« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の記事

アイスモカジャバ


基本的に、温かい飲み物しか飲まないことにしているのですが。


そろそろ冷たい飲み物も飲みたい季節になって参りました。


特に、気温の上がってくる午後は、ちょっと冷たいのを一杯飲みたいな~と思います。


で、こんなレシピを見つけました。

レシピ アイスモカジャバ by ムー君


コーヒー+純ココア+牛乳+砂糖でカンタンに作れます。


どうにかしてコーヒーを味わえないか、と四苦八苦中ですので、こういう飲み物は大歓迎^^


さっそく作って、飲んでみました。


・・・おお、これは・・・
お店の味がする^^


たま~にしか行かない、スタバとかの、モカなんとか(?)とか、そういう飲み物の味がして、なんだかトクした気分になれます。


なんでだろう・・・ココアが入ってるからかな~?


甘すぎず、苦すぎず、すっきりしてて、オトナっぽい&カフェっぽい感じ^^


おこちゃまコーヒー派にも、甘みが自分で調整できるので、飲みやすいし。


これは、夏の定番ドリンクになりそうですo(^-^)o


あとは・・・グラスを、なんとかせねばな~。


今日も写真をアップしようかと思ったのですが、大きめのマグカップにテキトーに作っちゃったもんで、見た目あんまりオシャレじゃないの(汗)。


夏に向けて、イイ感じの大きめのグラスがほしいなぁ~☆


あと、こういうのって、丁寧に作らないと、ココアがダマになったりしてキレイじゃないでしょ?

・・・まさに、そんな状態なの(笑)。


大ざっぱさんは、グラスでキレイに作るためには、手順にちょっと工夫を要するかもしれません(^^ゞ


までも、ちゃんとおいしく飲めるので、カフェ好きの方は一度おためしあ~れ☆

『博士の愛した数式』


小川洋子、キライじゃないです。


といっても、何冊か読んだだけだし、『シュガータイム 』とか『完璧な病室 』とか『余白の愛 』とか、また例によって、どちらかといえば彼女の作品の中でも少しマイナーな作品ばかりかも。

あ、あと、うち読売新聞なので、先日まで連載されてた『ミーナの行進』も読んでましたが、うーん…これは、わたしは、ちょっと…違うかな~…。


学生の頃に読んで、しば~らく遠ざかってて、で、去年だったかに久しぶりに『博士の愛した数式 』を読んで。


すごく、ヘンな言い方ですけど、「ああ、こんなに、万人に受けいれられる本を書いたんだ」と思ったのを覚えてます。


えーと、悪いイミじゃなくて。


なんていうか…彼女の書く本って、すごくストライクゾーンが狭いというか…同じ人間が読んでも、体調とか、気分とか、そのとき置かれてる状況とかで、しっくり来るときとそうでもないときがある感じで。


内容も文章も、この上なく繊細で、注意して扱わないと壊れてしまいそうな、息をひそめて向かい合わなきゃいけないような…。


乱暴な読み方をしたら、その時点で何もかも台無しになってしまいそうな、そんな美しさがあると思うのです。


薄いブルーの紗がかかったような…冷たい、透明な、静かな空間。


食べ物のことがたくさん出てきて、過食とか、病気のこともたくさん出てきて、どれも、書き方によってはこの上なく下世話になりうると思うんだけど、彼女が書くと、美しいものになる。


でももちろん、ただ美しいとか、ましてや癒されるとか、そういうことではなくて、淡々としてても切りつけられるような痛みや切なさや悲しさで満ちていて。


…うーん、しばらく読んでないんで、イメージとして残ってる範囲で、ですけどね。


でも、『博士の愛した数式』は、もっと、強靱になっているというか、繊細であることには変わりがないけど、柔軟さがあるというか。

だからこそ、たくさんの人に読まれたし、映画にもなれたんじゃないかな~、と思います。


先日テレビで放送した映画を、やっと観ることができましたが、雰囲気的には原作に忠実に映画化されていたのではないかと思います(これもまたイメージとして残ってる範囲ですけどね^^)。


ルートを語り手にしたので、母である家政婦さんのこころの中は伝わりにくかったかな?

でもその分、すっきりとまとまって、よかったかもしれませんね。

キャストも良かったと思うし。


原作を読んだときに感じたすこ~しばかりの人間の悪意、みたいなものもなくて、安心して観ることができました。


もし、映画も原作も見てなくて、興味はある、という方がいたら、わたしは、まず原作を読むことをオススメします。

原作のラストで、少しだけ泣いた記憶がある…どうってことないことなのですが、これは映画を見てからではダメなので…。

できれば、なんの予備知識もなく、読んでほしいところです^^


…今日の文体、固いでしょ?

小川洋子を語る、というだけで、こんなにマジメな語りになってしまうのね…^^;

我ながらおもしろいな(笑)。

わたしだけかな~、どうなんだろ~?


あいや、しかし、そんなこむずかしく考えなくてもいいんですよね。

みなさんはどうか、安心して、本も映画もそれぞれ思い思いに楽しんで下さいましね~o(^-^)o


初バトン!


緑マメさんから、バトンをいただきました~^^

よくいろんなブログでバトンを回しているのを読んでいたので、自分がバトンを受け取る日が来るなんて夢のようだなぁ~( - -) トオイメ

さっそく答えて参りますが、最初にひとつお断りしておくと、長いっすよ!(笑)


あと、バトンを回す相手がいないので、このバトンはここでいったん地面におきます。

あとは、見つけた人で、拾ってみたい人が見たら、また走り出してくださいましm(_ _)m


では、参りますよ~。


続きを読む "初バトン!" »

むかしの本


休日の朝、突然実家の母から電話が。

何事か、と慌てて電話に出たら、のんびり明るい声だったので一安心。


羽アリが出たので(キャー)本を売りたい、とのこと。


…脈絡が、よくわからないんですけど…?


まあ、要するに、業者を入れたり薬を散布したりするのに、押入にあるものが邪魔になるので、全部出してみた、と。

そうしたら、わたしから預かっている本がたくさん出てきたので、売ってしまっていいか?という問い合わせの電話のようでした。


妹も、ついでに山のようにある漫画を売ってしまいたい、とはりきっているらしく。


どうも片づけの神は、実家に行っていたようでした(笑)。


で、母が電話口で、わたしの蔵書の題名を読み上げるわけですよ。


「えっとね~『サラダ記念日』。あとね~『イギリスはおいしい』。それとね~…」


……なんだか、めっちゃ恥ずかしいんですけど!


なんかこう、自分の若かりし頃を目の前に突き出されている感じがして、まさに
「青春再放送」(by野宮@ハチクロ)


別に本自体は、今でも読みたいものばかりですが、その本を読んでいたときの自分が、もやもや~んと見えてくるようでね…。


それをまた、母に読み上げられているのも、なんだか気恥ずかしい。


「あ~もう全部売っちゃっていいよ~、題名聞くとかえって未練が出てくるから、言わなくていいよ~」とストップをかけました^^;


実際、その本がまだ実家にあることを忘れてて、図書館で借りて読み直してたよ、なんて本もあったりして、ちょっとおもしろくもあったけど。


本も天下の回りものですから、手放しても、戻ってくる本は戻ってくるし。

引っ越しのたびに大量の本を持って移動してるわたしが、実家に預かってもらうとはいえ、一瞬でもそうして手放した本ならば、それほどの執着はないわけだし。

またいつか、どこかで会えるかもしれないな、って楽しみもあり。


ま、かなり大量の本があったようなので、あとで売り上げを聞いてみたいものです^^


そういえば、ここ数日はなんだか過去に縁のある日で、学生の頃の日記を読み返す、なんてこともしていたのですが。

そこに、「引っ越しの極意は、ものを持たない、増やさないこと!」と書いていて、10数年前の自分に叱られた気分になりました…orz


ゴメン、ちっとも進歩してないよ、自分…。


あ、そうそう、それから、昨日の競馬、男の子のレースに一頭だけ出てた女の子が勝ちました。

64年ぶり?なんで、ニュースにもなってますね~。

で、先日あまりのアクセスに引っ込めてしまったわたしの記事、その女の子が勝つとは全然書いてないけど(笑)、でも、男の子のレースなのに女の子が一頭だけ出るんですよ~o(^-^)oっては書いてたんですよ~。


ううう、残念。


競馬に十分興味のある方々ではなく、競馬なんて全然興味な~いっていう女性にこそ、今回のレースは見ていただきたかったの。

だから記事にしたのですが、手違いでその道に深く興味のある方々ばかりに来ていただいてしまったので、やむなく敗退(笑)。


でもきっと、この子はまた活躍してくれると思うので、その時にはぜひ応援してあげてくださいましね~^^

びっくりした~


昨日は、いろいろバタバタしてしまいました^^;


昨日の記事の最初の方にも書きましたが、昨日の朝アップした記事が、ちょうど今週末の競馬の大きなレースに触れている内容だったのです。

そしたら、なぜだかやふーの競馬サイトで紹介されてしまい(汗)、今まで見たこともないようなモーレツなアクセスに見舞われ、マジでパニくりましたorz


だって、どう考えても、何一つ参考にならない内容なんですよ?

でも、きっと何かを知りたくて来られてるわけですよね?


ひえええ~そんなたいそうなブログじゃないんです~マチガイなんです~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿


めちゃくちゃ慌てて、記事を下げて、なんかもうわけわからんな状態で管理画面を行ったり来たり。


ま、おかげさまで、なんとか迷い込んでこられる方をストップすることはできました…。


コメントとかはまだついていなかったと思うのですが、もしコメントも一緒になくなってた方がいらしたら、本当にごめんなさいm(_ _)m


でもほんと、心臓はドキドキするし、手はふるえるし、泣きそうでしたよ(>_<)

一時間の間、ふだんの一日の平均アクセス数の、5倍強はあったかな…。

まさに文字通り、見る見るうちにアクセス数が増えていくのが、ほんとにコワかったです(汗)。


ブログって、読んでもらいたくて書いてるんだけど、そして、できるだけたくさんの人に読んでもらえたらいいなぁと思ってるんだけど。

でも実際、偶然にそうなってみたら、小心者のわたしには、けっこうキビシイ状態でした。


もちろん、今回は、自分の守備範囲じゃない部分でのアクセスだったので、よけいにびびったっていうのがすごく大きいですね。

たとえば、これがインテリアの記事への反響だったら、余裕を持って、純粋に喜べた気がする。


うん、勉強になりました。


やっぱり、自分の本当にスキなことを、背伸びせずに語っていこう!(とはいっても、今回の記事だって、スキなことには違いなかったんですけどね…泣)。


で、だんだんと、じわじわと、読んで下さる方が増えていったらウレシイな~。


みなさんのブログにはまだまだ及ぶべくもないですが、少しでも楽しみにして下さる方々を励みに、これからも楽しく、落ち着いて(笑)書いていこうとしみじみ思いました~( ^^)旦~~

保温カバー


午前中に来て下さった方は、「アレ?記事が変わってる…?」とお思いでしょう^^;


イヤ、実は、競馬がスキって記事をアップしたのですが、ちょうど今週の日曜日にダービーがあるためか、アクセスが尋常じゃない伸びを示しちゃって(汗)。

競馬好きな方々には全然お役に立てないコトしか書いてないもので、恐縮のあまりいったん下げさせていただきましたm(_ _)m


で、平常運転の記事を、代わりにアップさせていただきます。


小心者なのでね…(^^ゞ


さて、先日、圧力鍋の記事を書いたときに、ちらりと触れた、保温カバーです ↓

Cover










直径35cmくらいで、片手鍋ならラクラク、大きめの両手鍋も、がんばれば入ります。


鍋に材料を入れて、沸騰したら火を止めて、このドーム(笑)の中に入れて、あとは何時間かほっておくと、程良く火が通って柔らかくなっているので、ガス代の節約になるのです。


圧力鍋を買う前は、このカバーが大活躍でしたが、今はもっぱら根菜たっぷりのおみそ汁を作るときのみ、活用しています。


雑誌の節約特集なんかで、毛布でくるみましょうとか、発泡スチロールの箱にいれましょうとか、保温調理の節約アイディアが載ってますよね?

やってみるのにやぶさかではないのですが、余ってる毛布はないし、ちょうどいい大きさの箱もない。

使わないときにどう保管すればいいかも、ちょっと思いつかないし…。


そしたら、ベルメゾンでこのカバーを発見したので、即購入。


使いやすいし、妙な柄がついてないので、戸棚の上にぽんと置いておいてもわたしは気になりません。

むしろ、メタリックなシルバーが、なんだかイイ感じなんですよ(笑)。


世の中、便利なモノがいろいろあるなぁ~(しみじみ)。


実は、もう一つ保温調理鍋を持っていて、これらを使いまわすと、炒め物以外で
ガス台の前に長く立つことがほとんどナイという…^^;


どんだけ料理が得意じゃないんだか(笑)。

まったくお恥ずかしい限りでございます…m(_ _)m


ま、便利グッズを使いまわして、なるべく楽しく(カンタンに)料理をしようという、ケナゲかつ前向きな(?)こころの表れだと思ってくださいませ~(^^ゞ

続 カップつきTシャツ


先日、こんなヒトわたしだけかな…と思いつつ、カップつきTシャツの記事を書いたところ、思いがけず反響をいただき、思わずにっこり^^


そのあとも、「カップつきTシャツ」の検索ワードで飛んでこられる方が、ちらりほらりといたりして、びっくり!


実は、
意外と支持はあるのかも?と、ますますにっこり o(^-^)o


そんな中、ペガサス娘さんからも、
「無印にもカップつきTシャツがある!」とのウレシイ新情報が!


さっそく無印のサイトに飛んでみると、形もシンプルで、さらに色も白・ライトグレー・ブラウン・黒と、使えるラインナップ!


これは…わたしが以前紹介したフェリシモのTシャツよりも、いいっすよΣ(゚Д゚)


形は同じ感じなんだけど、色がね~、モノトーン好きのわたしにはたまりませぬ^^

フェリシモのは…時々、びっくりするような色が来たりするからね…。

無印のは、文句ナシで全色揃えたいっす。


ペガサス娘さん、グッジョブです(^_-)-☆


で、ワタクシめからは、以前にちらりと予告しました、セシールのカップつきTシャツのレポをば。

Tshirt









結論から言えば、
イイです!(*^.^*)


ま~ごらんの通り、ごくごくシンプルな、フツーのTシャツなんですが、そこが最大の長所ではないかしらん。

襟ぐりが広くないし、生地もほどほどにしっかりしてるので、夏に一枚でさらっと着られる、まさにフツーのTシャツです。

インナーというよりは、アウターですね~。

色も、紺とかブルーとかバリエーションがあるし、別売りのカップも4種類から選べて、一度買ってしまえばあとは使い回しもできるというスグレモノ。


実際今も着ていますが、これで宅急便のお兄さんにも、ご近所の奥様たちにも、気兼ねなくお会いできますわ~^^

イヤ、ご近所の奥様方とは、全然交流ないけどね…(笑)。


いや~しかしスバラシイ!

去年までは、無印もカップつきキャミしかなくて(たぶん)、んも~ほんとに自分で作っちゃおうかとまで思い詰めてましたが(作れないけど~☆)。

今年になったら、こんなに選び放題だなんて、どうしよう♪

しかし、いつ販売中止になるかわからないので(疑り深い^^;)、買いだめしとかなくちゃね!


カップつきTシャツ友の会(ペガサス娘さん発案^^)のみなさ~ん!

今年の夏は、カップつきTシャツ選び放題で、楽しくのびのびと過ごしましょうね~\(>▽<)/

わかいうた


昨日、久々に、CDをレンタルしてきました。


ず~っと借りたかった、レミオロメンの『茜空』(JRAのCMソングです)と、YUIと絢香のアルバムを一枚ずつ。


YUIは、あの♪こ~い~しちゃったんだ♪ってフレーズが耳から離れなくって、ぜひとも通して聴かなくちゃ!と思って。


で、いいなと思った曲をいくつかダビングして、あらためて気づいたのが。


どうもわたしは、少しクセのある女性ボーカルがスキであるらしい、ということ。


昔から、UAとか、Charaとか、ちょっと(イヤ、かなり?)
クセのある声や歌い方の人がスキで。


もちろん、MISIAとか、歌うまいね~…ってため息ついちゃうような、声量のある、正統派のボーカルもスキですよ。


でもなんか、リピートしちゃうのは、クセのある方なんですよね~。


厳しい友人には「な~んか、
もにゃもにゃした歌ばっかりスキだよね~」と手厳しい意見をいただいたこともありましたが^^;

たしかに、そうかも(笑)。


今回は、YUIの声が良かったな~。


あ、全然もにゃもにゃはしてないですよ(しかし、もにゃもにゃってなんなんだ笑)。

張りのある、はっきりした明るい声で歌ってます。


でも…こう、声の質を、曲や部分部分で変えられる感じで、単調にならず、複雑な味わいがある感じがするんです。

すこ~し鼻にかかってる声も、かわいらしくて、でもちょっと切ない感じがして、詞の内容とかメロディーにすごく合ってる。


青春って切ないよネ…若いってイイな…って気持ちになる声だなぁ(年寄りかアンタは)。


あああ、でもなんだかほんとに、そう思うのですよ。

♪オトナになんてなりたくない♪みたいなことを歌われるたびに、「そう…オトナって…汚れてるよね…(泣)」って切なくなっちまうよ~。


年取ったなぁ~…(笑)。


…ヤバイ!若い曲を聴いて若返りを図るつもりが、逆に老け込んでしまってるじゃないの!


しっかり!まだこころは十代よ!(それもどうかと思うけど)

丸くなんかなりたくない!(by『茜空』)

ヨロシク!(^_-)-☆

レシピファイル


超インドア派、しかも家で仕事をしている、となると、朝から晩まで家の中にいるのが当たり前なわけで。


買い物くらいは出かけますが、30分以内には帰ってきます(笑)。


仕事がなければ、こころゆくまで本を読んで、合間にヨガをして、満足満足、なのですが。


仕事中は、読書の時間も削り、ヨガの時間も削り、ひたすら黙々と机に向かっているので、ま~気晴らしのないことないこと!


せめてお昼ゴハンくらいは、おいしいモノを食べたいな~と痛切に願ってしまいます。


だけど、お昼ゴハンを作る時間も、削りたい(泣)。

なるべくカンタンに、包丁を使わずに10分くらいで、ちゃちゃっと作りたい。


し か し。


料理は得意じゃないし、レパートリーも少ないし…というかほとんどないし、アイディアも湧いてこないし、アドリブもきかないし。

ふだんの料理からそうなのですが、今ある材料でぱぱっと料理を作る、という才能が皆無なのですよ…。

せめて元になるレシピがないと、ゼロからは作り出せないのです。


となると、たいてい同じメニューで飽きてしまうか、貧乏メニューで切なくなってしまうか…orz


どっちにしても、仕事のモチベーションなんて、上がらないわけです。


これはもう、ほんっとに切実なモンダイで、午前中は、「今日のお昼、何食べよっかな~( ̄~ ̄;)」ってことで頭がイッパイ(笑)。

仕事になりゃしない、という本末転倒な事態にも(汗)。


で、一念発起、お昼ゴハンのメニュー集めに着手しました!


ええ、もちろん、頼りになるのは「クックパッド」様ですとも^^


「ごはん」「パスタ」「うどん」をターゲットに(笑)、なるべくカンタンそうな、しかも包丁を使わなくて済みそうな、んでもって口コミの評価が良さそうな、そんなレシピを集めまくり。

レシピファイルにまとめてみました~(そんな誇らしげに言うことじゃないけどね笑)。

Recipefile










これは、イイっす!


おいしいお昼ゴハンが、いろんなバリエーションから選べるんだ~♪って思うだけで、安心して仕事に集中できるのですよ~^^


って、胃が小さいくせに、どんだけ食い意地張ってるんだか…^^;


ピリ辛!!鶏そぼろ丼の温玉のせ」とか「嘘つき、でも絶品カルボナーラ」とか「身体ぽかぽか☆名古屋名物味噌煮込みうどん」とか「すき焼きうどん!濃い目!」とか…(うっとり…♪)


おいしそうでしょ~!


レトルトや、ファーストフードに偏らずに済むので、ヘルシーだっていうのもウレシイし。


なんかね、こういう、ファイル作ったりするの、好きなんですよね(笑)。

お昼ゴハンレシピだけではなく、ふだんのおかずレシピも、もちろんしっかりファイルしてます^^


お昼ゴハンにもすっかり満足して、仕事にも精が…出るといいんですけど(汗)。

ま、仕事は相変わらず、ぼちぼち、のsnowでございます…(^^ゞ

コルビュジエでも…


コルビュジエのグラン・コンフォールに、初めて座りました^^


写真は何百回も見たことあるけど、実物を見たのは初めてだったので、最初はかな~り
疑いのまなざしで見てしまいましたよ(笑)。


だって、イナカの、インテリアショップ…とも呼べない、
家具屋さん、にあったんですもの。


現にその店には、セブンチェアのレプリカが何千円かで置いてあるので(笑)、ほっほ~、今度はグラン・コンフォールかぁ~って感じで。


でも、一度通り過ぎてから、念のためもう一度戻って確認すると。


本物!でした^^


わたしの不審な動きに、一緒にいた相方が「なに?これ、有名なの?」と尋ねるので、「そ~だよ~、よくテレビとか雑誌とかで見るじゃん!」と答えましたが。

相方は、特にインテリアに興味がないので、「知らな~い」とのこと…。


ま、気を取り直して、二人で座ってみました。


で、感想。


「…う~ん…」(わたし)

「背中が当たってイタイよ~」(相方)


…価値のわからない夫婦で、申し訳ない…orz


二人とも、背もたれが高くて、だら~んと寄りかかってもしっかりホールドしてくれるタイプがスキなもので…。

背もたれが低いと、背中が緊張しちゃって、くつろげないのですよ。

…要するに、しゃきっとしてないってことかもしんないけど…(汗)。


前に我が家のソファの記事を書いたときにも、グラン・コンフォールはリラックスにはちょっと…という話題がちらりと出ましたっけ(ね、annabelleさん^^)。


実際座ってみて、あらためて実感。

「デザインがスキでも座り心地の合わないイスがある」(泣)


ああ~…いつかリビングに、グラン・コンフォール、置いてみたかったのにな~…( - -) トオイメ


そして、ダイニングには、セブンチェアかYチェアを置くのが夢なんだけど…果たして自分は心地よく座れるんだろうか…。


国立新美術館には、北欧系のデザイナーのイスがたくさん置いてあって、どうやら座り放題らしいですね?

わたしの憧れ、エッグチェアもあるとか…(うっとり♪)。


こりゃ~絶対に座りに行かねば!

座り心地を確かめてから買わねば!


と、深く決心させられた出来事でございました…(てか、買うお金はナイんだけどね~汗)。

ほたるスイッチ


先日、我が家のトイレのスイッチが、壊れちゃいまして。

オンの方にパチンと動かしても、ばねのようにオフに戻ってしまう。

もう夜だったので、大家さんに電話だけして、次の日に修理してもらうことに。


もうコドモじゃないけれど、真っ暗なトイレって…コワイですね(笑)。

なんとなくハナウタでごまかしてみたりして(汗)。


なんとも不便な一夜を過ごして、次の日の朝に大家さんから電話が。

豪快な大家のおばあちゃんが「今から電気屋さん行くからね~、なんでも修理してもらって!」とおっしゃる。


なんでも…って、まあトイレだけなんですけどね^^;


で、電気屋さんが来ると、案の定どこを直すかご存じない。


トイレのスイッチが~と案内して、見てもらうと、すぐに原因が分かったようで、スイッチ部分を交換してくれました。

Hotaru_1










で、おじさんが自慢げに「これはね~、
ほたるスイッチっていうんだよ」と。


オフの時には、小さな明かりがつくようになっていて。

「夜中でも、スイッチの場所がどこだか、すぐにわかるでしょ」と誇らしげ。


なるほど!

便利だし、名前もかわいいし(笑)、気に入った!


んん?


しかし…待てよ?


下の、換気扇のスイッチは、前のまま…
オンの時に明かりがつくタイプでしょ?

今度のトイレのスイッチは、オフの時に明かりがつくのね?


…紛らわしくない?


てか、うち中のスイッチは、みんな前者なんですけど、でも、今度のほたるスイッチの方がいい!


大家さんも「なんでも修理してもらって」って言ってたし、
スイッチ全部交換して~!


…なんて、言えませんでした、もちろん…orz


おじさんは、修理箇所がここだけと知って、物足りなさそうにさみしく帰って行かれました。


ほたるスイッチくんはとっても便利で大活躍ですが、でも、やっぱり紛らわしいです(笑)。


特に、2つのタイプが混在しているトイレのスイッチは、「ん?換気扇、オンなの?…いや、明かりがついてないときは、オフなんだっけ…トイレの電気は…明かりがついてて、オフなんだよね?」てな感じで大混乱^^;


てか、ほたるスイッチの方が理にかなってるよね?

じゃあなんで元々のスイッチたちは、逆のシステムになってるんだ?

古い物件だから、その当時は、逆ほたるスイッチの方が人気だったのかなぁ~…?


そんなわけで、まだまだ、慣れるまでしばらくかかりそうです~。

マーマレードケーキ


またまた、パウンドケーキを焼きました。

Orangecake









あ、ちなみに、お皿は、teemaです^^

以前ご紹介した、カップ&ソーサーの、ソーサーですね。

ほんと、このソーサー、いいですよ~o(^-^)o

シンプルなんだけどかわいげがあって、このくらいのお菓子をのせるのにはぴったりです☆


えー、今日は、いつものパウンドケーキのレシピで、マーマレードを焼き込んでみました。


キットカットのマイルドビター&オレンジについて記事やコメントを書いていたら、どーにもこーにもオレンジの酸味から離れられなくなっちゃって^^;


手持ちのカードではいつも、オレンジ=マーマレードしか出せないもので(笑)、それを今回は一番簡単なパウンドケーキに入れてみました。


もっとたくさん入れればよかったかな~(毎回言ってる気が^^;)。

ぱっと見、「どこがマーマレードなの?」って感じですよねえ?(汗)


ま、味と香りは、しっかりマーマレードでしたので、満足満足^^


今度は、オレンジピールとチョコチップ、という組み合わせで焼いてみようかな~。


む~、またもや口の中がチョコ+オレンジになってきてしまった…。

まずは手っ取り早く、キットカットを買ってこようかな~^^

べんりクロス


えーと、「超極細繊維クロス」です。

Cloth_1









もう何年使ってるかな~…でも、まだまだ使えそうな、丈夫なクロスなんです。


ベルメゾンで購入したのですが、なんといってもこころ惹かれたのが、


「航空機の窓ガラス清掃用に開発され、プロの清掃業者でも使われているお掃除クロス」


である、という点なのです^^


なんかね~、この、「プロの」とか「航空機の」とか「開発」とか、そういうのに、弱いんですよね~(笑)。


水だけで油膜を落とせますよ~、というだけあって、ほんと、テーブルの上のこびりつきとか、ガス台の汚れとか、水回り、洗面所の鏡の水ハネまで、キレ~~~に落ちます。

繊維もほとんど残らないし(コレ大事!)。


買い足し買い足しで、今や8枚。

で、惜しみなくガンガン使い回してます。


てか、最初はうまく使いこなせてなかったんだけど、「惜しみなく使えばいいのか~」とわかってからは、あっちこっちをすぐに遠慮なくささっとふけるようになった気が。


わたしは、正直言って、クロスやふきんを
使って洗って絞って干して…という一連の作業が、大の苦手^^;


たぶんね~、子供時代の、雑巾の思い出が強いからかも。

雑巾って、汚くて、イヤなにおいがして、洗っても洗ってもキレイにならなくて…というイメージで、ほんとに苦手なのです。

握力も弱くて、ぎゅーっと絞ったつもりでも、びしゃびしゃしてたり…。


だから、ふき掃除も、苦手でした。

だって、必然的に、汚れたクロスが発生するんですもん(笑)。


そんなわたしの先入観を一気に変えてくれたのが、百瀬いづみさんの著書。


その中で、「クロスはいちいち洗わないで、たくさん用意して、どんどん使って、じゃんじゃん洗濯してしまえばいい」と書いてあって、まさに、目からウロコΣ(゚Д゚)


洗濯機で、洗っても、いいのね?


いや~、これでどれだけ気持ちがラクになったことか!


今ではもう、ちゃちゃっとふいたらカゴにポイ、で、がーっと洗濯して一丁上がり!

いつでも、キレイな乾いたクロスを、気持ちよく使うことができます。


他にも、百瀬さんの本で、気持ちがラクになったことって、たくさんあるなぁ~。

も~ほんとに受け入れられない!って方もいらっしゃるかもしれないし、わたし自身も実践できないな~ってところもある本(と考え方)ですが、またいずれ機会があったら、紹介させていただきますね^^


そもそも大ざっぱで、めんどくさがりやだからこそ、家事を苦痛にせず楽しむためには、便利なモノを惜しみなく使ったほうがいいみたい。

手間をかけないことを、後ろめたく思わないで、堂々と、楽しく気持ちよく家事をしたい。


と、いくばくかの自己弁護も含めつつ(笑)、「超極細繊維クロス」で、今日もふきふきしております^^

カミナリさま


明日は大荒れで、雷雨となるところもあるでしょう。


…と、天気予報のお姉さんに言われるほど、恐ろしいことはないのです…orz


中学生くらいまでは、稲光を見ても、「わ~キレイだな~」なんて余裕で構えてられたのに(泣)。

いつの頃からか、稲光に対して、ものすごく恐怖を感じるようになってしまったのです。


なんつーか…メドゥサの首を見せられたみたいに、体が固まってしまうのですよ。


もちろん、ゴロゴロって雷鳴もコワイです。


というわけで、カミナリが鳴りそうなときには、まず外出しない。

そして、カーテンを全部閉め、テレビをガンガンかけ、耳栓をし、ひたすらカミナリが去るのをやり過ごします(笑)。


でもカーテン閉めてても、スキマからピカってのが見えたりして、ううう~(泣)って目を背けながら、びくびくしてます。


までも、家の中にさえいられれば、まだいいんです。


モンダイは、外出してるときに、雷がやってきた場合。


建物の中なら、とにかく窓のないところに行って、じっとしてます。

以前勤めていた職場では、カミナリが鳴ると異様にびくびくするわたしの姿に、みなさん笑いを隠しきれないようでしたorz


一番イヤなのは、車の運転中!

目を背けるわけにはいかないじゃないですか~!ヽ(゜ロ゜;)ノ

とにかくカーステレオを大音量にして、一緒にノドも張り裂けよとばかりに歌いながら、前の車を凝視して、一心不乱に運転することにしてます…。

でも、そんな人間が運転してたらヤですよね~?^^;

なので、やっぱり、極力…というより絶対に、カミナリの時は運転はしないことにしてます。


話しかけられても気もそぞろ、何を読んでいても内容がちっとも頭に入らない。

見ざる聞かざるでいるくせに、結局カミナリに全感覚を集中させている気がする…。


実は、好きなのか、カミナリが!?(絶対にナイ!!!)


…って、昨日の午後もずっと、ガラガラピッシャーンってハデに暴れてたんですよ、カミナリさん…orz


どうかどうか、今年も一年、なるべくカミナリのならない年であってほしい!

と神に祈るのみの、ワタクシでございます…(-人-)

さよならふとん


先日、ふとんを一組、捨てました。

独身の頃に、わたしが使っていたもので、万が一のお客様用に今まで取って置いたものでした。


しかし、よ~く考えてみれば、結婚以来、誰かが我が家に泊まったことは、一度もナイ。

第一、泊まりに来たところで、泊まる部屋もナイ(笑)。


正確に言うと、部屋は余っているのですが、物置小屋と化しているため、布団を敷く環境にないのです(汗)。


結婚当初は、エラく風通しの悪い部屋に住んでいたため、熱帯夜には、リビング代わりの和室に、この布団を敷いて、唯一あったエアコンをかけて、寝たりしたこともありましたが。

引っ越して、風通しやエアコンの問題が解消されると、ますますこの布団たちは存在感をなくしていき。


今や、納戸の押入の中に、布団圧縮袋に包まれて(笑)、ひっそりと来ない出番を待っていたのです。


で、だんだんと、他のモノたちを入れるスペースも欲しくなってきたし、何よりも、使われていないのだから、ここはすっぱり捨てねばな~、と決心。


晴れて暖かい日に、思い切って作業を決行することに。


布団圧縮袋から、敷き布団を出したとたんに…ものっすごい
カビのにおい!


…これ、お客さんに出したら、一晩中くしゃみだよね…(てか、まず眠れない汗)。


ああ、やっぱり捨てることにして正解だったのだわ…と心強くなりました(笑)。


ぐるぐる丸めて、ひもでしばって、一丁上がり。

掛け布団の方も、上に同じく。

押し入れも、心なしか、すっきりしました。


なんとなく…一抹の寂しさはあるのですよ…一人暮らしを、共に闘ってきた(笑)布団たちですしね。

でも、使わないモノは、捨てないと、最終的には使えなくなる、という真理を、つくづくと思い知らせてくれました…^^;


しかし我が家には、そんなものがまだまだたくさんありそう。

あたたかくなったことだし、本腰入れて、使わないモノとサヨナラしなければ!

キットカット


これ ↓ みなさん、食べたことありますか~?

Kitkat









キットカットの、マイルドビター&オレンジです。

キットカットは昔から好きでしたが、こんなのが出ているとはつゆ知らず。


チョコレート+オレンジって…こう、ヨーロッパっぽいっていうか…オトナの味っていうか…そんなイメージがあるのはわたしだけでしょうか?


食べてみたら、
チョコレートの甘みとほろ苦の中に、オレンジの酸味がほどよくさわやかで、んまーい!^^


気になって、ネスレのサイトで見てみたら、この味は載ってなかったけど、他にもたくさんのシリーズが!

ハイカカオとかはわかるけど、抹茶ミルクとか、こしあん抹茶とかって、どんな味なんだろう…?


あと、エキゾチック九州とか北海道とか、ご当地シリーズもあるよ!

ご当地シリーズは、オンラインショップで売ってるんだって~。


他にも、けっこうなハイペースで、新しい味を出してるらしいよ!


世の中、どんどん進歩しているのね~…( - -) トオイメ

今度から、チェックしてみよ~っと☆

『パディントン発4時50分』


イギリス大スキなわたしは、ミステリーもイギリスものがスキ。


とはいっても、コナン・ドイルと、アガサクリスティーのみですが(笑)。


シャーロック・ホームズについては、いずれおいおい語りたいと思ってます。

でも、語り始めたら、たぶん止まらないと思うんで、語るのをためらってしまったりして(汗)。


クリスティーの方は、まだ完全読破もできてないくらいなんで、気楽に語らせていただきます(笑)。


アガサ・クリスティーといえば、ポワロと、ミス・マープルですよね。

わたしは、どちらかというと、ミス・マープルがスキです。


以前、ドラマの記事の時にも書きましたが、基本的に、
「能力を発揮して尊敬される」というパターンがスキなんですね。

逆に、不満を感じるのは、「能力を発揮してるのに、認めてもらえない」というパターン。


で、ポワロもミス・マープルも、バツグンの推理力を再三再四にわたって披露しているのに、けっこうバカにされてる感じがする…。


特に、ポワロは、相棒のヘイスティングス大佐にまで、「うぬぼれ」とか「見当違い」みたいなことを言われてて、ガマンならんのです(泣)。

仮にもアナタ、名探偵ですよ?

数々の難事件を解決してて、そもそも「探偵」を職業としているのにも関わらず、なぜ周囲の人々はポワロを心底信頼してくれないのか?


なんかこう、寂しくなっちゃうんですよね~…。


それに比べれば、ミス・マープルは、そもそもアマチュアだし、見た目も、田舎町の上品でかよわい老婦人だし、
むしろ周囲から軽く見られることを、彼女自身逆手に取ってるフシもあるし、納得できるんです。

しかも、ミス・マープルの場合は、町の人たちや、知り合いの警察関係者からは、一目置かれてるという描写がけっこうあって、胸がスカッとするんですよね^^


というわけで、どちらかといえば、ミス・マープルシリーズの方がスキだな~と思ってます。


特に、今日の記事のタイトルにした、『パディントン発4時50分』は、タイトルも好きだし、内容も一番スキかな~。

ミス・マープルの、お茶目さと、意外と抜け目ないところ(笑)が、十分に発揮されている事件だと思います。


それに、ミス・マープルに頼まれて、事件が起こった邸に潜入する、知り合いの若い女性のキャラクターも、いい感じなんですよ。

ハウスキーパーとしてもものすごく有能で、なんでもこなせちゃって、気が強くて、好奇心旺盛で、美人で(笑)。

彼女が、事件について探りつつも、まわりの男の人たちからアプローチを受けるところなんかもあって、ちょっとした恋愛要素も同時進行で楽しめますしね^^


で、謎解きの時のミス・マープルの活躍も、大スキなんです(ネタバレなんで、詳しくは述べませんが)。


あとはね~、『スリーピング・マーダー』もスキです。

これも、主人公の女性がスキ。


傾向から行くと、やっぱり、主人公が、ミス・マープルを信頼して、協力して事件を解決していく感じが、スキみたいですね。


かる~く読めるので、ちょっとお茶するときとか、風邪で寝込んだときとか(笑)に、最適なのです。


しかも、後味悪い…ってことも、ほとんどないですし(コレ大事!)。


とりあえず、シャーロック・ホームズは全冊揃えてあるので(笑)、これからは、折に触れてミス・マープルシリーズを少しずつ集めていこうかな~と計画中。


ま、まずは、本の収納場所を確保することが、急務なんですけどね~…。


パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ケータイほし~い!


我が家には、テレビは一台のみ(え、ケータイの話じゃないの?)。

たまにはチャンネル権を巡っての争いが。


特に、映画を観る観ないはモンダイに。

以前も書きましたが、相方とわたしの映画の趣味は全然違うんです。

で、相方の好きなアクションものや戦争ものは、よくテレビで放送されるのですよ。

そうすると、相方は当然見たがるし、わたしは見たくない。

あいだを取って、違う番組を見ればよいのでしょうが、そういうときに限って、なんにもおもしろい番組がなかったりして。


テレビをもう一台買うことも考えたのですが、置く場所もないし、二人でバラバラの部屋にいて、それぞれ違う番組を見る、というのもさみしいような…。


それに、わたしは基本的に早寝なので、結局もう一台のテレビはあまり活用されないかも…。


でもでも、寝付くまでのちょっとした時間に、テレビが見られたらウレシイな~( - -) トオイメ


それに、先日みたいに風邪で寝込んだときも、何もせずにぼーっと横になりながら、ぼーっと楽しめるものはないかな~…なんて考えてたんだよな~。


って、あれこれ悩んでいたところ。


ワンセグ!

と、ひらめいたのです!

いや、今さらなんですけど…(笑)。

でも、テレビっ子なんだし、枕元にワンセグケータイ置いて、布団にもぐって、テレビ楽しんじゃえば!?って。


そういえば、あれほどケータイの最前線…いや、前線?(笑)くらいを行っていたワタクシめも、ここ3年ほど、とんと新機種にはごぶさただし。

相方も、仕事場で「ずいぶん…なつかしい携帯ですね」と笑われているらしく^^;、先日も「そろそろ新しいの買いたいな~」と言ってたし!

わたしじゃなくて、相方の方から、買い換えの要望が出てくるなんて、めったにないことだし(笑)。


チャーンス!!


し か し。


うち、ドコモユーザーなんですね。

で、NECのを使い慣れてて。


まず、ドコモの、ワンセグ対応機種が、少ない!

今のところ、3種類しかないみたい(6月に新機種発売らしいけど~)。

しかも、NECからは出てないし、この先も出すんだかどうかすらわからない。


う~ん…。


さすがのせっかちさんなわたしも、今度ばかりは待つしかないようで…。

こういう状態がまた、何ともツライ!


しかも、実家の母まで、auのワンセグ携帯を買っちゃって、見せてもらったら、ま~キレイに映ること!(おばちゃんかアンタは)


もう今すぐにでも買ってしまいたいよ~!

早く新しい携帯を出してくれ~!(禁断症状?)。


『グリーンフィンガーズ』


前々から見たいと思っていた映画を、レンタルしてきました。


グリーンフィンガーズ [DVD]


イギリスで実際にあった話をヒントに、作られた映画です。


開かれた、自由な雰囲気の刑務所に、移送された一人の囚人。

彼は、殺人の罪で収監されていて、いつ出所できるかもわからず、暗く無口で、同室の老人にもこころを開きません。

でも、その老人の働きかけに、だんだんと心を開いていき、同時に、ガーデニングの才能も開花させていきます(グリーンフィンガー=天才庭師だったってことで)。


それを所長に認められて、ガーデニング部(?)も立ち上がり。

最初はもめてばかりだったのが、他のメンバーたちもガーデニングの楽しさに目覚めていって。


で、ついには、ある有名な女性ガーデナーの後押しで、女王陛下も鑑賞する、ハンプトン・コート・パレス・フラワーショウに出品することに!


ま、ここからまた山あり谷ありなのですが、最後にはにっこりする事ができる映画です^^


主役の俳優さんは、ほんとに…なんていうか、暗い感じの、陰のある顔立ちをしているのですが、だからこそ、にっこりすると、こちらまでほっとしてうれしくなってしまいます。

同室の老人への笑顔も良いのですが、途中からお互い惹かれていく、有名ガーデナーの娘に見せる笑顔がまた、「アンタそんな笑顔を隠し持ってたなんて!」とツッコミたくなるくらいの(笑)いい笑顔で。

囚人なんだけど、でも、いい人だな、この人は…って思えてくる。


そうそう、支援してくれるその有名ガーデナーを演じているのが、先日『クイーン』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した、ヘレン・ミレンなのです。

『クイーン』は見てないですけど、テレビで垣間見る限りでの、あの重厚な感じとは全然違って、も~すっごいお茶目でかわいらしくて、おどけていて、女優さんってすごいな~(笑)って違いっぷりでした。

でも、囚人に惹かれてしまう娘を案じるところなんかは、コミカルから一転してシリアスな顔を見せて、さすが!って感じでしたね。


全体的に、イギリスらしい、控えめな感じの雰囲気の映画で、とってもステキでした。


先日読んだ本によると、現代でも、ロンドンの道行くオシャレねーさんたちに「ご趣味は?」と聞くと「ガーデニングです」と答えるそうです。

たとえ、もっともっととんがったおねーちゃんたちでも、やっぱり「ガーデニングです」らしいですよ?


そんな、ガーデニングを本当に本当に愛する国で作られた、たくさんの緑に包まれた、やさしいあったかい映画でした^^

カップつきTシャツ


まるで夏みたいな暑さが続いてますね~^^;

もうすぐ平年通りに戻るみたいですけど…。


暑さには弱いですが、着る服の枚数がどんどん減っていくのはウレシイ限り(笑)。

モコモコに着ぶくれていたのが、かなりスッキリしてきました^^


家ではできるだけラクな格好でいたいので、夏はTシャツとカプリパンツのみ。

今は過渡期なので、Tシャツの上にパーカーなどを羽織っています。


その、Tシャツですが。


ほんっとに家ではラクな格好でいたいし(しつこい)、きつい下着をつけたりすると、てきめんに具合が悪くなってしまう虚弱っぷりorz

なので、できればパッド付きTシャツが理想的なワケです。


とっころが、これが、ないんだなぁ~…。


無地で、シンプルで、しめつけのない、パッド付きTシャツ。

こんな簡単なモノはないと思うのですが、ほとんど見かけません。

ま、需要がないんでしょうね…(泣)。


たまに通販とかで見かけたりすると、失敗覚悟で即注文です。

で、失敗します…orz


なんつーか…おっかさん仕様というか…でろんとしてるっていうか…うーん…(泣)。


もしいいのをご存じの方がいたら、ぜひとも教えていただきたいっ!


で、今年もまた懲りずに探していたら、先日、フェリシモで(ハイ、まだたま~に注文しちゃうんですよね~笑)、なかなか良い感じのカップ付きTシャツを発見!

襟ぐりがかなり大きいのが気にはなりますが、フレンチスリーブで動きやすいし、無地で、色もスモーキーなラインナップ。


どうせ失敗続きなのだから、思い切って買ってしまえ~!

てなことで注文して、商品が届いてみたら、あらびっくり。


イイ感じじゃないの~o(^-^)o


体にはぴたっと沿ってくれるんだけど、全然窮屈な感じがしないし、ラクに着られて、下着ナシでも安心よ☆


あ、えーと、商品名は「肌にとろける モダールカップ付きTシャツ」です。

興味を持たれた方は、フェリシモのサイトで見てみてね~。


ま、やっぱり襟ぐりはかなり大きく開いているので、
ちょっと来客には対応しかねますが(笑)、上にいろんなものを羽織れて、長いシーズン使えそう。

春先から着始めていたので、いよいよそのTシャツ1枚+パーカー、という季節になったなぁ~と、うれしくなってしまいます^^


そんなウキウキ気分のわたしに、相方が一言。


「そのTシャツとヨガパンツ、
キャッツアイみたいだね」


…キャッツ…アイ…。


言われてみれば、そうかも…(笑)。

うん、この襟ぐりは、確かにキャッツアイだわ。

というわけで、今ひとつ襟ぐりの様子をイメージできなかったみなさま、キャッツアイ風Tシャツってことで、ご理解ください(ま、キャッツアイって何?って言われる可能性もあるんだけど~笑)。

じゃあ、腰にリボンでも巻こうかね…(笑)。

ティファールの圧力鍋


先日の『通販生活』の記事でもちらりとご紹介しましたが、我が家の圧力鍋でございます ↓

Tifal









ティファールの、タイマー付き圧力鍋、4.5リットルです。


料理はそんなに得意ではなくて、しかもそんなにスキでもなくて(汗)、そうなると必然的に、
なんとかラクしてカンタンに料理ができないものか…という願望が出て来るんですよね^^;

あと、節約好きなんで、ガス代をかけずに、料理ができないものかしら、っていうのもあって。


だから、我が家には、カンタン・節約料理グッズ、みたいなものが、けっこうあるのです(笑)。

いずれまた、他のグッズもご紹介しますね^^


その中で、圧力鍋は、一番の新顔かな。


なんつっても、圧力鍋って…コワイでしょ、イメージが?

身近に使ってる人もいなかったし、とにかくシューーー!っていうらしい、というイメージしかない。

でもって、うっかりすると、バクハツして吹っ飛ぶらしい、とか(泣)。

そんなんで、すっかりびびってしまい、長らく手を出せずにいたのですが。


そこに、『通販生活』の魔力ですよ…(笑)。


なんだか、いろんなものが短時間で柔らかくなるというじゃあないですか。

ふたも、これ以上ないくらい、わかりやすく、がっちりと閉まってくれるらしいし。

しかも、『通販生活』特別仕様で、タイマーが付いていて、火を弱めるタイミングや、消すタイミングを、ブザーで教えてくれるとな!(今はもう、他でもタイマー付きのを売ってるみたいですけどね~)

それなら、うっかりやのわたしでも大丈夫かも!


でも、高い!Σ(゚Д゚)

うーん…。

ま、買っちゃおっか!


…という、慎重なんだかダイタンなんだかわからない調子で購入。


いや~、買って、大正解でしたよ!

煮物を作るのが、ほんとに楽しくなっちゃうんです^^

材料を全部入れて、ちょっと圧をかけて、自然に蒸気が抜けるまで放置しておけば、カンタンに柔らか煮物の完成です。

大根とか、あんまりとろとろにしすぎて、相方の不評を買ったくらいです(それじゃあダメじゃん笑)。


圧力鍋を買ってからは、かたまり肉の料理も以前よりするようになりましたし。

豚の角煮は、もっぱら相方の担当ですが(なんかね~、作りたがるのです)、ほんとにとろんとろんになりますし、ぱさぱさになりがちな鶏胸肉なんかでも、おいしく煮ることができます。

あとは、手羽元とかね~。

骨からお肉がほろほろ~って取れちゃうんですよ~^^


ま、デメリットといえば、重い!ってことかな。

洗うのに不便なので、少~しだけ使うのがおっくうになることも…。

までも、使うのはカンタンなので、プラマイゼロって感じかな。


あんまり料理が好きじゃないわたしでも、圧力鍋には助けられているので、お料理が好きな方にはぜひ、圧力鍋を使いこなしていただきたいな~と思います。

大丈夫、コワくないですよ~^^

                                                                                                                                                                                                        

『しゃばけ』


いや~、これはヒットでした!

しゃばけ しゃばけ

著者:畠中 恵
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


体の弱い大店の若だんなが、なぜか見えてしまう妖(あやかし)たちの力を借りながら、殺人事件を解決していく、というお話。


そんな紹介を、新聞の広告で読んだときから、きっとこれは気に入るに違いない、と思っていたのですが、大当たり^^


んも~、若だんなのキャラクターがたまりません!


さすが大店の若だんな、おっとりとして鷹揚で、落ち着いた物腰。

…途中で17歳と知って、ひっくり返りましたよ(汗)。


もんのすご~く病弱で、周囲から甘やかされまくっているわりには、そのことをちゃんと一歩引いて自覚しているクールさもあり。

両親や手代に反発する気持ちもあり、また、己の存在に悩むこころもありで、若者らしさもちゃんと持っていて。

そして、体は弱くて寝込んでばかりでも、こころは強くて、しっかり踏ん張ることができる。

なんていうか、その凛々しさと、健気さに、おばちゃん涙が出てきちまったよ…(泣)。


出てくる妖たちも、個性派揃い。


神社に奉納された鈴が化した鈴彦姫、小鬼のような鳴家(やなり。これ…家にいますよね?^^みしっとかぴしっとかいうでしょ?アレです)。

屏風の絵の中に描かれている人が化した屏風のぞき。

野寺坊、獺(かわうそ)、ふらり火、蛇骨婆などなど。

おっと、忘れちゃいけない、若だんなを小さいときからずっと世話している、犬神と白沢(それぞれ佐助、仁吉と名乗って、手代として働いてます)。


全然妖怪には詳しくありませんが、な~んかみんなユーモラスで、お茶目で、親近感が持てます^^


それは、装幀のイラストに因るところも大きいかな~。

ほんわか、やさしく、おっとりしたタッチで、登場人物(妖怪)たちが描かれているんです。

そのイメージで読んでるので、みんなおだやかな感じで、頬がゆるんでしまう。


あ、でももちろん、ハラハラ、手に汗握るようなシーンもありますよ~。


これは、買いですね^^


シリーズものになっているようなので、さっそく図書館に予約しました。

楽しみだな~o(^-^)o

ほぼ日カレンダー


月が変わって、5月になったことにしばらく気づかず(いや、今は気づいてますよ笑)。

な~んか、バタバタとしていて、カレンダーをめくるのも2,3日忘れていました。


我が家のカレンダーは、2ヶ所。

リビングと、トイレです。


トイレのカレンダーは、「太陽・月・星のこよみ」というもの(マニアック…)。

毎月キレイな星空の写真と共に、天文学的な情報やら、いろんなお祭りや行事の日程やら、六曜やら、今日はなんの日的な情報やらが、てんこもりに載せられている、スバラシイものなのです^^

ちなみに明日の欄には、「明け方、月の北の方にわし座のアルタイルが見える」とありましたので、興味のある方はどうぞ~(うちは見ないけどネ)。


で、リビングの方は、こちら ↓

Calendar











ほぼ日ホワイトボードカレンダー
です。

今年で2年目になるのですが、ほんっと~に、便利なの!

これがなくなったら、ほんとに困ります。


読んで字のごとく、ホワイトボード仕様の紙でできていて、書いたあとも、キレイに消して、また書き直すことができるのです。


普通のカレンダーって、ペンで予定を書いても、変更になったりすると線で消して、横に書き直したりすることになって、なんとなく気になりませんか?

わたしは、気になっちゃうタイプなのですよ…。


だから、このカレンダーができたときには、も~うれしくて。

けっこう予定に変更がある家なのですが、今はウキウキ訂正しています^^


黒・赤・青の3色のマーカーが付いてくるのも、ありがたい(黒しか使ってませんが^^;)。

しかも、そのマーカーが細字というのが、またウレシイのです。

太字のマーカーだと、字がつぶれちゃって、きーーーってなっちゃうもので。


てなわけで、毎月最初の日には、このカレンダーに、2人分の予定を転記するのが、わたしの仕事なのです。

今月はすっかり遅れちゃいましたけどね~。


しかし…ほぼ日手帳を始め、ほぼ日の
回し者のように、あれこれ使っておりますが、まだまだあるのですよ、他にも(笑)。

なんだかなぁ~、傾倒してるワケじゃあないんだけど、気づくと買ってるんだよな~。


あ、このカレンダーは、毎年一回、決まった時期(9月くらいかな)に、ほぼ日のサイトで販売しております。

興味を持たれた方は、秋頃に、ほぼ日をのぞいてみて下さいませ。

たぶん今年も、販売すると思います(販売してくれないと困る!)。


さてさて、今月の予定、転記しようかね~(やっと!)。

お出かけ連休 その3


癒しお出かけ第3弾は、ちょっとゴージャス(ワタシ的には)。


英国式リフレクソロジー80分コースを、満喫して参りました~(うっとり~♪)。


ソファを買うときに、オットマンオットマンと騒いでいたのも、以前書いたように、ひとえに、足がだるいから(泣)。

「足のだるさはこころのだるさ」という持論を持つわたしとしては、足をすっきりさせることで、ぜひこころもすっきりさせねば!と思い。


ま、それと、お一人様連休の腹いせに(笑)、ちょっとゼイタクをしてやろうかと。


前々から、地元に良いサロンがないかな~、とぼんやり思っていたのですが、なんせイナカなので、あんまりね…。

個人のサロンも、ちらほらとはあるのですが、みなさん連休はお休みみたいだし。

駅前とかには、「足ツボマッサージ」のお店はいくつかあるけれど、わたしが行きたいのは「リフレクソロジー」なの!

フットケアだけじゃなくて、ハンドとか、ヘッドとか、そんでもってアロマとか、そういうのでこころ癒されたいの!

アヤシゲじゃない、キレイなインテリアであってほしいの!


という、ワガママな要望にあうお店は、なかなかなくて…。


で、今回、行ってみようと思い立ってから、あらためて本気で調べてみたら。

さすがに、駅前には、新しくオシャレ系のリフレクソロジーサロンがいくつかできていました^^

ホームページを見比べたりして、本気で悩みまくり。

やっとのことで決定して、行って参りました!


緊張しぃなので、も~ドキドキしながら行ったのですが、てきぱきと対応してもらえて、ちょっと安心。

着替えも貸してくれて(体育会系ハーフパンツでしたが笑)、案内された先には、我が家のソファーの倍くらいふわふわなリクライニングソファーが。


で、あとはもう、ほにゃ~っとソファにもたれて、ひたすらおまかせの80分でした^^


アロマオイルは、あまり香りの強すぎないもの、とお願いして、オレンジを選択。

ほのか~に香って、ちょうどイイ感じでした。


で、最初にスチームバスで、手足を温めてから、フットリフレクソロジーがスタート。


最初に指摘されたのは、
「肩凝ってませんか?」(笑)。

他に、腎臓、胃、大腸あたりの足裏の反射区が、お疲れな感じだったようです。

あとは、目。

頭痛もするでしょう?と言われ、まさに今朝起きた瞬間から偏頭痛だったので、ふか~くうなずいてしまいました。


そしたら、フットリフレ40分、ハンドリフレ40分だったところを、ハンドを30分にして、目のツボのマッサージをしますか?と提案してくれたので、お願いすることに。

あとで見たら、それはフェイスセラピーというコースで、顔の上半分にタオルをかぶせて、その上から目のまわりやこめかみ、頬骨、あご、首の付け根の方までマッサージしてくれるのです。

これまた、すっごい気持ちよかったです。

追加してもらって、大正解でした~^^


ハンドも、やっぱり右腕は、「張ってますね~」と言われました。

右手は商売道具ですからね~…そういったイミでは、ハンドリフレは、わたしにとっては決してゼイタクではないんです。

ペンが持てなくなるくらい、手が痛くなったりもするので、ほぐしてもらえて、ほんとに気持ちよかった~…。


最後に、飲み物をいただいて(わたしはハーブティーではなく、麦茶をいただきました)、すっかり足取りも軽く、帰って参りました^^


お得なチケットも勢いで買ってしまったので(しかも、今日の料金もそこから引いてくれた)、3ヶ月以内にまた行かねば…(そういうつもりで買ったんですけどネ☆)。


てな感じで、お出かけ連休も終了です。

今日はやっと相方もお休みだし、ま、といっても、家でゆっくりしたいのだと思うので、それぞれ、思い思いにまったりと過ごしたいと思います。


みなさまも、連休最終日、楽しくお過ごし下さいね~^^

お出かけ連休 その2


癒しお出かけ第2弾は、友人宅。

お出かけとは言いつつも、おうちでまったりコースです^^


半年ぶりに会いましたが、ま~しゃべったしゃべった、声がかれるまでしゃべり倒しました~(^^ゞ

彼女もダンナ様がお仕事でお出かけだったので、お帰りを気にせず(笑)夜までずっとしゃべってたのですが、これじゃお泊まりコースになってしまう(汗)と、やっとのことで腰を上げてきました^^;


彼女は、高校のクラスメートで、でも、その当時はおそれ多くて話しかけられないような、キレイで凛とした憧れの存在だったのですよ。

別々の大学に進学して、本当なら全然接点なんてなくなるところだったのが、偶然にも就職先でまた出会って。

それ以来ずっと、仲良くしています。


親しくつきあってみると、すごくお茶目でかわいらしい、それまでのイメージとは全然違う意外な一面が次々と発覚して(笑)、ほんとに気の置けない友人になりました^^

わたしがへこたれていたときには、いっぱい支えてもらったし、ほんとにありがたい友なのです。


わたしは仕事を辞めたけれど、彼女はまだまだバリバリ働いているので、大変そうだけれど、少しは聞き役になることができたかな~。


元来、友達は少ない方なのですが(笑)、これからも彼女とは、良い友人関係でいられたらいいなぁ。

年を取ったら、茶飲み友達になったりしてね( ^^)旦~~


ほんと、しゃべって笑って、楽しい一日でした~^^

おでかけ連休


先日も書きましたように、
この連休は、ずっとお一人様なワタシ。


一人ゴハンも、一人お茶も、一人買い物も、ぜんっぜん苦にならないワタシですし、お休みの日に一人でも、まあ家で本さえ読んでいれば満足して日が暮れていくものなのですが。


さすがにこの、「大型連休」という響きには、有無を言わせぬパワーがありますね(笑)。

なんかこう、平常運転でいてはイケナイような、お祭りムードがあふれている感じ。


てなわけで、なんだかあおられてしまったワタシは、仕事をムリに終わらせて、3日から5日の3連休すべてに外出の予定を入れる、という暴挙に出ております(笑)。


ご存じの方も多いかと思いますが、
超インドア派のワタシ。

それなのに、3日も続けて外出していいものかしら…(いや、悪くはないんですけどね、全然)。


ただし、超インドア派のお出かけなので、行き先はもっぱら癒し系でございます^^


まず昨日は、久々に髪をカット。


いつも美容室では、人格を「社交的」に変えているワタシ(笑)。

以前もちらりと書きましたが、担当の美容師さんが、ほんとぉ~にかわいいんですよ~。

昨日は、黒のトップスに、白いふんわりとした膝上丈のスカートを合わせてて、シャープな中にも女の子らしさが。

これからデートでしょ?ってくらい、かわいらしいスタイルなのに、バリバリ仕事をしていて、ほんとにスゴイなぁ~と憧れてしまいます(年下だけど)。

顔も話し方も新山千春似で、ほんわかしてるんだけどややテンション高め(笑)な彼女のおかげで、久々に明るく外向きな気持ちになれました。


髪もすっきりしたし、シャンプーのあとのマッサージで、張っていた肩も少しラクになったし。


からだもそうですが、なんとなくこころがお疲れ気味だったので、人の手のパワーをもらって、コリが少しほぐれたかな~と。


あれこれ予定を入れながら、なんだか
いつになく外出志向にあるコトに気づき、「どうやら、人と接したい時期らしいな~」と言うことを発見。


この連休は、いろんな場所で、いろんな人から、パワーをいただいてこようと思ってます☆

衣替え、決行


アロマパワーのおかげか(笑)、ムリムリ仕事を終わらせまして。


なんかとにかくすっきりしたかったので、急きょ、衣替えを決行。


さすがに、東北もあたたかくなってきましたしね~。

五月雨式に出していた春物を、きちんとそろえることに。


さて。


衣替えというものは、シーズンごとに衣服を入れ替えることではありますが。

わたしにとっては、もう一つの意味があって。


それは、
「大量に衣服を捨てること」


…カミサマ、ごめんなさいm(_ _)m

今回も、ゴミ袋、2袋分の服を、捨てることになりました…。


正確に言えば、これらすべてが、前のシーズンに購入したモノというわけではなくて。

というより、1シーズンで捨てた服なんて、今回あったっけ…?


なんでだか、何年も前から捨て損なってる服が、
毎回山のように出て来るんですよね…。


毎年大量に捨ててるつもりなのに、なんでまた新たに次の年に、捨てるモノが出て来るんだろう…?

捨てる決心がつくまでに、2~3年かかってるってことなのかしらん?

今回も、一昨年くらいに好んで着ていたフリースのパーカーや、アンゴラのカーディガンなどなどを、ごっそり袋詰め。

あ~…はいはい、そうね、やっぱり、1~2年くらいは「寝かせて置く」ことが必要みたい(笑)。

そうすると、「去年も今年も着なかったもんな~」って、あきらめがつくみたいですね、わたし。


あ、「もったいない」っては思わないんです。

なぜならば、み~んな安物だから(…泣)。

衣替えをするたびに、「ああ…これ結局あんまり着なかったな~…安物買いの銭失い…orz」と、激しく後悔しております…。

ま、流行っぽいデザインでも思い切って買えて、捨てるときも思い切って捨てられる、というメリットはありますが。

それにしても、いい加減、このスパイラルからは脱出したいものです…。


なんてことを考えながら(毎年考えてる気がするけど^^;)、じゃんじゃん捨てまくって、ものっすごくスッキリ!しました。


ペガサス娘さんのところで、捨てるのが得意なもの、不得意なもの、を挙げてらして、わたしは「洋服捨てるの、得意で~す!」なんて豪語しちゃいましたが(汗)、こうやって考えると…これは、果たして、捨てるの得意って、言えるのだろうか…?


ただ単に、
何年か先送りした服を、遅れて捨てているだけでは…?


までも、今回は、またまたブログ効果なのか(笑)、今までよりもさらに思い切って、ず~っと捨てられずにいた服を捨てられたし。

スキなんだけどなんだか着てなかった服も、あらためて出して、今年着なかったらもう捨てよう、と覚悟を決めることもできました。


すこ~しだけ、新たなステージに入れたかな?(笑)


今年は、捨てサイクルを短くする一方で、そもそも捨てないで済むような買い物をする、という両面からの作戦を展開しよう。

そして、いつの日か、本当に着まわしているお気に入りの服だけを、すっきり衣替えしたいわ~( - -) トオイメ

エッセンシャルオイル


世の中は、ゴールデンウィークというもののようですが。

我が家にはとんと縁のないことで。


相方は、暦通りですらない仕事っぷり。

4/28から5/6までの9日間に、丸一日休めるのは、たった1日!

これじゃあ、「どこかに連れてって~」なんて、とても言えやしません…orz


じゃあわたしはヒマでヒマでしょうがないのかというと、全然そんなことなくて、ちゃんと仕事が入ってる。

うまく仕事が進めば、後半は何とか休めそうですが、ま、自分次第ということで(汗)。


こんな状態なので、なんとなく気持ちも下がってきて、こころもからだも重苦しい。


で、久々に、思い出しました、アロマオイルの存在を(笑)。


調子のいいときには忘れているので、ふたがちょっと固くなってましたよ^^;


あんまり大がかりなグッズは持っていないので、もっぱら素焼きのお皿にエッセンシャルオイル(精油)を1,2滴垂らしてます。

Aroma_1






今回は、ゼラニウムを。

ゼラニウムは、心身のバランスを取り戻してくれる効果があるそうです。

落ち込んだこころは明るく、いらついた気持ちは静めてくれる働きがあるということで、今のわたしの状態にはぴったりかも。


精油を買うときに参考にしているのは、こちらの本 ↓

心と体をケアするアロマテラピー―自然な「わたし」を取り戻すためのアロマ・レシピ集 心と体をケアするアロマテラピー―自然な「わたし」を取り戻すためのアロマ・レシピ集

著者:宮川 明子
販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマゾンで評価が高かったのと、どなたかのブログでも、活用してらっしゃるという記事を読んだので、購入しました。


わたしの場合は、全然活用できていませんが、精油の選び方から、楽しみ方、手作りアロマコスメの作り方、アロママッサージのしかた…などなど、読んでるだけでも楽しいんです。

それに、女性の生理周期に合わせた精油の使い方も説明してあって、これはすっごく参考になりますね~。

で、もちろん、代表的な精油について、それぞれの効能や使い方も説明されていて。


今回、また久々に読み返していますが、イラストとか写真からも、いい香りがふんわり流れてきそうで、こころがほぐれてきます^^


アロマに詳しい人、活用してる人、たくさんいますよね~。

わたしも、もっともっとふだんの生活の中に、アロマをじんわり溶け込ませていきたいな~^^

金田一ウィーク


NHK BS2では、この連休を「金田一耕助ウィーク」にすることにしたみたいですね(笑)。

4/28から、飛び飛びに、計5本。

もちろん、すべて録画(&予約)済みでございます。


古い映画なので、昔っぽい映像とこもった音がまた、おどろおどろしさ倍増。

吾郎ちゃんの金田一もスキだけど、石坂金田一もなかなか良いですよ。


原作とか、全然読んだことないし、どうもいろいろな事件のいろいろな犯人やら動機やら殺害方法やらがごっちゃになってしまい(汗)。


「これって、湖から足がつきだしてるヤツ?」「いや…童歌の歌詞どおりに人が死んでいくってヤツでは?」などと、物騒な会話が繰り広げられております(笑)。


てか、相方と二人で楽しめる映画のジャンルって、こういうのになっちゃうんだよな~…。


わたしは断然ラブコメ派で、うっとり♪

相方は、アクションとか、戦争もので、ハラハラドキドキ。


わたしは、相方の好きな映画を見てると、具合が悪くなってしまうし(だって、撃つし殴るし流血するしハラハラドキドキするし…)。

相方は、ラブコメも、見てられないことはないんでしょうけど、退屈でしょうし。


唯一趣味が重なるのが、サスペンスかな?

それも、あんまり怖くないヤツね(笑)。


でも、日曜洋画劇場とかでいい映画をやっても、わたしは起きてられなくて寝てしまう…orz


昔はDVDをレンタルしてきて、二人で見たりしてたけど、最近はもっぱら、お互いが勝手に借りてきて、一人の時間に見るって感じだな~(あら?なんか…さみしい?)


みなさんのおうちでは、どうなのかしら?


適度にハラハラドキドキしつつ、ラブもあって、ちょっぴり笑えて、うっとりもできるような、いい映画、ないかなぁ~(笑)。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク