« カミナリさま | トップページ | マーマレードケーキ »

べんりクロス


えーと、「超極細繊維クロス」です。

Cloth_1









もう何年使ってるかな~…でも、まだまだ使えそうな、丈夫なクロスなんです。


ベルメゾンで購入したのですが、なんといってもこころ惹かれたのが、


「航空機の窓ガラス清掃用に開発され、プロの清掃業者でも使われているお掃除クロス」


である、という点なのです^^


なんかね~、この、「プロの」とか「航空機の」とか「開発」とか、そういうのに、弱いんですよね~(笑)。


水だけで油膜を落とせますよ~、というだけあって、ほんと、テーブルの上のこびりつきとか、ガス台の汚れとか、水回り、洗面所の鏡の水ハネまで、キレ~~~に落ちます。

繊維もほとんど残らないし(コレ大事!)。


買い足し買い足しで、今や8枚。

で、惜しみなくガンガン使い回してます。


てか、最初はうまく使いこなせてなかったんだけど、「惜しみなく使えばいいのか~」とわかってからは、あっちこっちをすぐに遠慮なくささっとふけるようになった気が。


わたしは、正直言って、クロスやふきんを
使って洗って絞って干して…という一連の作業が、大の苦手^^;


たぶんね~、子供時代の、雑巾の思い出が強いからかも。

雑巾って、汚くて、イヤなにおいがして、洗っても洗ってもキレイにならなくて…というイメージで、ほんとに苦手なのです。

握力も弱くて、ぎゅーっと絞ったつもりでも、びしゃびしゃしてたり…。


だから、ふき掃除も、苦手でした。

だって、必然的に、汚れたクロスが発生するんですもん(笑)。


そんなわたしの先入観を一気に変えてくれたのが、百瀬いづみさんの著書。


その中で、「クロスはいちいち洗わないで、たくさん用意して、どんどん使って、じゃんじゃん洗濯してしまえばいい」と書いてあって、まさに、目からウロコΣ(゚Д゚)


洗濯機で、洗っても、いいのね?


いや~、これでどれだけ気持ちがラクになったことか!


今ではもう、ちゃちゃっとふいたらカゴにポイ、で、がーっと洗濯して一丁上がり!

いつでも、キレイな乾いたクロスを、気持ちよく使うことができます。


他にも、百瀬さんの本で、気持ちがラクになったことって、たくさんあるなぁ~。

も~ほんとに受け入れられない!って方もいらっしゃるかもしれないし、わたし自身も実践できないな~ってところもある本(と考え方)ですが、またいずれ機会があったら、紹介させていただきますね^^


そもそも大ざっぱで、めんどくさがりやだからこそ、家事を苦痛にせず楽しむためには、便利なモノを惜しみなく使ったほうがいいみたい。

手間をかけないことを、後ろめたく思わないで、堂々と、楽しく気持ちよく家事をしたい。


と、いくばくかの自己弁護も含めつつ(笑)、「超極細繊維クロス」で、今日もふきふきしております^^

« カミナリさま | トップページ | マーマレードケーキ »

「interior」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク