« ゆきぐに | トップページ | サロンエプロン »

『ハチミツとクローバー』


漫画は、本です

活字中毒が言うんだから、マチガイありません!(笑)

昔から、本にも漫画にも同じくらいの情熱を注いできましたし、同じくらいの教えを受けてきました。

だから、漫画が軽く見られていると、とっても悲しくなりますo( _ _ )o

漫画だって、本と同じくらいこころを揺さぶるし、耕してくれると思うんです。

30過ぎてちょっと(?)経ちますが、いまだに漫画にはこころを動かされ続けてます。


去年は、『ハチミツとクローバー』に激しくハマりました^^


これは…
名作ですよ?


一気読みして、そのあと半年くらい立ち直れませんでしたもん(笑)。


いや、ほんとに。

あまりにも、こころが痛くて。

今まで通ってきた道を、またもう一度たどり直しているような、ひりひりした感覚が、こころをぎゅーっとつかんで、痛くて。

青春のきらきらした感じや、焦りや、トゲや、やさしさが渦巻いていて、読んでるとそこに飲み込まれていくんです。


「竹本くん…アンタいいヤツだ(泣)」「真山…わかる、わかるよ…(泣)」「あゆ~…せつね~…(泣)」などなど、まあ、主に泣きっぱなしでした(笑)。

そもそもは、ハチクロという漫画が映画化されて、修ちゃんというヒトを堺さんが演じるらしいよ?というところから入った、邪道なヤツですが^^;

1巻を試し読みして、そのあと8巻までオトナ買い。

一気に読みすぎたのも、立ち直れないほどの衝撃を受けた一因かもしれませぬ。

そのあとは、いちファンとして、9巻、10巻と楽しみに発売日買い。

いや~…ほんっとに、出会えてよかった、ってこころから思います。


もちろん、オトナ組としては、理花さんもステキだし、個人的には美和子さんが大スキです^^

でもって、外せないのが、やっぱり修ちゃんでしょ~^^

あくまでもオトナとして振る舞ってはいるけれど、そして悟りを開いたようにワカモノたちを導くけれど、でも自分の中にも整理しきれない闇を抱え込んでいる、懐の深さが、もう…。

修ちゃん☆ラブ、なのでございます。


そして、羽海野チカという漫画家さんと出会えたことも、感謝したい。

彼女の考え方、言葉の選び方、もちろん、絵も、本当にいいなあ、スキだなあって思います。

ハチクロは終わっちゃったけど、彼女が描く作品を、これからも読んでいきたいなあ。


あーーーー、ほんとに、
漫画大スキ、です!!


ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)

« ゆきぐに | トップページ | サロンエプロン »

「book」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク