« ねこちか、にゃー! | トップページ | ノッティング・ヒル »

『自宅の書棚』


オーダーメイドで作ってもらったような…という本に、初めて出会いました。


自宅の書棚―本のある暮らし。本をインテリアとして生かす。





本に埋もれて暮らしたいというわたしにとって、「書庫」というものは憧れでした。

だって、本だらけの部屋ですよ!

天国か!

しかし、今のマンションに引っ越して、書庫らしきもの(納戸にカラーボックスを山ほど置き、本を片っ端から詰め込む)を作って、気づいたのです。

書庫は、寒い

普段使っていないフローリングの部屋は、ものすごーく底冷えする、ということを忘れていましたよ。

「さあ、何を読もうかしらーん、フフフンフン」なんて気持ちにはとてもなれません。

さっと行って、さっと選んで、さっと戻ってくるのが基本です。

でもそれじゃあ、つまらない!

で、今ひそかに心の中にあたためているのが、

リビングの壁一面を本棚に、という夢です。

これなら冬あたたかく、夏涼しく、ゆったり選べて、すぐに読み始められる。

サイコーです。

その夢に向けて、この本がたくさんのヒントを与えてくれました。

まず写真がどれもステキ。

シンプルで、あたたかみもあって、シックで、インテリア全体の雑誌としても、わたし好みのど真ん中。

本をどれだけたくさん置いていても、乱雑という感じがひとつもしなくて、まさにインテリアの一部としてとけこんでいます。

写真に添えられた文章も、まず始めに「本の歴史」なんていう真面目なページがあったりして、だけど、どことなくユーモラスな香りが漂っています。

なんでかなーと著者紹介を見たら、プリンス・オブ・ウェールズ建築学校の司書さんなんですって。

そりゃーど真ん中なワケだ。

またイギリスに呼ばれてしまった…。

図書館で借りてきたのですが、これはもう、買うしかない!

でも、高い!

まずは、心の中の、いつか手に入れるぞリストに登録しておこうっと…。


« ねこちか、にゃー! | トップページ | ノッティング・ヒル »

「book」カテゴリの記事

「interior」カテゴリの記事

引っ越し先ブログ

あそんで!

  • ☆ すのーにゃん ☆

おかいもの

BOOK・OFF

  • ブックオフオンライン

別館リンク