« カフェ・ミュージックその後 | トップページ | まねきねこ »

『7月のイギリスで2週間』


イギリス大スキなわたしは、イギリスに関する本も大スキ^^

紅茶関係の本はもちろん、ロンドンのこと、イギリスのカントリーサイドのこと、ホームズのこと(笑)などなど、読みあさっております。

で、イギリスに関する数々のエッセイの中で、特にお気に入りなのが、こちら ↓


7月のイギリスで2週間

自由が丘で「Twice」という雑貨屋さんを営んでいる、王由由さんのエッセイです。

Twiceの買い付けのために、毎年イギリスに行ってらして、そのときに出会った人やお店や景色、お料理などなどについて、パートナーの田中庸介さんのステキなイラスト付きで書いているのですが。


まず、由由さんの、
言葉の美しさが、ほんとぉ~にうっとりなんです^^

おっとりと、やさしくて、ていねいで、敬語をキレイに使ってあって。

由由さんの言葉の選び方、使い方が、本全体をやわらかい雰囲気にしています。


でもって、内容も、出会った人たちやものたちの、いいところを常に取り上げているのがまた、読んでいてとても気持ちがいいのです。

きっと、イヤなことやうまくいかないこともあるのでしょうけど、それはオブラートに包んで、よかったことやうれしかったことにフォーカスを当てていて。

そのありかたがまたきっと、由由さんに新しいステキなことをもたらすのではないかなぁ~。


由由さんの他のエッセイにもたびたび登場するPatさんは、本当にステキな大人の女性で。

優しいけれども、芯がしっかり通っていて、イギリス人らしく、気配りをさりげなくするところがまたステキ。

由由さんもPatさんをとても尊敬していて、それがまた読んでいてあったかい気持ちにさせてくれます。

Patさんと由由さんのやりとりも、本当に品があって、マネをしたらステキな女性になれるかな?と思ったりして^^


もちろん、お店や街ですれ違うだけのイギリス人たちも、服装でも言葉でもどこか洒落たセンスを持っていて、うっとりですし。


それからまた、食べ物の描写のおいしそうなこと!(あ、これも「おいしい本」だ^^)

なんといっても、イングリッシュブレックファストと、アフタヌーンティーの描写が、たまりません!

やっぱりイギリスに行ったら、朝食→アフタヌーンティー→ハイティーでいくしかないな!と決意を新たに(してどうする)。

他にも、街角のお店に並ぶケーキや、スーパーのフレッシュな果物たちなどなど、みんなとにかくおいしそう。


もちろん、おいしいものばかりじゃなくて、雑貨たちや、草花、動物、かわいくてステキなものが次々に出てきます。


ああもう、
イギリスに行きたい!

行って、いろんな人と出会ったり、素晴らしい風景を眺めたり、おいしいものを食べたり、したい!


読むたびに、イギリスへの憧れをかきたてられます。


そうそう、忘れては行けないのが、ふんだんに添えられてあるイラストです。

田中庸介さんの、由由さんの文章にぴったりな、優しく淡いイラストが、おいしいものはよりおいしそうに、かわいらしいものはよりかわいらしく、相乗効果をもたらしている感じ。

二人のおかげで、読むたびに、ふわっとあったかい気持ちになります。

他にもこの二人のペアで作られたエッセイが何冊もあって、どれもやさしくあたたかい空気にあふれています。


雑貨が大好きな人、イギリスが大好きな人、あったかい気持ちになりたい人、そんな人にオススメの、ステキな本ですよ^^


こんな本もあります ↓

Yuyuのイングランドおいしいしあわせ Yuyuのイングランドおいしいしあわせ

著者:王 由由,田中 庸介
販売元:東京書籍
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これまた、うっとりですよ~^^

« カフェ・ミュージックその後 | トップページ | まねきねこ »

「book」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク