« テーブルヤシ その後 | トップページ | 『いつか晴れた日に』 »

『プラダを着た悪魔』


観ましたよ!『プラダを着た悪魔』!

プラダを着た悪魔 (特別編) プラダを着た悪魔 (特別編)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ず~っと観たいと思ってて、意外とレンタルも在庫あったんだけど、単に時間がなくて観られずにいたのですが。

ようやく時間ができたんで、レンタルしてきました^^


いや~・・・ミランダ、すっごい迫力でした(笑)。


でも、コワイというよりは、カッコイイ!と思ったなぁ~。


結構話題になってたし、これから観る方もいらっしゃると思うので、少~しだけネタばれアリの感想は、折り畳みたいと思いま~す。


アン・ハサウェイ演じるアンドレアは、ジャーナリスト志望の女の子。

紹介されたファッション誌の編集部で、名物編集長である、プラダを着た悪魔=ミランダ(=メリル・ストリープ)に出会います。


アンドレアは、確かに学生時代は優秀で、理想もしっかり持ってて、自分なりの考え方もある。

だけど、鬼・・・いや、悪魔のようなミランダにかかっては、まったく使い物にならないお嬢ちゃんでしかない。


ま、確かにミランダの要求は極端だし、それは・・・仕事か?って思う内容もあるし、腹が立つ気持ちも分かる。


でもね・・・なんだか、今テレビで放送してるドラマ「バンビーノ!」を思い浮かべてしまった。


見てない人もいるかもしれませんが、シェフ志望で、腕に自信もある男の子が、有名レストランの厨房で大口叩くんだけど、いろんなイミでこてんぱんにやっつけられて、ホールでの接客から修行を始める話です。


アンドレアも、同じ感じなの。


ミランダが気に入らないのはわかるんだけど、仕事そのものにも興味がなくて、ファッションの仕事を馬鹿にしてて、でも一年間ここでガマンすれば次の道が開けるから、しょうがない、って言って働いてる。


それって・・・その仕事をしていて、その仕事を愛している人に対して、とっっっても失礼なことですよね?


わたし自身は、そんなに仕事一途ではないし、仕事のために何もかも犠牲にするタイプではないけど、仕事をするからにはそこに楽しみを見つけたいし、気持ちよくやりたいと思ってます。

それがムリでも、せめてやる気のある態度ではいたい。


正直、文句ばっかり言ってるアンドレアに、感情移入できない部分もありました。


誰もがスゴイ!って認める人(いろんなイミで笑)の元で働くんだから、どん欲に勉強すれば?

または、どうしてもムカつくなら、仕事をして見返してやれば?


・・・という我々の声が聞こえたかのように、アンドレアもその方向に変化していくんですけどね(笑)。


一方、ミランダは、ほんとにカッコイイっす!


ファッションも、スタイルも、姿勢も、仕事ぶりも、すべてにカッコイイ。


なんていうか、座っているその姿だけで、「自分を厳しく律している人なんだな~」って思えてくるんです。


そんなミランダの要求なら、多少・・・イヤひどくワガママでも、しょうがないかなぁ~・・・と思わず甘くなってしまう。

ま、でも、実際、下で働くのはゴメンですけど(汗)。


てな感じで、なんだか主人公のアンドレアよりも、ミランダに感情移入してしまいましたが。



最後まで観て感じたのは、これは、働くことについての、異なる価値観のぶつかり合いを描いた作品なのかな・・・ってことでした。


どちらがいいとか悪いとかじゃなくて、それぞれの考え方や生き方があるよ、という。


これは、アンドレアとミランダの二人だけじゃなくて、登場した人たちすべてが、それぞれの考え方で働いてて、それは自分で決めることだし、自分で充実させていくものだと思う。


価値観のぶつかり合いって書いたけど、ぶつかり合って、勝ち負けが決まるんじゃなくて、共存していく。

で、大事なのは、お互いの価値観を認め合うことかな・・・って。


もちろん、根底に、きちんと自分の仕事をこなすこと、という前提はあると思いますが。


ちょっと深読みしすぎかもしれないけどね。



もちろん、主人公の変身ぶりも胸がスカッとするし、外見だけじゃなくて、内面の成長物語としても楽しめます。


こういうの、大好きなんですよ~^^


古くは『ワーキング・ガール』とか、最近では『キューティー・ブロンド』とか(アレ?わたし、前に、キューティー・ブロンドの記事を書いた気がしたんだけど・・・なくなってる?てか、もともとアップしてない?えええ?)。


で、もちろん、ファッションのきらびやかなこと!


ほんと、目が癒されるし、観てるだけで女子力がアップしそうな気がする^^


一生に一度も着る機会なさそうだけど(笑)、観てるだけでも十分に贅沢な気分になれます。


きっとものすごいブランドの服や靴やバッグやアクセサリーが山ほど出てるはずなんだけど、どれがどのブランドなんてことは、わたしにはさっぱりわかりませんでした(笑)。

見る人が見れば、ほんっと~にうっとり・・・ってなるんだろうなぁ~。

わたしにわかったのは、記憶違いじゃなければ、最初にミランダが出社したときのバッグがプラダだったはず・・・ってくらい?


それにしても・・・プラダか・・・プラダ好きなバッグ大臣としては、いくつか持ってはおりますが、いつかもっとゴージャスなプラダを身につけられたらなぁ~・・・( - -) トオイメ


アンドレア並みにファッションに疎いワタクシめですが、すっかり影響されてしまいましたよ^^;


まだ観てない方、オススメですよ~!

ぜひぜひ観てみて、女子力に磨きをかけてくださいませ~p(^^)q

« テーブルヤシ その後 | トップページ | 『いつか晴れた日に』 »

「movie」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク