« カルボナーラ風 | トップページ | 赤ちゃんのポーズ »

ショートブレッド


イギリス好きには避けて通れないのが、紅茶ですよね。

三段重ねのティースタンドに、スコーンやケーキ、キューカンバー(キュウリ)やサーモンのフィンガーサンドがのっていて。

ティーポットからウェッジウッドのティーカップに薫り高い紅茶が注がれるアフタヌーンティー…。

…はっ…夢を見ていた…。

こんな正式なアフタヌーンティーは、ロンドンのハロッズで味わったっきり。

しかも正確に言うなら、緊張しすぎて味わった記憶なし。

写真も撮ってなかったし…もしかして、夢だったのかなあ…(泣)。

日本でも、ホテルのティールームにでも行けば、アフタヌーンティーを楽しめるんでしょうけど、田舎にはそんなしゃれたところはないし…。

おうち大好き人間ならば、家の中で楽しむしかあるまい!

紅茶はささやかながらも各種とりそろえてございますので、あとはお茶菓子をどうするか。

胃の小さいわたしとしては、サンドイッチもケーキもちょっと重いし、スコーンを焼くのは面倒(おいおい)。

じゃあ、お茶の時間に似合うような、ちっちゃなお菓子を買おうかしらん、ということになると、ウォーカーのショートブレッドあたりがいい感じなのです。

彼(彼なんだ?)との出会いは10数年前…。

超駆け足貧乏ヨーロッパ卒業旅行から帰途についたわたし。

ブリティッシュエアウェイズの飛行機の中で、赤いタータンチェックのパッケージのお菓子に一目惚れ。

なんともイギリスっぽくて、かわいらしいことこの上なし。

イラストから判断するに、クッキーらしい。

で、一口食べてみると。

んん?

しょっぱい…?

てっきり甘いクッキーだと思っていたので、予想外の味にかなりびっくり。

正直、最初はあまりおいしいとは思えませんでした。

しかし、成田に着く頃には、いつのまにかすっかりやみつきに。

そういうヤツなんですよ、彼は(だから…彼なんだ?)。

出会いが出会いだけに、「ショートブレッド=イギリス(=紅茶)」のすり込みも強烈で、英国紅茶気分(?)を味わいたくなると、ショートブレッドをぱくり。

あの、しょっぱあまい感じが、他にはない感じで、いいんです。

それから、さくっとしつつももそとしているあの食感も!

なんじゃそりゃ、と思われた方、ぜひ一度体験してみてくださいな。

けっこうやみつきになりますよ~。


« カルボナーラ風 | トップページ | 赤ちゃんのポーズ »

「food」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク