« トップス | トップページ | 読書とごはん »

ワークステーション


家で仕事をするということは、仕事と生活が限りなくごちゃ混ぜになってしまうということです。

職場に行くことが仕事の始まり、職場を出ることが仕事の終わり、というメリハリがないので。

時間の配分や気持ちの切り替えはもちろん大事です。

いずれ記事にするかもしれません。

が、本日はインテリアについて。

先日記事にした『自宅の書棚』という本には、そりゃー素敵なSOHOのお部屋がたくさん載っていました。

大きなデスクがどかーんとあって、パソコンが2台くらい配置してあって、壁が一面書棚になっていて、デスクチェアも革張りだったりして…。

あとほら、コの字型のデスクで、椅子をころころ転がしながら、縦横無尽に仕事を処理したり…。


あれ、なんでだろう、涙が…。


ま、そんな夢を見ながらも、現実は、ダイニングテーブルで仕事をするしかなかったりするわけです(泣)。

いろいろと資料を広げたいので、テーブルの上はできるだけまっさらに。

おかげで、今までものが山積みだったテーブルが、物のあふれない、すっきりしたテーブルに生まれ変わりました(嬉)。

が、しかし。

広げる前の資料はどこに置けばいいのか…?

あっちこっちに積み上げてしまうと、何だか悲しい眺めになるし。

油断するとすぐに山のように積み重なってしまう紙類に、部屋中を占拠されてしまいそうになるし。

出しやすい所に置きたいけれど、仕事がお休みの時には目立たないようにしたい。

うーん。

で、作りました、ワークステーション(かっこいー)。↓

Workstation

なんのことはない、2段カラーボックスにキャスターをつけただけなんですが。

ほら、キャスター好きなもので(笑)。


調子に乗って、相方の分も作ってあげました。


仕事の資料、道具はすべてこの中に収める!

はみ出たら容赦なく捨てる!


これがね~、おかげさまで、うまくいってます。

椅子の真後ろの壁にぴたっと付けて置いているのでジャマにもならず、ころころっと引き寄せることも可能。

辞書も資料も取り放題!すばらしい!


あら?

なんだか素敵なSOHOの香りが…むふふ。


…ま、あとは、すぐにワークステーションからふらふら離れてしまう、その飽きっぽさをなんとかしなきゃね(笑)。


« トップス | トップページ | 読書とごはん »

「interior」カテゴリの記事

「work」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク