« ソファおひろめ | トップページ | ネッパツ中 »

『夜は短し歩けよ乙女』


本日は、一息入れて(笑)、久々に本の話題を。


『夜は短し歩けよ乙女』が、本屋大賞2位になったそうで。

(ちなみに、3位は『風が強く吹いている』でした。だよねだよね~やっぱりね~いいよね~^^)

ちょうど図書館の予約の順番が巡ってきて、『夜は短し歩けよ乙女』、今、手元にあるのです。

夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女

著者:森見 登美彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんていうか……破天荒な本でした(笑)。


京都が舞台で、漢字が多く、言い回しも堅く、登場人物も一筋縄ではいかない人ばかり、起こる出来事もこれまた型にはまらぬことばかり。

それがすべて相まって、わたしは、ものすごーく「大正浪漫」の香りを感じました。


作者もそんな雰囲気を意図しているのなら、うれしいのですけど。


ヒロインの飄々としていて、でもなんだか、たおやかな乙女らしさを感じさせる言動は、ちょっと憧れ…かも。

いや、憧れるには、あまりにも…破天荒なんですけどね。


でも、言葉遣いがとてもキレイで(行動は豪快だったりするのですが)考え方もとてもキレイで、すてきな黒髪の乙女なのですよ。


…あれ?


初読のイメージは、正直今ひとつだったのですが…こうやってもう一度たどり返してみると…どんどん堅さがほぐれて、やわらかくこころに入ってくる感じ。


意外!


これだから、同じ本を何度も読むのって、やめられないんですよね~(笑)。


即買いではないけれど、もしかすると、いつの間にか、我が家の本棚にひっそりとおさまっているかもしれません。

本屋大賞、恐るべし。


あとは、1位の『一瞬の風になれ』を読むだけですな。

予約せねば!

« ソファおひろめ | トップページ | ネッパツ中 »

「book」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク