印刷することも(結構凝り性?)。


コレクションが充実してきてからは、新作が出たときぐらいしかレンタル屋に行かなくなりました。


週末の夜や、相方が出張の時などは、「何見よっかな~」とこのラックをくるくる回しながら、ニヤニヤしてしまう(変)。


朝DVD-Rのケースが出しっぱなしになっているのを見て、相方が夜中に見た映画がわかったりして(飽きずに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とか何回も見てますよ^^;)。


このラックじゃなかったら、出しっぱなしに噛みつくところですが(怖)、ラックをくるくる回しながら棚に戻すのもまた楽しいので、大目に見ておくか、ということで(笑)。


色も形もお気に入りの、スグレモノの逸品でございます。


次の課題は、このラックに収まる分の量しかDVDを持たないこと。


もうすぐあふれそうなんで・・・そうなったら見ないものは捨てなきゃね・・・できるかな・・・(不安)。


その時にはまた、捨て神様に降臨してもらおうかね・・・(他力本願)。

今からお供え物の準備でもしておこうっと^^;

偏頭痛再び


以前も記事にした、持病の偏頭痛ですが。


どうも最近パターンが決まって参りました。


生理4日目、5日目になると、朝からもやもやと頭痛のタネがあって、昼頃から痛みが本格化、夕方に薬を飲み、夜はだるくてしかたない、という(泣)。


こりゃ~完全にホルモンバランスの影響ですな~・・・。


ま、パターンがわかれば、またそれなりに気持ちも落ち着いて、淡々と対処できるとも言えるのですが。


しかし、決まって痛くなる、というのは、それはそれで憂鬱なものですね・・・。


漢方薬もマメに飲むようにしてるし、偏頭痛に良くないと言われるチョコレートやチーズなども、大好物にもかかわらず(泣)この周期の近辺には食べるのを控えたり。

鎮痛薬も我慢せずに早めに飲むようにしたり(とは言ってもまだムダな抵抗はしておりますが^^;)。


鎮痛薬が100%効いてくれるのだけが、救いなのです。


が。


この鎮痛薬・・・副作用もあって。


まず、体の関節がだる~くなる。


で、熱いものを飲むと舌がビリビリ、お風呂に入ると肌がビリビリ、痛くなるのですよ~。


薬剤師さんによると、熱い液体でビリビリっていう副作用は聞いたことナイらしいんですけど、「ええ~、じゃあ新たな副作用としてぜひ報告してくださ~い(笑)」と力説してしまった^^;


でもこんな副作用なんて、偏頭痛の痛みに比べたらいくらでもガマンできるわ!


・・・って思って信じてたのに・・・とうとう昨日は、この鎮痛薬ですら効き目が薄くなるような、猛烈な偏頭痛に見舞われました・・・orz


正確に言えば、効いたことは効いたのですが、効き始めるのがいつもよりもすっごく遅くて、2時間近く唸った末に、ガマンできず布団にもぐりこんでしまった・・・(泣)。


気圧の影響とかもあるのかもな~・・・暑さとかもね~・・・。


ま、この2日間を乗り切れば、あとはチョコでもチーズでも暑さでも何でも来い!なので、頑張りますp(^^)q


せめて頭痛のないときは、楽しくさわやかに過ごすぞぉ~!

ハリポタいいなぁ~・・・


今日って・・・ハリー・ポッター最終巻の発売日なんですよね~。


てか、今、「さいしゅうかん」って打って変換させたら
「再収監」って変換したぞ(笑)。

再び収監されてどうすんだ、てか、どこに収監されるの?やっぱりアズカバン?


あ~朝からちょっとだけ笑わせてもらいました^^


ま、それはさておき。


今朝の8時1分(なんで?8時ジャストじゃダメなの?)から一斉発売なのだそうですが・・・
原書なんだよね・・・。


んも~読む気満々の方々もけっこういらっしゃるようだし、何せ日本語版発売まではあと少なくとも1年待たなきゃいけないかと思うと、気持ちははやりますよ、確かに。


でも、原書なんだよね・・・o( _ _ )o


どう考えてもわたしの英語力で読めるわけがないorz


辞書を駆使して、骨組みはわかったとしても、魔法系の言葉やら、故意に綴りをおかしくしているところやら、人の名前やら、そういうところでつまずくのは目に見えているじゃありませんか・・・。


たどたどしく読んでいるうちに、前の方の内容をどんどん忘れていきそうだしな・・・。


いやいや、そもそも子供向けの本なんだから、英語もそんなに難しくないですよ~という方もいらっしゃいます。


しかも、独特な用語をちゃんと解説してくれているこんな本(「ハリー・ポッター」 Vol.6が英語で楽しく読める本 )も世の中にはあるらしい(発売日を見た感じでは、原書の発売から半年後くらいにはなっちゃうのかな?)。


するってーと、やっぱり原書で読んでしまいたいような気にもなったり・・・。


買って、がんばって、読んでみようか・・・。


それとも、1年以上待ってでも、一気に読み通せる日本語版で楽しむべきか・・・。


ああ、揺れる乙女心・・・(いや、乙女心関係ないし。てか、乙女でもないし)。


こんな悩んでいるうちに、世界中でネタバレ攻撃が飛びかいそうだしな~・・・。


あああ、英語でさらさらっ、さくさくっと読める人々がウラヤマシイよ~!


人はこんな時、「英語勉強しよう!」って思うものなのね・・・。


ま、買ったら報告します・・・買わないと思うけどネ、てへっ☆

どこでもヨガ!


先日「買うぞ!」と鼻息荒かった、ニンテンドーDSソフトの「どこでもヨガ」、買いましたよ~!


どこでもヨガ どこでもヨガ

販売元:コナミデジタルエンタテインメント
発売日:2007/07/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ええ、もちろん、発売日当日に買って参りましたとも^^


で、さっそく使ってますが・・・これ、イイですよ!


一番良かったのは、やっぱり「myヨガ」機能ですね。


「朝ヨガ」と「夜ヨガ」の、ごくごく短いプログラムをさっそく組んでみました。


一つ一つのポーズについて、それぞれ「エナジー」「ストレッチ」「バランス」を星5つまでの数で評価してくれているので、朝ならエナジー度高めのポーズを、夜はバランス度高めのポーズを、と選ぶことができて。


プログラムを組むと、トータルで何分かかるか、星の数は全部でいくつになるか、などを自動的に出してくれるので、欲張りすぎず、控えめすぎずのメニュー作りができます。


で、実際スタートさせると、始まりには「ヨガを始めましょう」って一声かけてくれるし、ポーズとポーズの間もゆったりと、流れるようにつないでくれてます。


ほら、唐突にポーズから始まったり、間がぷつっと途切れたりぎくしゃくしたりするのって、流れを悪くするじゃないですか?


こんなに流れるように作れるんだな~って、妙に感激^^


ポーズをとっている間のカウントはなくて、それがちょっと不満かな・・・次のポーズに移る時間を考えると、一つのポーズの時間もやや速いように感じるし・・・ま、これも人それぞれなんでしょうけどね。


で、プログラムの最後には、また一声かけてくれて、「お疲れさまでした」って終わってくれます。


これもまた、ぷつっと切れちゃうよりもはるかに気持ちいいですよね。


そうそう、自分でプログラム組むのなんて面倒だよ~って人も、
最初から「プチヨガ」コースが山のように用意されてるので、大丈夫。


「やる気を出したい」とか「ウエストを引き締めたい」とか「眠れない・・・」とか、細か~いニーズに合わせた、4~5分のメニューがたくさんあって、とても全部は試せないな・・・ってほどです^^;


ぶっちゃけ自分でプログラムなんて組まなくても、こっちのコース選んでやってりゃいいんじゃないか・・・ってくらいです(笑)。


実写ではなくて・・・アニメ?なのですが、動きはわりとリアルだし、違和感はないですね。


というより、むしろ実写よりわかりやすいかも。


例の、タッチペンでポーズを回転させていろんな方向から見ることができるって機能も、やってみるとすっごい便利。


真横から見ると?とか、後ろから見ると?なんてのをすぐに確認できて、「ああ~、このポーズってこうなってるんだ~」なんて改めて意識することができたり。


あと、体のどこに効果が現れるか、という「ストレッチポイント」もすごくわかりやすくていいですよ~。


ここを伸ばすんだな~なんていうのを、意識しやすくなる。


モデルのアニメお姉さんが着せ替えできたり、ヨガマットとかも変えられたり、さらにレッスン時間を積み重ねると、着せ替えの選択肢が増えますよ~なんていう、しょーもない機能もついてま~す(汗)。


てか、モデルのアニメお姉さんが三姉妹で、クールな長女、平均的な次女、愛くるしい三女、お好きな人を選べますよ☆っていう機能がついてるのも、どうかと思うんだけどね・・・orz


ちなみにわたしは、クールな長女でやってますが、服装はデフォルトです(笑)。


というわけで、他の人々のレビューを待ちきれずに、せっかち全開で買ったソフトでしたが、正解だったということで、良かった良かった♪


もしこれから買おうかな~なんて考えている方は、いろんな人のレビューや、コナミのホームページなどを熟読して検討してみてくださいね~^^


『リッチウーマン』


昨日の記事で、熱くアツく、お金について語らせていただきました。


そして、コメントもたくさんいただけて本当に本当にうれしかったです!


いやほら、お金の話題なんで、コメントゼロかなぁ・・・なんて思っていたので。


でもやっぱり、お金のことを話し合うって、大事だし、有意義だな~としみじみ思ってうれしかったです^^


その記事の最後の方で、お金に関してはもう一度、本のレビューの形で記事を書きます、と予告しておりました。


もう勢いのままに、毒を食らわば皿までで(?)、アップしちゃいますね~。


これが、その本です。



リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

著者:キム・キヨサキ
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


すでに有名な『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズの著者、ロバート・キヨサキ氏の奥様である、キム・キヨサキさんが書いた、女性向けの本です。


金持ち父さんシリーズは、半分くらい図書館で借りて読んだかな・・・で、そのうち2冊を買って、時々読んでいます。


内容すべてに共感できるわけではないし、実現がムズカシイことも多いけど。



でも、「
生活を維持するお金を稼ぐために働き通して、結局お金を稼ぐためだけの生活になって終わってしまう」という、矛盾めいた現実を、それはイヤだな~、そうなりたくないな~としみじみ思わせてくれる本ではありました。


で、投資への意欲を支えてもらったのは事実なんですが、いかんせん男性の視点からの内容なんですよね~。


お金のことを心配せずに、安心して暮らしたい、というのは男女共通だけど、もっと
女性の視点から投資について語ってくれる本があればいいのに、ってずっと思ってたんです。


でも、女性がお金の本を書くと、どうしても「節約」か「保険・年金」の分野になってしまって。


節約の本も嫌いじゃないし、良く読むし、実践もしてますが(笑)、もっと、
「減らす」ほうじゃなくて「増やす」ほうの視点はないものか


で、やっと、この本が出てくれたんですよ。


初版が7月10日なので、ほんとに出たばっかり。

本屋で見かけて、内容をぱらぱらと見ただけでもう、「これだ~!」ってうれしくなって、レジに持っていっちゃいました。


この本は、女性の置かれている状況や女性の持つ特性などを踏まえながら、
なぜ女性が投資をすべきなのか、説明してくれています。


まず、本の帯のところにある言葉が、「まさに!」って感じなんです。


「夫や家族、会社、政府に頼らずに、経済的に自立していたいと望むすべての女性に贈ります」


ね?どうですか?


わたしもそう思う!!って人がたくさんいたらウレシイな~。



ところでちなみに・・・今、家族の中の働き手が全員働けなくなったとして、何ヶ月生き延びられるか?


これを、著者のキムは「裕福度」と言っています。


え~、今すぐに現金化できる資産(預貯金とか?)と、働かなくても入ってくる一ヶ月の収入(貯金の利子とか)の合計を、一ヶ月の生活費で割ってみてください。


その数字が、
今仕事を辞めて何ヶ月生き延びられるか、ということ。


「5」だったら5ヶ月だし、「24」だったら2年だし。


え?うち?・・・そりゃあヒミツですよ(逆ギレ?^^;)


それ以降は誰かが働かない限り(働き口があればだけど・・・)、あとは国に保護してもらうしかない。


そうなったら・・・どうします?


さて、またまたアツくなっちゃいそうなので(笑)、この本のレビューについては、ここからまた折りたたみますね。


もし興味があったら、続きを読んでみて下さいね~(またまた長いけど^^;)。

続きを読む "『リッチウーマン』" »

ご趣味は?-投資です。


ええ~と、先日このようなモノが届きました。



Yuutai










ハウス食品さんからの、株主優待品です。


ええ、ワタクシ、株主なんですの・・・。


実は、わたし・・・
投資が趣味なんです・・・。


ああ・・・今かなりの人が引きましたね・・・。


わかります、わかりますよ。


投資って、なんか
キケンなイメージあるし(ま、こんなワタシがちょっとでもやれてるんだから、そこそこ安心なんですけどね~)。


それに、お金の話って、なんとなく人前ではしちゃいけないような、タブーな感覚がありますしね・・・。


わたしも、投資の話は友達にはほとんどしません・・・なんだかやっぱり話しづらくて。


でも・・・でも・・・真剣にお金のことを話すのも、やっぱりダメなのかしら?


同じふうにお金のことを真剣に話してみたい、っていう人も、いるかもしれない・・・かな?そうだったらいいな~・・・。


ということで、本日は、ここから先は折りたたみますね。


長く、アツく語ってしまう予定ですので(笑)、興味のある方、しばらくおつきあい下さいませ~。

続きを読む "ご趣味は?-投資です。" »

『すべてがFになる』


なんだか、台風、地震と、一度にいろいろな災害がやってきましたね・・・。

次々と新しい災害に目が向いてしまうけれど、前の災害から復旧する途上にある方々もまだたくさんいらっしゃるんですよね・・・。

自分もいつ当事者になるか本当にわからないですし。

一日も早く復旧が進むこと、一日も早く被災者の方々が安全に安心して暮らせるようになることを、心から祈っています。




さて。


今日は久々に、小説のレビューです。


何年か前に、モーレツにハマった、推理小説です(先日ちらりと表紙をお見せしました・・・あっ、表紙が変わってる!)。



すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公の西之園萌絵は、N大工学部の学生。


亡き父は元N大総長、叔父は県警本部長、叔母は県知事夫人、という生粋のお嬢様。


両親を飛行機事故で亡くして以来、自らがオーナーである高層マンションの、最上階(とその下の階の2階分)に執事と暮らしています。


お嬢様なだけでなく、ものすごく頭の切れる彼女が、偶然出会う殺人事件を解決していくシリーズで、これはその一冊目です。


で、パートナーになるのが、彼女の父の教え子である、N大の犀川助教授(萌絵の指導教官でもある)。


テレビも新聞も見ない、服装にもかまわない、ちょっと浮世離れした感じの人ですが、実はこの人も相当頭が切れる。


別に事件解決には何ら興味はないんだけど、萌絵に巻き込まれる形で、結果的には彼の力が事件を解決していきます。


このシリーズは、
理系ミステリとも言われていて、コンピューターとか数学とかそういう理系要素が山ほど出てきて、文系のわたしにはついていくのが非常にムズカシイ。


それに、萌絵にしても犀川先生にしても、ものすご~く能力が高くて。


萌絵は5桁同士の掛け算を瞬時にやってしまうし、あみだくじは2秒もあれば見切ってしまう。


二人とも、一切メモは取らない・・・メモを取らなければならないほど「脳細胞が老化していない」から(スミマセンね~、メモ魔で・・・orz)。


本の中で、ものすごい計算がめまぐるしく解かれていくのを読んでいると、
自分がとてつもなく馬鹿に思えてきて、泣きそうになります(笑)。


以前どなたかのブログで、「作者の森氏はドSだ」って書いてましたけど、そんな気もする・・・^^;


いかに読み手の能力が低いか、ってことを、まざまざと思い知らせるって点で作者がSってことで、それでも読んじゃうんだから、読者はMなのかもね・・・。


いや、もちろん、本の中のことだから、いくらでも天才を描けるでしょ、ってお思いかもしれませんが。


でも、読んでみるとわかるんですけど・・・登場人物の造型がすでに、想像を超えているというか・・・実際にその感覚を知っていないと描けないよな~って思うんですよ。


実際に作者が、そういう計算能力や、思考回路を持っていないと、描けない気がする。


作者は実際に現役の国立大(N大学^^)の助教授だし、犀川先生は作者の分身・・・っていうと言い過ぎかもしれないけど、経験とか思想とかはある程度反映されていると思うし。


で、そういう人たちの頭の中って、こんなふうになってるんだな~って思うと、あまりの回転の速さに・・・同じ人間なのかな・・・って、さらに落ち込みます(泣)。


で、単なる数学的能力だけじゃなくて、なんていうか・・・哲学的な思考も、随所にちりばめられています。

「現実とは、現実とは何かと考える瞬間にだけ、人間の思考に現れる幻想だ」

とか。

「人間はシンボルによって思考する。言葉や文字で思考するのではない。言葉も文字もシンボルの一部でしかない」

とか。


深く深く、考え込んでしまうような言葉があちこちに出てきて、数学同様に頭を悩ませます。


・・・やっぱり、この本読むのって、Mだよなぁ~・・・(笑)。


萌絵と犀川先生だけでなく、このシリーズは犯人たちもこんな感じなんで、読んでるとほんとに・・・自分がこういう思考ができないということを、残念に思ってしまいますね・・・。


もともとは、ものすご~く尊敬する年上の方から、「おもしろいよ~」って勧められたのですが、読んでみて、すごくうれしかったのを覚えています。


なぜならば、こういうものを共有するに足る人間だと思ってもらえた、と思ったから。


光栄で体が震えるほどでした。


と同時に、これが本当に理解できるようにならなきゃ、と思って、背筋が伸びたものでした。


ま、あんまり気張りすぎて、本を読む楽しみから遠ざかっちゃった面がありますけどね(笑)。


最近ようやく、その頃の若かった自分(笑)のことも客観的に見られるようになってきて、同時に、このシリーズも気負わず読めるようになった気がします。


肩の力を抜いて読んでみれば、トリックも謎解きも素直におもしろいし、犀川先生にアタックする萌絵の奮闘ぶりとか、二人の微妙な関係の行く末とか、いろいろ楽しめる要素も満載だし。


ほんと、自分に合った楽しみ方をしないとね~( - -) トオイメ


あ、全然『すべてがFになる』自体の感想になってませんけど(笑)、シリーズでは一番凝ってておもしろいと思いますし、これを読んだらぜひシリーズ10冊を全部読んでほしいです。

少なくとも、6冊目の『幻惑の死と使途』までは楽しめると思います。

その先は・・・わたしは、ちょっと辛かったですね・・・難しくて。


一番気に入っているのは、5冊目の『封印再度』です。

トリックもスキだし、萌絵と犀川先生が、なかなか、イイ感じなんですよ^^


てな感じで、楽しみ方はほんとに人それぞれだと思います。


興味を持った方、ぜひ読んでみて下さいね~(特にMの方にはオススメ・・・かも^^;)。


めちゃめちゃタイピング


え~、本日はいつにも増してどうでもいい話題をお一つ(笑)。


みなさん、キータッチって、どのくらいのスムーズさでなさってます?


わたしは、タッチタイピングができるようになりたい!と、昔それらしきソフトを買って練習もしましたが、結局習得できずに、今も自己流でたどたどしくタイピングしております。


そもそも職場でも、一日中パソコンに向かっている職種ではなかったので、あまり必要性がなかったのも、上達できなかった原因かも。


そんなわたしが、ブログを始めてからというもの、毎日けっこうな量の文字をタイピングすることになり。


で、今一番困っているのが、
打ち間違いのあまりのひどさ、なんですorz


ローマ字入力で、しかもせっかちなためなのか、いろんな単語を打ち間違える。


一番ヒドイのは、
MとN・・・マ行とナ行の間違いです。


「なま」と打ちたいときは、
必ず一度「まな」と打ち間違えてから、もう一度頭の中で確認しつつ「な、ま、・・」とじっくり打ち直す、という手順が外せません。


まなえ(名前)」とか「なまんで(学んで)」とか「なめ(まね)」とか・・・よくもまあこれだけ毎回完璧に打ち間違えるもんだ・・・。


あと最近なぜか増えてきたのが、SとZ・・・サ行とザ行の混同。

「ごさいます」とか「ぞうなんでず」みたいな、あり得ない間違いをしょっちゅうしちゃう^^;


あと、「ディ」も必ず一回は「ヂ」って打っちゃうし・・・どのキーとどのキーの組み合わせがどの文字になるか、っていうのが、どうも曖昧なんですよね~・・・。


これは、ローマ字の成り立ちが、そもそもよくわかってないってことなのかも・・・orz


もう一度五十音図をよく見て、勉強し直さなきゃダメかな・・・。


あ、あとね~、「しゃ」を打つときに、せっかちがモロに出てしまって、「
さh」とか「hさ」とか、これまたあり得ない状態になっちゃったりね~(笑)。


そのたびに、「んも~~~っ」って言いながら消して、もう一回打ち直して、また間違えてまた戻って・・・みたいな。


あ、あとね、もう一つ、キーを力一杯叩いてしまうクセがあるのも、ちょっと直したいと思ってます^^;


昔職場でハッと気がつくと、一人だけキーボードを叩き壊してるような音を立てて、しごと
してたいりsてね・・・・・ ←ええ、こんな感じに打ち間違えてるんです、いつも・・・orz

ちなみに、本当は「仕事してたりしてね」と打ちたかったんです・・・。


とりあえず・・・落ち着くべき?

そうね・・・そうよね・・・慎重に打たなきゃダメよね・・・。


ゆっくりゆっくり・・・あ~~~これはこれでストレスがたまるよ~!


結局のところは、今まで通り、一度下書きをして、ちゃんと読み直して、修正してからアップする、というやり方でいくしかないかな~。


タッチタイピングできる人たちがウラヤマシイよ~!(練習しろ)

『cafe-sweets』


ついに買ってしまいましたよ、「cafe-sweets」。



Cafesweets








あ、ちなみにこれは、前の号です。

もたもたしてるうちに、新しい号が出てしまった^^;


「cafe-sweets」は、いつもいつも気になっていて、新聞広告の見出しを見ては、うっとりため息。


本屋で立ち読みしては、買おうかどうか激しく悩む(結局買わず)。


結構高いんですよね~、この雑誌。


でも!

今回は、なかば衝動買いしてしまいましたっ!


だって、メインの特集が
「10坪以下が増加中!?小さな店の開業事例30」だし!


その他にも
「紅茶店ニューウェーブ」「写真入りメニューをWordでつくろう!」などなど、こころ惹かれる特集もあるし。


こりゃ~もう買うしかないっしょ!


・・・えっと、開業予定は、全くナイですよ、ハイ^^;


でもね~、写真がふんだんに載っているので、インテリアの勉強にもなるし、特に今回のメイン特集は、どんなに狭いスペースでも工夫次第でカフェらしくできるっていう実例ばかりで、なるほどの嵐でした。


わたしの憧れ、ブックカフェも載ってたしね。


たった4坪!のスペースに、壁一面に本を収納して、テーブルなしのベンチだけのコーナーもあって、コーヒーにはクッキーを添えて、チャイもあって、食事は近くの店から出前もOK、でも飲み食いナシで読書だけでもOK、というおおらかさ^^

夜にはアルコールも出すんだそうな。


音楽のことには触れられてないけど、やっぱりこの空間にはボリュームをごくごく絞ったジャズを流したいな~( - -) トオイメ


好きな飲み物を飲みながら、静かに本を読める隠れ家みたいな空間・・・ほんと、憧れます。


紅茶店特集の方も、気張らない感じのアフタヌーンティーセットや、いろんなスイーツやフードメニューのセレクト、もちろん紅茶の淹れ方、お客への出し方などなど、オシャレでステキなお店ばかり。


それから、特集の合間合間に載っている、
厨房機器の広告がまたたまりません!(笑)


業務用って・・・こころ惹かれません?


いつか合羽橋で業務用のいろんなグッズを買いまくるのが夢なんだよな~・・・(うっとり☆)


「このオーブンかっこい~!」「エスプレッソマシンはやっぱシルバーのピカピカなのがいいなぁ~」などなど、たぶん一生買うことはありませんが、本気で選んでしまい^^;


これ一冊でめちゃくちゃ楽しめました!


今号の特集はなんだったかな・・・覚えてないということは、ワタシ的にはキャッチーじゃなかったみたいなので、また次号を楽しみにしたいと思います。


それまでの間は、たぶんこれ一冊で、ず~~~っと夢を見ていることでありましょう・・・(安上がり)( - -) トオイメ

ほぼ日タオル


ほぼ日グッズ、第3弾!



Towel









ほぼ日タオルで~す☆


正確には「ほぼ日 やさしいタオル 2007」。

こんな感じにラッピングされて届きます。かわい~でしょ?


タオルにはほんの少しだけこだわりがあって・・・それは、とにかくできることなら
いついつまでも、ふんわり柔らかくあってほしい、ということ。


あ、柔軟剤を使えばいいんですよね・・・でもね・・・別にこれはこだわりではなく、単に「面倒」で、使ってないんです。


もっと正確に言うと、「忘れちゃう」のね・・・orz


洗濯し終わってから「あっ柔軟剤!」っことばっかりでね~。


だから、普通に洗濯して、ちゃんと柔らかい、っていうのが条件なんです(どんだけズボラな・・・)。


でもって、無捻糸タオル、とかいろいろ試してはみるんだけど、イイものもあったんだけど、期待はずれなものも多くて、イイものは取り扱いがなくなっちゃったりして、タオル漂流民だったんです。


そこに、ほぼ日のタオルですよ( ̄ー ̄)ニヤリ


アメリカ南西部で作られている「ピマ・コットン」なる「超長繊維綿」(長~い繊維の綿なんだって。エジプト綿もこの仲間だそうな)で作られたタオル!


軽く縒ったその綿を2本合わせて「まっすぐでふわふわ」な糸を作り、さらに加工して何度洗濯してもふわふわ感がキープできるように、そして織りにも工夫を加えて密度の濃い耐久性バツグンの生地に!


・・・ええ、ハイ、踊ってます、踊ってますよ~(笑)。


片面がガーゼで片面がパイルなので、かさも減って持ち歩きやすくしまいやすい。


こっちがガーゼ面(柄つき)。


Towel2










で、こっちがパイル面(無地)。



Towel3










ま、なにせ何度洗っても柔らかいというんだから、これは試しに買ってみなくちゃあ、と


し か し。


ほぼ日ストアのご多分に漏れず、
高い!


ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルとあるけれど・・・最初からバスタオルはあまりにも冒険かも。


で、最初の年は一番安いハンドタオルを(笑)。


使ってみたら、ほんっとにふわっふわ^^

で、洗っても洗っても、同じようにやわ~らか。


スバラシイ!(感涙)


で、今年はついに、バスタオルを購入!・・・2枚だけ。


替えの分まで一気に購入はできなかったので(予算の都合上^^;)、ふわふわとごわごわを交互に楽しんでいくことにしました(強がり)。


これがまた、柄がね~、カワイイんですよ!


毎年少しずつ変わるんだけど。


タータンチェック、ギンガムチェック、ストライプ・・・無地でも、色がベビーピンクとかベビーブルーとかほんっとにカワイイ色でね~^^


バスタオルは、なんとなくいつもわたしが水色、相方はベージュでそろえているので、今回は水色のギンガムと、ベージュのタータンにしてみました。


お風呂上がりにこのバスタオルをふわっとのせると、みるみるうちに水分が吸い込まれていって、肌触りはやわらか~くて、無駄にいつまでもくるまってしまう(笑)。


これからほぼ日ストアが続く限り、毎年少しずつ集めていこうと思ってます。



・・・ま、しっかし、毎回言ってるけど、どんだけほぼ日で買ってるんだかね~・・・ほんっと、回し者だよな~(笑)。


こんだけ買ってるんだから(&宣伝してるんだから)、来年のほぼ日手帳カレンダーかタオルを、どれか一つオマケしてくれないかな~>ほぼ日乗組員のみなさま☆



までもきっと、世の中にはもっと猛烈に購入なさってるツワモノがいらっしゃるのだとは思うので・・・これからも、身の程に合わせて、地道に買い物を楽しませていただきま~す^^


緊急メンテとマドレーヌ


コメント欄にも書きましたが、昨日一日(というかおとといの夜から?)ココログさん、緊急メンテナンスが入ったとのことで、レスを受け付けてくれず・・・結果、レスが大変遅くなってしまいました。


本当にごめんなさいm(_ _)m


一日中じれったい思いを抱えて過ごしておりました。


さてさて・・・そんな中、少しでも気を静めるために(?)マドレーヌを焼いてみました(先日のペストリーボードは全く出番ナシのレシピです^^;)


Madeleine_2









焼き菓子の中で何が一番スキかと言われたら、やっぱりマドレーヌと答えてしまいますね~。

しっとりしてて、甘くて、自然と顔がほころんでしまう・・・^^


でも、いざ買うとなると、なんとなくもったいないような・・・たぶん、頭の中で
「マドレーヌはお客さま用」みたいな刷り込みがされているらしく、自分で食べるためにマドレーヌを買うなんて贅沢な!っていう気がしてしまう。


貧乏性だなぁ(笑)。


で、結局マドレーヌを食べるのは、年に何度かいただいたときくらい。


自分で焼ければな~とも思うのですが、バターをたくさん使うイメージがあって、これまた贅沢な気がしちゃって(ますます貧乏性な発言^^;)。


そしたら、先日またまたクックパッドで、ホットケーキミックスを使ったマドレーヌのレシピを発見(ホットケーキミックスばっかりでスミマセンね~(^^ゞ)。

レシピ ホットケーキミックスで簡単マドレーヌ by pocky25



これをちょっとアレンジして、バターを植物油にして量も半分に。

砂糖も少し減らして、甘さ控えめで作ってみました。


バターを使ったときのような、しっとり豊かな感じは薄れますが(笑)、それなりにマドレーヌな感じに仕上がりましたよ~(ちょっと焼き色は濃いけど^^;)


最初はマフィンカップで作ったのですが、今回は100均でマドレーヌ用のカップを買ってきて作ったら、よりそれらしくなった気が。


お茶の時間がちょっと贅沢な感じになったかな~^^


すっごくカンタンに作れるので、これからはマドレーヌも頻繁に食べられそうです(^^ゞ

ラベンダー畑


先日、ずっとずっと念願だった、ラベンダー畑を見てきました。

Lavender2









もうほんっとに、ず~~~~っと憧れで、本当は富良野に行きたいところだけれど、時間もお金もナイので(笑)、車で1時間くらいで行けるハーブ園に行くことに。


で・・・憧れのモノって・・・長年憧れているうちに、どんどん妄想が広がっちゃいませんか・・・?


でもって、実際目の前にすると、あ・・・あれ・・・?ってなっちゃったり・・・。


えっと・・・ラベンダー畑って・・・
香りはしないんですね・・・?


あとね・・・足の踏み場もないくらいに、わっさわっさとラベンダーが密集しているワケじゃないんですね・・・?


いや、考えてみればそうなんですよね、ラベンダーっていうのはこう、もこもこっと丸く育つわけで、しかも畝も必要なわけで、そうするとこう、整然と畑のように植わってるのが、正しいんですよね・・・。

Lavender3









いや~ん、足元がラベンダーで埋まっちゃって見えなぁ~い☆

ラベンダーのすっごくいい香りが空気の中にも漂ってるぅ~♪


・・・ってのは、妄想だったみたいな・・・?orz


いや、でも、キレイでしたよ、とっても!


ラベンダーの色ってすっごくスキなので、眼下に一面ラベンダーが広がっているのを見たときには、わぁ~~~~!って感激でした。


ラベンダー摘み放題、というコースもあったのですが、とりあえず断念。


なぜならば・・・ハチがいっぱい飛んでたから(汗)。

Lavender4









ラベンダーとたわむれるハチくん・・・こうやって見てるだけだとカワイイんだけどね~。


帰りには併設のショップで、ラベンダーの苗をお買い上げ。

さっそく鉢を買って植え替えましたよ、うちのグリーンフィンガーが。

Lavender









相方が「葉っぱをさわってみ~」と言うので触ってみたら、指にラベンダーの香りが移ってる!


「シソ科の植物だからね~」と、生物系の理系男子はのたまっておりました。

文系女子には「へぇ~へぇ~」な衝撃でした(ご存じの方もたくさんいらっしゃるのでしょうが・・・^^;)。


花が咲くのは来年かな~、楽しみだな~^^


ラベンダーの夢と現実と、新たな夢を、いっぺんに味わった週末でした~(笑)。


07年07月07日



あっ!

今日って・・・07年07月07日だっ!

・・・今気づいたのですが、この感動をワケもなくブログにアップしておきま~す ヽ(´ー`)ノ


『恋人たちの予感』


メグ・ライアン、大大大スキなんです^^


あ、それ、前に言ったっけ・・・?


で、メグといえば、まずこれでしょう! ↓

恋人たちの予感 (特別編) 恋人たちの予感 (特別編)

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メグ・ライアンいいなあ~と、最初に思ったのがこの『恋人たちの予感』です。


相手役のビリー・クリスタル(彼もスキなんですよね~)とメグとのコンビネーションがまた絶妙なここちよさで。


メグのいろんな表情(特にプンスカ系の^^)が、すっごくイキイキしてて、かわいいんです。


メグ演じる、ポジティブでよくしゃべるサリーと、ビリー演じる、ネガティブでシニカルなハリー。


二人が、友人として何度も会ったり離れたりを繰り返しながら、
「男女の間に友情は成立するのか?」というテーマについて意見を戦わせ、また、実際によき友人同士であろうとします。


んでもって、じゃあ本当に男女の間に友情は成立するの?という、そんなお話。


ハリーもサリーも、どちらも不完全な人間で、そこにお互いイライラしつつ、無意識のうちに補い合ってる。


結果的に心地いい関係なんだけど、じゃあこれって友情なのかな、愛情なのかな・・・って考え始めると、確かにムズカシイですよね。


だんだんお互いになくてはならない者同士になってくるハリーとサリーの戸惑いや、混乱ぶりも、わかるわかるって頷けます。


そんなこころの描写もステキだし、背景もまたすごーくイイんですよ。


NYの街並みもいい感じに映し込まれてて、四季の変化、特にクリスマスから新年の情景が、とっても素敵なんです。


公園でスケートを楽しんだり、本物の大きなツリーを買って家まで引きずって帰ったり(笑)、大勢でのカウントダウンパーティーで新年を迎えたり、これぞNY!って感じ^^


かなり前の映画なので、服装や髪型はちょっと古い感じもしますが、風景や生活の描写は、十分オシャレで楽しめます。


あ、あとですねー、途中に何組か、ストーリーには関係ない年輩のカップルの短いインタビューがはさみこまれてるんです。


実はこれが、一番じーんとくるかも。


どのカップルも、なんだか素朴でかわいくって、まあなかにはツワモノのおじいちゃんとかもいるんですが、結局、みんなおばあちゃんの手のひらの上でころころ転がってるという感じで(笑)。


こんなカップルになれたらいいな~、ってこころがあったかくなります。


うん、主旋律のストーリーも、ちょっとした遊び心や小道具も、それから音楽も(ジャズ満載で^^)それぞれに素敵な、大スキな映画です♪


ティムタム


以前、イギリス大スキなわたしのお気に入りお菓子、ショートブレッドをご紹介いたしました。


で、外国のお菓子でもう一つ、大スキなのが、「Tim Tam」です。

Timtam





これは、オーストラリアのお菓子です。


中身もコーティングもチョコレートだらけの、甘甘な、でもなんだかゼイタクな感じのする、外国っぽい味。


なかなか売ってないのですが、たまに輸入食品店に行ったりすると、スゴイ勢いで飛びついてしまいます(笑)。


だっておいしいんだも~ん^^


このお菓子をわたしに教えてくれたのは、以前勤めていた職場にやってきた、ニュージーランドの女の子でした。


彼女が最初にもらったデスクが、わたしを入れて3人しかいない(しかも常駐は2人。そのうち女子はわたしのみ。誰も英語しゃべれない)、小さな部屋にあって。


いや、てっきりそんな場所にデスクをもらったわけだから、日本語ぺらぺらなんだろうな~と思っていたのですが。

前に来てたアメリカ人の女の子も、日本語ぺらぺらだったし。


で、たまたまわたし一人でいるときに、彼女が初めてやってきて、「あ、こんにちわ~、初めまして~」と、ふつうに自己紹介を始めたら、マジで
「ワタシ、ニホンゴ、ヨクワカラナイ・・・」みたいなorz


「あああ~、アイ、アム~いや、マイ、ネーム、イ~ズ」とかってもう、大パニック。


も~その日の帰りに本屋に直行して、スマステの
「ベラベラブック」を購入(笑)。


フツーに英語ぺらぺらな人、他にいっぱいいるじゃん!上の人間はいったい何を考えてるんだっ(怒)とは思いましたが。

でも彼女は一生懸命でカワイイし、学生の時以来の英語で、なんか脳が活性化されてる気もして(笑)、けっこう楽しかったなぁ^^


彼女も日本語を一生懸命勉強しようとしてて、わたしもベラベラブック他数冊と、和英辞書を駆使して、二人で
英語と日本語のチャンポン(&ものすごいジェスチャー)で、いろんな話をしました。


<彼女>「キノウ、『リング』(アメリカ版の)ミマシタ~。Very scary~!(指の間から画面をのぞくフリ) No~!(目を覆うフリ)」

<わたし>「リアリ~? I watched ジャパニーズ・リ~ング。ベリー、スケアリー、トゥ~!(ムンクの叫び顔を作る)」


みたいな(笑)。


で、そんな彼女がバケーションでニュージーランドに帰って、おみやげに買ってきてくれたのが、この「Tim Tam」。

オージーのお菓子ですけど、キウイの方々も好んで食べるらしく。

食べてみたら、も~すっごくおいしくて、「Good taste!Delicious!」って、ベタボメしちゃいました^^


その結果、この日本人はどうやらTim Tamを買ってくると喜ぶらしい、とインプットされたらしく、いろんな味のTim Tamをどこからか仕入れてきては、よく食べさせてくれました(
餌付け?


彼女が帰国する前に、わたしの方が先に退職することになって、それを知ったときには「I'll miss you~」と残念がってくれて。

(こういうときって、なんて返せばいいんですかね?「I'll miss you, too」でいいのかな?でも出ていく側の人間が「アナタがいなくて寂しいわ」って言うのもヘンな気がして・・・いいのかなぁ?)


何回かメールのやりとりもしたのですが、彼女もニュージーランドに帰国してしまって、もう今はやりとりもありません。


でもね~、それ以来、ニュージーランドって、決して遠い国ではなくなったし、なにかでニュージーランドが取り上げられると、なんだかウレシイんです^^


で、Tim Tamを食べるのも、またなんとなくウレシイ。


初めて外国人の友達からもらった、外国のお菓子。


しばらく食べてなかったけど、先日何かの拍子にネットでTim Tamの記事を発見して、また食べたくなっちゃいました。


これからも、こうして、思い出と一緒においしくいただく、そんな特別なお菓子であり続けるんだと思います^^


オットマンと本


ある日の、オットマンです^^

Bookchair_1










一人掛けソファは、その後自然とテレビに向けてハの字に置くようになりました。


そうすると、オットマンがこのようにハの字にくっつくような感じになります。


で、けっこう座面が広いので、上にそれぞれすぐ手に取りたいようなモノを置くようになって。


二人ともテレビっ子なので、個々のリモコンは欠かせません。


さらに、二人とも本好きなので、こうやって読みかけの本を伏せて置いたりもします。


たまたまこの並びがなんだかおもしろかったので、写真におさめてしまいました^^


相方は歴史物かノンフィクションが好き。

わたしはこのときは推理モノを読んでましたが、まあ手当たり次第に読んでます。


本部屋がリニューアルして図書室になるまでは、リビングに持ってきた本を戻すのが面倒で(なんせほら足の踏み場もない部屋だったので^^;)、リビングにどんどん本が溜まっていってしまったのですが。


リニューアル後は、持ってくるのも返しに行くのもスムーズ。


ついでに「あ、こんな本あったっけ~」なんて、久々に読み返す本も出てきて、ウレシイ限りです^^


ま、しかし、人間の欲求というのはきりがないモノで・・・最終目標であるところの、「リビングの壁一面本棚」計画を、いつ実行できるかなぁ~なんて、長年の野望が刺激されております(笑)。


今度こそ、最初から失敗しないように、きっちり計画を練っておかなきゃね☆(間取りもわからない未来の家の計画を練るのはムリがあるけどね笑)




集中力ゼロ


ものすご~く
飽きっぽいのです、わたし。


集中力はまるでナシ。


いや、気持ちが盛り上がってるときは、「あ、もうこんな時間か」ってくらい長時間集中を持続できるのですが(捨て捨て大作戦のときとかね)。


普段の生活においては、とにかくすぐ飽きる。


一番その傾向が顕著なのは、うち仕事です^^;


デスクワークなのですが、仕事に取りかかって15分くらい経つと、もう飽きちゃうんです・・・。


で、15分くらい新聞読んだり、おやつ食べたり、ネットを眺めたりして、またおもむろに机に向かう。


で、また15分くらいすると、飽きちゃって、夕飯の下ごしらえとか、たまった雑誌をまとめてひもでくくったりとか、ちょっとからだを動かして、また机に向かう。


で、また15分くらいすると・・・の繰り返し。


ちっともはかどりません・・・orz


まあ、昔からそうで、受験勉強とかしてても、50分勉強して10分休憩のはずが、25分勉強して5分休み・・・いや、20分勉強して10分休み・・・ってだんだん
休憩時間が長く、頻繁になる(笑)。


しまいには、勉強の合間に休憩してるんだか、休憩の合間に勉強してるんだか、わかんないくらいになっちゃって。


十数年経っても、ひとつも成長してないようです(汗)。


あああ~そんなこと書いてないで、仕事せねば~・・・。


いや、ふとつぶやきたくなったの・・・集中力切れまくってるしね、今も・・・^^;

まだ机の前に座って20分と経ってないのに・・・orz

これで机に戻ったとしても、また10分もしないうちに飽きそうだな~(笑)。


まあ、だんだんと先は見えてきてるので、ぼちぼち寄り道しまくりながら、うち仕事を進めていきたいと思いま~す・・・。

どこでもヨガ?


先日、ペガサス娘さんのところでも、ニンテンドーDSについて書かれていましたが。


わたしもDS Liteがほしいんだけど、相変わらず入手困難なようですね~。


てか、DSは持ってるんだから、ガマンしなさい!ってね。


でも・・・今になってみるとDSは分厚いし、重いし、なんか物々しい雰囲気で・・・。

まさにライト☆な感じのDS Liteがほしいよ~!


せめてもの抵抗に(?)新しいソフトをあれこれ吟味中。


こないだは、
「DS日本史B」という、超マニアックなお受験ソフトを買っちまいましたよ・・・( ̄ー ̄)ニヤリ


夫婦ともども日本史好きなので、思い切って買ってみたのですが、なかなか楽しめてます(笑)。


ま、このソフトについては、またおいおい・・・(語るのか!?)。


今日語りたいのは、コナミから発売される「どこでもヨガ」というソフトです。


2,3日前に雑誌『Yogini』を久々に買って読んでいたら、「DSでどこでもヨガ!」というとっても魅力的な広告が!


さっそく検索してみると、ちゃんとホームページができてました。


コナミはスポーツクラブもやっているので、そこのプログラムにあるヨガを基本にしているみたいです。


説明を読んだ限りで気に入ったのは、まず、ポーズをいろんな角度から見ることができる機能。


このポーズって、横から見るとどうなってるんだろう、とか、後ろから見るとどうなんだろう、とかって、DVDや本の写真を見てると、疑問に思うことが多々あるんですよね~。

だから、うちヨガ派にとっては、この機能はありがたい。


それに、このポーズはちょっとムズカシイ・・・と思ったら、「かんたんアレンジ」もボタン一つで見ることができるそうな。

これもまた、体の固いワタシのような人には、大変ありがたい。


で、このポーズはどこに効くの?なんてことも、一目でわかるようにしてくれるらしい。

これは、逆に、ポーズをとってるときに、その部分に効いてる感じがしなければ、今ひとつきちんとポーズがとれてないんだな~って目安になりそう。


で、何より楽しみな機能が、
「myヨガ」機能!


いろんなポーズを、自分で組み合わせて、
オリジナルのプログラムを作れるそうな。


最近ちょうど、朝ヨガ・夜ヨガのプログラムについて、手頃なのがないかな~と考えていたところだったので、これはウレシイ!


各ポーズごとに効果が説明してあるし、逆に効果からポーズを探すこともできるので、朝ヨガはしゃっきり目が覚めてパワーが生まれるように、夜ヨガはこころが落ち着いてすんなり眠れるように、プログラムが組めそうじゃないですか。


というのも、もちろん市販のDVDとかで、そういうプログラムはあるのですが、わたし自身にいろいろ制約があって、なかなか活用できないのです。

ヒザが弱いのでヒザをつくようなポーズはダメだし、首に重みがかかるようなポーズもダメだし(むち打ち経験者なので)。


だから、できるポーズがどんどん限られてしまうので、その中でプログラムが組めたらいいなぁ~と思っていたのですよ。


このソフトなら、できそうかも^^


そうそう、それに、DVDをいちいち見るのって、意外と面倒で。

相方がテレビを見てるときなんかはもちろん使えないし。

でも、DSだったら、さっと起動できるし、持ち運べるから他の部屋に持っていってもいいし、もっとずっと気軽にできそう。


た の し み ~  o(^-^)o


とりあえず今週末の発売日に買ってしまうと思うので(せっかち笑)、しばらく使ってみて、またレビューを書いてみますね。


・・・最近ブログでヨガの話題が全然ナイと思ったら、久々のヨガの話題はゲームソフトかよ!・・・ってツッコまれそう^^;

ほんとスンマセン、エセYoginiで・・・orz


ペストリーボード


先日、シナモンロールを丸めるにえらく苦労したもので。

さっそくちゃんとした捏ね板を、クオカで注文。


で、届きましたよ!

Board







でかっ!!


えー、比較のために携帯を置いてみました。


42cm×42cm・・・って、こんなに大きいんだ・・・(汗)。


これでも
Sサイズなんですよ?


ほんとは、どうせ買うなら大きい方だよね~、大は小を兼ねるって言うしさ!って直前まで考えてて。

ポチッとする直前で、「60×40って・・・大きすぎる・・・?」と思い直し。

急きょ小さい方にしたのでしたが・・・正解でした。


てか、すでにもう、しまうところがナイし・・・orz


とりあえず、オーブンの上にある棚に、天板などと一緒に立てかけておくことに。

ちょうどパソコンデスクの上にあたるので、地震で落ちてきたら頭かち割られるよな・・・。


・・・ま、そんなことはあるまい、ということで、それよりもこの捏ね板(商品名はペストリーボード・・・あ、そう言うんだ・・・)をいつデビューさせようかな~♪


これでまたうまく丸まらなくて、スカスカのシナモンロールになっちゃったらどうしよう・・・。


・・・ま、それもまたそんなことあるまい、と思って・・・うまく作れたら、またご紹介しますね~☆

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク