« アイスモカジャバ | トップページ | テーブルヤシ その後 »

『朝ごはんの空気を見つけにいく』


またまた、おいしい本を見つけちゃいましたよ~^^


朝ごはんの空気を見つけにいく (講談社プラスアルファ文庫)


インテリア好きな方や、パン・お菓子作りの好きな方には、堀井和子さんってもうおなじみなのかしら?

わたしは、恥ずかしながら、最近知ったばかりです。


図書館や書店では、この『朝ごはんの空気を見つけにいく』というタイトルを見かけたことがあって、もうこれだけで「ウマそうだなぁ~・・・」とうっとりしていたのですが。


あとね、インテリアの雑誌で『北東北のシンプルをあつめにいく』という本の紹介も見たことあって。

そのときは、「これと似たようなタイトルの本があったような…?」と思った記憶があります^^


でもどちらも、なぜだか手を伸ばさずにいたのです。


で、たまたま北欧系の本を探していたら、やたらと堀井和子さんの名前に行き当たって。

じゃあ試しに読んでみましょう、と、近所の図書館で『「お買いもの」のいいわけ』と『和のアルファベットスタイル-日本の器と北欧のデザイン』という2冊を借りて読んでみたら。


これは、ヤバイっす!(若者か)


なんか・・・北欧系のものだけでなく、いろんなものの好みが、かなり、似てるかも。

あと、ものの買い方、とか、ハマり方?とか・・・。


もちろん、堀井さんの熱心さや丁寧さには及ぶべくもないのですが、すごく好ましく、また憧れる方向であることは確か。


図書館で調べたら、まだまだ著書はおありのようなので、片っ端から借りるしかないな!と決意。


で、今回読んだ『朝ごはんの・・・』ですが。


自分を含め、かわいい姪たちや、友人たちの、ふだんの朝ごはんや思い出に残る朝ごはん、などなどを聞き書きした本です。


それがね~、もう、ほんっとに、「上品」とか「贅沢」っていうのは、本当はこういうことなんだよね、って思うような暮らし方のオンパレードなのですよ!


手作りのパン、そうでなければ、フォションのパン・ド・ミーやドンクのハードトーストなどなど・・・それらをデュアリットのトースターできつね色に焼いて、手作りのジャムをぬって食べる。


モラン(知らないよ?)のお皿にウェッジウッドのティーカップ、マッピン&ウェッブの銀のバターナイフ・・・(泣←感激のあまり)。


写真もたくさん載っていて、白い食器たちに、おいしそうなきつね色のトーストがのっていたりするのが、もう・・・!


もちろん、和食も充実。


自家製切り干し大根とか、卵焼きとか、焼き魚、浅漬け、味噌汁・・・ほんと、泣けてくる・・・ウマそうで・・・(泣)。


堀井さんは、
「1日3食朝ごはんでもいい!」そうで、確かに、彼女の本を読んでると、うん、毎食朝ごはんでオッケーです!って思う^^


この本を読んでると、彼女の暮らし方そのものが、スキなものを根気強くねばり強く追い求めていくものなのかな、って気がします。


いやいや、決して重い感じではなくてね。


淡々と、でも熱心さを秘めて、無理なく、身の回りのものを、スキなもので揃えていくような。


スキなものでも、手に入りにくいものもあるし、手に入れるのは面倒だったり、お金がかかるってものも多い。

でも、そこで妥協するんじゃなくて、スキなもののためなら、多少の面倒や出費は楽しんでいたしましょう、って感じなのかな。


で、結果的に、スキなものに囲まれて、こころの潤った、豊かな暮らしがそこにある。


わたしが思う「贅沢」って、そういうことだし、堀井さんの生活は、まさにそれだと思うの。


「こんなの、ふだんにはもったいないかな~・・・」なんて言ってたら、いつまでたってもたどり着けないところ。


・・・うーん、行き着くことができるかしら、わたしに。

面倒くさがりだしな~・・・^^;


B型の、スキなものにはめちゃくちゃ熱心、っていう性質が、いい方に出れば見込みはあるかも(笑)。


まずは、この本を買って、手元に置いて、この憧れの気持ちを忘れないように、日々精進していこうp(^^)q


なんだか、おだやかなタッチなのに、すっかりやる気にさせられる、不思議な本です^^


« アイスモカジャバ | トップページ | テーブルヤシ その後 »

「book」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク